おでかけ動画マガジン

ニュース

2017年11月01日更新

秋の風物詩!長い歴史を語り継ぐ寺社を粋な光が装う「博多ライトアップウォーク2017 博多千年煌夜」

今年で12年目を迎える「博多ライトアップウォーク2017 博多千年煌夜」は、秋の夜長を楽しむ博多の風物詩のひとつです。今回のライティングテーマは「博多祇園山笠」。粋な光で演出された歴史ある寺社や庭園など博多の名所をお見逃しなく!

粋な光が歴史を纏うーー今年で12年目を迎える博多の秋の風物詩

秋の風物詩!長い歴史を語り継ぐ寺社を粋な光が装う「博多ライトアップウォーク2017 博多千年煌夜」の1番目の画像

長い歴史を語り継ぐ寺社が立ち並ぶ福岡・博多エリア。歴史的な景観をライトアップすることで、博多の街の魅力に親しみをもって触れてほしいという想いから、「博多ライトアップウォーク」として2006年にスタートしました。毎年様々なライティングテーマに沿って、お寺ごとに異なるメーカーの照明デザイナーが照明演出をするので、それぞれの会場で風情溢れる光の競演を楽しむことができるのがポイントです。

ライティングテーマは770年続く博多を代表するお祭り「博多祇園山笠」

秋の風物詩!長い歴史を語り継ぐ寺社を粋な光が装う「博多ライトアップウォーク2017 博多千年煌夜」の2番目の画像

今年は、ユネスコ無形文化遺産登録を記念して、博多を代表するお祭り「博多祇園山笠」をライティングテーマに、山笠から受ける「活気」や「賑わい」などのインスピレーションを光に変えて会場を演出します。

770年以上前から続く博多祇園山笠の起源に深い関わりがある「承天寺」には、全会場のなかで唯一、本物の「舁き山」が展示されているのも見所です。

総合監修をつとめる照明デザイナーの松下 美紀氏は、「昼間とは違うお寺の顔を、博多の夜風と光が織りなす陰影を感じながら楽しんでいただきたい。会場ごとに山笠を連想させる演出が施されているので、ぜひ楽しみながら探してみてください。」とコメントされています。

福岡アジア美術館主催「サンシャワー展」同時開催企画も

秋の風物詩!長い歴史を語り継ぐ寺社を粋な光が装う「博多ライトアップウォーク2017 博多千年煌夜」の3番目の画像

会場周辺エリアでは、夜市やお茶会など様々なイベントが同時開催されます。今年は、11月3日(金・祝)に開幕する福岡アジア美術館主催「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」の同時開催企画として、シンガポール人アーティストのスーザン・ビクターによる新作が「承天寺(仏殿)」に展示されています。

全13会場!照明デザイナーが趣向を凝らす荘厳な光の演出

秋の風物詩!長い歴史を語り継ぐ寺社を粋な光が装う「博多ライトアップウォーク2017 博多千年煌夜」の4番目の画像

今年は「承天寺」「東長寺」「妙楽寺」「円覚寺」など10会場(有料会場)と「櫛田神社」「博多千年門」「葛城地蔵尊」の3会場(無料会場)、合計13会場がライトアップされています。会期は、11月5日(日)までの計5日間。ぜひ、博多祇園山笠のインスピレーションと照明メーカーのデザイナーが趣向を凝らした博多の秋の風物詩をじっくりとお楽しみください。

イベント情報

博多ライトアップウォーク

博多ライトアップウォーク

2017年11月01日 〜 2017年11月05日

「承天寺」「東長寺」「妙楽寺」「円覚寺」「妙典寺」「正定寺」「本岳寺」「善導寺」「海元寺」「龍宮寺」の10会場と無料会場の「櫛田神社」「博多千年門」「葛城地蔵尊」の合計13会場

092-262-0450

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ニュース」に関する人気記事ランキング

アプリなら、ルトロンがもっと便利に快適に!

行きたいが見つかるおでかけ動画アプリ。
フォトジェニックなカフェやハウツー動画を毎日配信!