おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.07.06 | 公開 2018.07.06

「祇園祭」 は京都の夏の大舞台!1000年続く京都の伝統

京都・祇園で毎年7月1日~7月31日までの1か月間行われる「祇園祭」が2018年も開催されています。見どころのひとつは「前祭」と「後祭」に行われる「山鉾(やまほこ)巡行」。毎年たくさんの人で賑わいます。日本三大祭にも数えられる京都伝統のお祭りをぜひ体験しませんか。

日本三大祭として知られる京都のお祭り「祇園祭」が開催中です。およそ1100年前、京都の都・京洛(けいらく)で流行した疫病を鎮めるために行った「祇園御霊会」が祭の始まりといわれており、その後1000年続く京都の伝統のお祭りです。

「前祭」と「後祭」に行われる人気催事「山鉾(やまほこ)巡行」も見逃せません。ユネスコ無形文化遺産にも登録された京都の夏の風物詩をご紹介します。

1000年続く京都の伝統「祇園祭」

祇園祭の山鉾巡行「鶏鉾」と「月鉾」

日本三大祭としても有名な京都・八坂神社の祭礼「祇園祭」が、今年も2018年7月1日(日)~7月31日(火)まで開催されています。

「祇園祭」はおよそ1100年前、京洛に流行した疫病は牛頭天王(ごずてんのう)、素盞嗚命(すさのおのみこと)のたたりであるとして、鎮めるために「祇園御霊会」を行ったことが始まり。1000年の間、京都の歴史とともに歩んできた伝統あるお祭りです。

祭の見どころ「山鉾巡行」

祇園祭山鉾巡行後祭「北観音山」

1か月間という長い期間続く「祇園祭」ではさまざまな行事が行われますが、なかでも見どころなのが「前祭」と「後祭」に行われる「山鉾巡行」です。洛中の各鉾町に伝わる山鉾が、四条通から河原町通を巡行します。

巡行する鉾のなかには12tに達するものもあり、組み立て、巡行、解体に約180人もの人手を要するそう。鉾が今のように豪華絢爛な装いになったのは、桃山時代から江戸時代にかけて貿易が盛んになり、ゴブランや西陣織などが競って用いられるようになってから。美しく装飾された鉾が通る姿はまさに圧巻です。

前祭

「山鉾巡行」は、八坂神社から神様が通る道を清めるために行われます。

7月17日(火)に行われる「前祭山鉾巡行」では、神社から神様を四条の新京極・寺町商店街前の御旅所(おたびしょ)へお迎えするため、長刀鉾(なぎなたほこ)を先頭に23基の山鉾が巡行します。お囃子やたくさんの観光客で賑わい、華やかな山鉾の巡行姿に祭気分も最高潮に盛り上がります。

後祭

7月24日(火)に行われる「後祭山鉾巡行」は、神様が御旅所から神社まで帰る道を清めるために巡行します。橋弁慶山 (はしべんけいやま)を先頭に10基の山鉾が、烏丸御池から四条烏丸までの道を清めていきます。

「前祭」に比べ「後祭」のほうがゆっくりと静かに祇園祭の文化にふれることができるので、人混みが苦手な方にはこちらがおすすめです。同日に開催される「花傘巡行」と合わせて楽しめるのも魅力です。

山鉾をゆっくり観賞できる有料観覧席のご案内

祇園祭「山鉾巡行」

毎年たくさんの人で賑わう「祇園祭」。雑踏にもまれることなくゆっくりと「山鉾巡行」を楽しみたい方には、場所取り不要な有料観覧席がおすすめです。

一般席(前祭・後祭) 3,180円

全席指定の観覧席チケット。御池通の寺町通から新町通の間を巡行する山鉾の姿を見ることができます。パンフレット付なので、山鉾について知ることができ、よりその魅力を楽しむことができますよ。

祇園祭まなび席(前祭) 7,000円

祇園祭をもっと知りたい、という方におすすめ。イヤホンガイドの詳しい解説で「祇園祭」の歴史や由緒などを深く学びながら巡行を楽しむことができるお席です。

辻廻し観覧プレミアム席(前祭) 10,000円

「山鉾巡行」が最高に盛り上がる瞬間“辻回し”がよく見える場所に設置されるプレミアム席。イヤホンにて専属の観光ガイドによる解説を聞きながら巡行を楽しむことができます。

くじ改め観覧プレミアム席(後祭) 7,000円

「後祭」の御池通観覧席にて、くじ改めがよく見える場所に設置されます。「祇園祭」の歴史や由緒などをより深く学びながら観賞できるイヤホンガイドでの解説付きです。「くじ改め」は、くじ取り式で決まった順番を確認するもので、山鉾が一旦停止するのでじっくりと観賞することができます。

チケット購入について

有料観覧席のチケットは、ネットから申し込みができます。一般席のチケットは、「楽天チケット」などのネットショップやコンビニ、旅行会社でも購入することができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

※2018年の「祇園祭まなび席」「辻回し観覧プレミアム席」「くじ改め観覧プレミアム席」は販売終了しております。

京都の見逃せない夏の大舞台を楽しんで!

祇園祭山鉾巡行後祭「大船鉾」

「京都祇園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産にも登録されています。一年に一度の京都の大舞台を楽しみにでかけませんか。

「祇園祭」の主会場となる「八坂神社」は、京阪本線「祇園四条駅」から徒歩5分、阪急京都線「河原町駅」から徒歩8分のところにあります。また、山鉾巡行が行われる辺り一帯へは、京阪本線「三条駅」、阪急京都線「烏丸駅」「河原町駅」などの利用がおすすめです。

お祭り期間中、「山鉾巡行」のほかにもたくさんの行事が開催されています。ぜひ足を運んでみてくださいね。

イベント情報

祇園祭

祇園祭

2018年07月01日 〜 2018年07月31日

京都府京都市東山区祇園町北側625 「八坂神社」

075-213-1717(京都市観光協会)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

「おでかけ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事