ルトロン

おでかけ動画メディア

EDIT 2017.11.19 ・ POST 2017.11.19

ギネスビールで煮込んだ絶品カレー! 大阪・中津のアイリッシュパブ「IRISH CURRY」

大阪府 > 梅田・大阪駅

  • 5

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 4

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本場の雰囲気を楽しめるウッディな佇まい

ギネスビールで煮込んだ絶品カレー! 大阪・中津のアイリッシュパブ「IRISH CURRY」の1番目の画像

大阪・中津エリアの、バーであり欧風カレー屋さんでもあるお店「IRISH CURRY(アイリッシュ カレー)」。店内にはオーナーが丹精込めて作ったカレーのいい香りが立ち込め、食欲をそそります。

バースタイルなカウンター席では、お店イチオシのアイルランドのビールと、名物のカレーを楽しめます。ドリンクメニューやビールに合うアラカルトも豊富にあり、ゆったりとした時間を過ごせるのも嬉しいポイント。

アイルランドと日本の味の融合が楽しめる

ギネスビールで煮込んだ絶品カレー! 大阪・中津のアイリッシュパブ「IRISH CURRY」の2番目の画像

アイルランドの「ギネスビール」を中心にビールが自慢のお店。看板メニューであるカレーに入っているポークはギネスビールを使って煮込んでいます。

「ビールがイチオシのお店」と常連客が揃って言うそう。料理との相性も良く、何度も足を運びたくなります。また、日替わりメニューもあるので、行くたびに色々なカレーを楽しめるのも魅力的です。

「アイリッシュ ポークカレー」の秘密はビール

ギネスビールで煮込んだ絶品カレー! 大阪・中津のアイリッシュパブ「IRISH CURRY」の3番目の画像

こちらのお店の看板メニューと言えば「アイリッシュ ポークカレー(900円)」です。カレーも豚肉も自慢のギネスビールでじっくり煮込まれており、トロトロの豚肉は口の中でとろけます。

ビール酵母の働きで、豚肉が柔らかくなり旨味も増加しているんだとか。ギネスビール特有のコクとまろやかな苦みがカレーに凝縮され、ふんだんに使われたフルーツやスパイスの優しい甘みと爽やかな辛さが楽しめます。トッピングされたフライドオニオンと、酢漬けのキャベツをアクセントにいただきましょう。

甘みと苦みの「ギネスビール」は目でも楽しめる

ギネスビールで煮込んだ絶品カレー! 大阪・中津のアイリッシュパブ「IRISH CURRY」の4番目の画像

日本ではなかなか飲めない、樽生ビール「ギネスビール(GUINNESS)」。アイルランドでは、「ギネスビールは目で飲む」とも言われ、深みのあるダークレッドが美しく鮮やかです。

泡にも特徴があり、グラスに注いだ直後から落ち着くまでの約2分間、きめ細かい泡が次から次へと滝のように流れていきます。「カスケードショー(小さく連なる滝)」と呼ばれるこの時間を、早く飲みたい気持ちを抑えて楽しんでみてください。

「ギネスビール」の深い味わいを楽しんでほしい

ギネスビールで煮込んだ絶品カレー! 大阪・中津のアイリッシュパブ「IRISH CURRY」の5番目の画像

「ギネスビールを口に入れたときの甘みと、のど元で感じる苦みを楽しんでもらいたい」というオーナーの思いは、メニューに書かれたたくさんのギネスビール豆知識情報からも伝わってきます。実は奥の深いギネスビール。知識を深めて飲むのも楽しみ方のひとつです。

「IRISH CURRY」は、OsakaMetro御堂筋線「中津駅」4番出口から徒歩5分。駐車場がないので公共機関を利用して行くことをおすすめします。ビールとカレーの絶品コラボを味わいに、一度足を運んでみてください。

スポット情報

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事