おでかけ動画マガジン

ニュース

2017年11月07日更新

三菱一号館美術館で開催「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」

2018年1月8日まで開催されている「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」は、19世紀末にパリの街を彩ったアーティスティックな版画などを楽しむことが出来ます。芸術の秋にオススメの展覧会です。

19世紀末のパリを彩った作品の数々を一挙公開

三菱一号館美術館で開催「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の1番目の画像

2017年10月18日から2018年1月8日まで三菱一号館美術館で開催されているのが「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」です。

19世紀末のパリ、これまで情報伝達の手段だった版画は、多くのアーティストの手によって芸術の域にまで高められました。

三菱一号館美術館で開催「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の2番目の画像

今回は三菱一号美術館とファン・ゴッホ美術館の所有する貴重なコレクションのうち、版画、リトグラフ、ポスターなど、約140点を楽しむことが出来ます。パリの街中や劇場内を彩っていたポスターや版画を見て、当時の空気感を感じてみましょう。

この展示会が開催されている三菱一号館美術館は、千代田区丸の内にあります。JR東京駅の丸の内南口から徒歩5分です。東京メトロ千代田線「二重橋前」駅(1番出口)からは徒歩3分と、アクセスも良好。

展示をもっと楽しめる「トークフリーデー」

三菱一号館美術館で開催「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の3番目の画像

三菱一号館美術館ではこの展示会の会期中、これまで休館日だった月曜日を活用して、声の大きさを気にせずに展示を楽しめる「トークフリーデー」を実施します。

このような展示会は静かにじっくり作品をと向き合って楽しむのが醍醐味ではありますが、そのために小さい子供を連れていけなかったり、一緒に行った人と作品について語りたくても、遠慮してしまうこともしばしば。

この「トークフリーデー」は、10月30日(月)、11月27日(月)、12月25日(月)の3日間で、時間は10:00~18:00(入館は17:30まで)となっております。

女性だけのお得なチケットプラン

三菱一号館美術館で開催「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の4番目の画像

また、原則として開館時間は18:00までですが、祝日を除く金曜日、第2水曜日、会期最終週の平日は21:00まで開館していますので、仕事終わりでも楽しむことが出来ますね。

当日券の一般料金が1700円のところ「アフター5女子割」として第2水曜日の17:00以降は、女性は1,000円で入場できるのも見逃せないポイント。その他、前売り券に関する情報は、公式サイトをご確認ください。

お土産選びもじっくりと

三菱一号館美術館で開催「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の5番目の画像

会場ではオリジナルグッズも多数販売されています。特にほぼ原寸大のトート&ポーチは抜群の存在感。気になるアイテムがあれは、実際に手にとってみてくださいね。

来年まで都内で楽しむことが出来る展示会は、芸術の秋を楽しみたい方にオススメ。何度も足を運んで、新しい発見をしましょう。

イベント情報

パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

2017年10月08日 〜 2018年01月08日

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ニュース」に関する人気記事ランキング

アプリなら、ルトロンがもっと便利に快適に!

行きたいが見つかるおでかけ動画アプリ。
フォトジェニックなカフェやハウツー動画を毎日配信!