おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.16 | 公開 2017.11.16

おいしいワインと新和食のマリアージュ。素材にとことんこだわった「春秋ツギハギ 日比谷」

東京・日比谷の「春秋ツギハギ 日比谷」は、「新和食」と定義された日本料理がいただけるお店。厳選素材を用い、素材の旨味を引き出すように計算された料理はどれもおいしく、特別なひとときを過ごすのにうってつけです。

どこを切りとっても絵になる、スタイリッシュなお店

おいしいワインと新和食のマリアージュ。素材にとことんこだわった「春秋ツギハギ 日比谷」の1番目の画像

東京・日比谷にある「春秋ツギハギ 日比谷」は、和食の伝統的な技法を軸としながらさまざまな要素を取り入れた独自定義の「新和食」がいただけるお店です。

店内は広く、職人が寿司を握るカウンター席や、テーブルとイスが並ぶオープンフロア、大小さまざまな個室や半個室があり、使い勝手は抜群。

200年以上前のインドネシアの伝統住居をモチーフに、布や古材を用いた内装は、どこを切りとっても絵になります。洗練されたスタイリッシュな空間です。

本物が持つ質感や持ち味を伝える、芯の通ったお店

おいしいワインと新和食のマリアージュ。素材にとことんこだわった「春秋ツギハギ 日比谷」の2番目の画像

訪れる度に異なった雰囲気を醸しだす空間で、季節ごとに異なる料理を楽しめるのが醍醐味です。なお、内装、料理のいずれにおいても「本物だけが持つ質感や持ち味を素直に伝える」ということを大切にしています。

また、こちらのお店ではワインサーバーで品質管理を徹底しており、料理に合わせて多彩なグラスワインを楽しめます。和食とワインのマリアージュは、意外性もありおすすめです。

炊き立てがうれしい! ほっこりおいしい「木の子 鉄釜飯」

おいしいワインと新和食のマリアージュ。素材にとことんこだわった「春秋ツギハギ 日比谷」の3番目の画像

「木の子 鉄釜飯」は炊き立てがうれしい逸品。釜の中にはツヤツヤのお米、しめじやしいたけなどのきのこ、香り良い三つ葉が入っています。鉄釜で炊き上げているため、鉄分も同時に摂取できるというのもポイントです。

鉄釜飯に用いられているお米は、秋田県の仙北市で収穫されたコシヒカリ。もちもちとした食感と、濃い甘みが特徴です。

きのこの風味に合うよう調合されたダシで炊き上げており、食べるとお米の一粒一粒に旨味が行き渡っているのが感じられます。

牛肉の旨味を味わえる、やわらかな「ランプの炭火焼き」

おいしいワインと新和食のマリアージュ。素材にとことんこだわった「春秋ツギハギ 日比谷」の4番目の画像

「ランプの炭火焼き」も、お店が太鼓判を押す人気メニュー。木の器の上に、ジューシーさが見て取れるランプ肉、色とりどりの焼き野菜、塩などの調味料と薬味が並び、まるで絵の具パレットのようなプレゼンテーションです。

使われているお肉はサーロインから腰にかけた部位。牛肉の中でも最もやわらかい部位と言われており、深い味わいが特徴です。

赤身が美しいランプ肉は、表面を炭火で焼き上げ、旨味を中に閉じ込めています。さまざまな薬味をつけていただけば、好みの食べ方がきっと見つかります。

本来の味わいを引き出す「新和食」とこだわり素材

おいしいワインと新和食のマリアージュ。素材にとことんこだわった「春秋ツギハギ 日比谷」の5番目の画像

「春秋ツギハギ 日比谷」では、国産大豆から無添加無調整で作り上げた豆腐や、三重や島根の漁港や築地市場から届く魚介、土がついた状態で生産者から届く野菜など、こだわりの厳選素材を用いて料理を作っています。

たいへん人気のあるお店ですが、土日祝日のほうが、平日に比べると比較的席に余裕があります。確実に食事を楽しみたい場合は、土日祝日が狙い目といえるでしょう。

「春秋ツギハギ 日比谷」があるのは、東京メトロ千代田線・日比谷線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」から徒歩1分ほどの場所。東京メトロA13番出口を出て左手に進み、日生劇場が入る建物の地下1階にお店はあります。素材の旨味を引き出す「新和食」のおいしさに出合ってみませんか。

スポット情報

春秋ツギハギ 日比谷

春秋ツギハギ 日比谷

東京都千代田区有楽町1-1-1 日本生命日比谷ビルB1F

03-3595-0511

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事