おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年11月14日更新

居心地のよさを追求。京都・三条河原町「喫茶葦島」でいただく極上のコーヒー

「喫茶葦島(きっさ あしじま)」は、京都・三条河原町にある珈琲専門の喫茶店です。自家焙煎のおいしい珈琲と、相性のよい厳選スイーツがいただけます。ゆっくりした時間が流れる店内は、日常を忘れられる憩いの場。珈琲好きの方はもちろん、そうでない方でも楽しめる場所です。

居心地のよさを追求した、心休まるリラックス空間

居心地のよさを追求。京都・三条河原町「喫茶葦島」でいただく極上のコーヒーの1番目の画像

京都・三条河原町にある喫茶店、「喫茶葦島(きっさ あしじま)」。生豆から焙煎した本格的な味が楽しめる珈琲専門店です。インテリアに目を向けると、無垢木材や素焼きレンガ、和紙など全てに天然素材を使用。イスには天然の葦を使っています。

また店内には、世界でも類を見ない「知名オーディオ」を設置。これは、どこに座っても一定の音量で楽しめる不思議なスピーカーです。上質なBGMサウンドが、珈琲を楽しむ時間をよりステキなものにしてくれます。

伝統と歴史が残る京都から発信する日本の珈琲

居心地のよさを追求。京都・三条河原町「喫茶葦島」でいただく極上のコーヒーの2番目の画像

こちらの喫茶店は2010年5月15日創業。古事記など日本神話の中において、日本は「豊葦原中つ国」と呼ばれていました。この古称から葦という言葉を取り、日本は島国であることから「葦島」と命名したそうです。

この店の珈琲は、「中庸」の考えに基づいて提供しています。酸味が強いタイプや、あっさり味が好きなど、珈琲の好みは人それぞれ。こうしたさまざまな要望に応えたいという想いで、希望に沿った一杯を楽しんでもらえるよう日々努力を重ねています。

味と香りのバランスが取れた、心をつかまれる一杯

居心地のよさを追求。京都・三条河原町「喫茶葦島」でいただく極上のコーヒーの3番目の画像

こちらの珈琲は注文を受けてから豆を挽き、一杯ずつ丁寧に抽出します。こだわりのポイントは、高いドリップテクニックと温度調整。珈琲専門店だからこそできる、丁寧な手仕事珈琲がいただけます。

なかでもおすすめが「葦島ブレンド」。厳選した5種類の豆を、オーダーを受けた後にブレンドします。中深煎りで珈琲らしい苦みが特徴ですが、後から酸味と甘みもやってくる味わい深い一杯です。

珈琲のために作られた選りすぐりのスイーツたち

居心地のよさを追求。京都・三条河原町「喫茶葦島」でいただく極上のコーヒーの4番目の画像

味わい深い珈琲と一緒に、おいしいデザートはいかがでしょう。珈琲にピッタリ合うように作られたという厳選デザートが、常時7種類揃っています。定番のチーズケーキに、ショコラ、期間限定のケーキなど。デザートはすべて自家製、もしくはお店が信頼する職人の手で作られたものです。

どこか懐かしさ漂うアイスクリンには、ギリシャヨーグルトを使用。ここでしか味わえない個性的なスイーツを一緒に楽しみましょう。

癒しの時間とおいしい珈琲を目当てにやってくる

居心地のよさを追求。京都・三条河原町「喫茶葦島」でいただく極上のコーヒーの5番目の画像

おいしい珈琲を求めてやって来るお客さんは30代がメイン。男女比はほぼ同等で、やや女性が多い印象です。落ち着いた大人の隠れ家風の店内は、デートはもちろん、商談や接待、仕事の打ち合わせにもピッタリ。平日と土日の12:00~14:00の時間帯なら比較的空いており、ゆっくりと過ごせます。

また、カフェインレスの珈琲もオーダー可能なのもうれしいポイント。カフェイン以外の成分をできる限り損なわない特殊な製法を採用しているため、通常の珈琲のような香りや味が楽しめると好評です。こちらもぜひお試しください。

お店までのアクセスは、京阪本線・京阪鴨東線「三条駅」から徒歩およそ5分です。京阪本線「河原駅」からでも歩いて8分の距離。河原三条町交差点近くのビルの5階にあります。珈琲専門店ならではのプレミアムな一杯で、くつろぎの時間を過ごしましょう。

スポット情報

喫茶 葦島

喫茶 葦島

京都府京都市中央区三条通河原町東入大黒町37 文明堂ビル5F

075-241-2210

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング