おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.06.28 | 公開 2018.06.28

「海鮮もんじゃ けい」で食べる!魚介たっぷりのもんじゃ焼き

鉄板焼きのお店が多く点在する東京・月島にお店を構える「海鮮もんじゃ けい」。もんじゃ焼きから海鮮焼き、さらにはデザートまでと幅広く揃うこちらのお店では、こだわりが詰まったもんじゃや実用新案を取得したメニューなど、さまざまな鉄板焼きを楽しめます。

元祖の海鮮もんじゃの姉妹店「海鮮もんじゃ けい」

「海鮮もんじゃ けい」で食べる!魚介たっぷりのもんじゃ焼きの1番目の画像

東京・月島には、もんじゃ、鉄板焼き、お好み焼のお店が軒を連ねる、通称『もんじゃストリート』と呼ばれる場所があることを知っていますか。

約500mほどの通りに80店舗以上のもんじゃ焼きのお店がある『もんじゃストリート』。下町情緒感あふれる個性豊かなお店たちが通りを賑わせます。

今回ご紹介するお店は、築地からほど近い立地を活かし、新鮮な魚介類をふんだんに使ったもんじゃをリーズナブルな価格で提供する「海鮮もんじゃ けい」。

月島元祖の海鮮もんじゃ第一号店の「海鮮もんじゃ 片岡」の姉妹店でもあるこちらのお店では、タコやエビ、明太子といった海鮮で作るもんじゃを堪能できます。築地直送の食材だからこそ表現できる味は一度食べるとあなたもきっと、病みつきになってしまうはずです。

お店自慢のメニューをご紹介!

K’sもんじゃ

「海鮮もんじゃ けい」で食べる!魚介たっぷりのもんじゃ焼きの2番目の画像

丼ぶりにあふれんばかりのキャベツと魚介が乗せられた「K’sもんじゃ(税込 1,500円)」は、1日5食限定の人気メニュー。

魚介に軽く火を通したら、キャベツを投入し丁寧に具材と絡めます。このときキャベツを切るような感覚で小さくしていくことが美味しく作るポイント。こうすることでキャベツの甘みと魚介の旨みが全体によく馴染み、より深みのある味わいになります。

最後に土手を作り、ダシを流し込んで具材と絡めたら「K’sもんじゃ」の完成です。キャベツのシャキッとした食感と甘味、タコやエビの旨みと明太子のピリ辛さがアクセントとなったもんじゃは、素材の美味しさを余すことなく感じられるでしょう。

ダシの量が多いもんじゃ焼きは、異なる食感を楽しめることも特徴のひとつ。鉄板に面している部分ではパリパリとした食感を、面していない部分ではトロっとした食感を味わえる、もんじゃ焼きならではの異なる食感を楽しんで。

あんこ巻シューアイス

「海鮮もんじゃ けい」で食べる!魚介たっぷりのもんじゃ焼きの3番目の画像

お店オリジナルの「あんこ巻シューアイス(税込 756円)」は、実用新案(物品の形状、構造または組み合わせに係る考案を保護するための権利)を取得したデザート。

餡子を混ぜた生地を薄く焼き、そこへバニラ味のシュークリームアイスを乗せてクルリと生地で包み込んだら、あんこ巻シューアイスの出来上がり。

餡子のやさしい甘みがバニラのシューアイスと相まって、さらに美味しくさせてくれます。温かい生地と冷たいアイスのバランスも絶妙なので、もんじゃ焼きの〆にぜひ、注文してみてください。

リーズナブルなもんじゃを月島で

「海鮮もんじゃ けい」で食べる!魚介たっぷりのもんじゃ焼きの4番目の画像

今回はもんじゃ焼きとデザートを紹介しましたが、アラカルトでいただける「殻付きホタテ」や「天使の海老」など、海の幸をそのまま楽しめるメニューも充実しています。

生きたままのあわびや車海老など新鮮な海の幸を堪能できる、1人前6,500円の「あわび付き!! 魚河岸コース(4名~)」など豪華コースメニューもあるので、シチュエーションに合わせて、それぞれの楽しみ方でお店を利用してみてはいかがでしょうか。2Fの座敷フロアは35名までで貸し切りも可能です。

もんじゃ焼きから海鮮焼きまで幅広く揃った「海鮮もんじゃ けい」で、お店自慢のメニューたちを味わってみませんか。

スポット情報

海鮮もんじゃ けい

海鮮もんじゃ けい

東京都中央区月島1-25-9

03-5548-7878

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事