おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年11月21日更新

箸が止まらぬおいしさ。飯田橋「中国菜 膳楽房」の野菜中心やさしい中華料理

東京・飯田橋にある「中国菜 膳楽房(ちゅうごくさい ぜんらくぼう)」は、中華料理の専門店。料理はどれも野菜が中心であっさりとした味付け。本格的な中華でありながら脂っこくないため、幅広い年代の方に愛されています。今回は「中国菜 膳楽房」の魅力とおすすめメニューを紹介しましょう。

スタイリッシュで明るい空間の中華

箸が止まらぬおいしさ。飯田橋「中国菜 膳楽房」の野菜中心やさしい中華料理の1番目の画像

東京・飯田橋の「中国菜 膳楽房(ちゅうごくさい ぜんらくぼう)」は、中華料理専門店です。白い壁の建物で営まれているお店は、大きな白い窓の下にベンチが置かれ、カフェに見間違えてしまいそうなかわいい雰囲気。

1階フロアには木のカウンター席とテーブル席、2階にはテーブル席があります。店内は明るくナチュラルな空間で、女性がひとりでも気軽に入りやすいお店です。

野菜中心の、あっさりとした中華を楽しめる

箸が止まらぬおいしさ。飯田橋「中国菜 膳楽房」の野菜中心やさしい中華料理の2番目の画像

店名の「膳」は、中国語で「食事全体」という意味。食事を楽しむ場所(=房)という意味を込めて名付けられています。また、中国語で「楽房」は「ラボラトリー(研究所)」を意味しており、この2つの意味を兼ね備えているのです。

そんな「膳楽房」でいただける料理は、中華料理ながら脂っこさを感じさせません。野菜が中心で、味付けはあっさりとしています。

お店の1番人気メニュー、「里麺(リーメン)」が絶品

箸が止まらぬおいしさ。飯田橋「中国菜 膳楽房」の野菜中心やさしい中華料理の3番目の画像

「里麺(リーメン)」は、お店の一番人気の看板メニュー。クロレラを練りこんで作った麺が特徴的な和え麺です。麺とネギ、チャーシューとザーサイが、タレと一緒に和えられており、白い器に映えます。

醤油とごま油がベースのタレは、濃すぎず、あっさりとしながらも不思議なおいしさを秘めており、食べ始めるとお箸が止まりません! 麺にはクロレラが練りこまれているので、栄養価もバッチリです。

「金針菜とエビの炒め」や「自家製腸詰」もイチオシ

箸が止まらぬおいしさ。飯田橋「中国菜 膳楽房」の野菜中心やさしい中華料理の4番目の画像

「金針菜とエビの炒め」も、お店が太鼓判を押す人気メニューです。青々として美しい金針菜は、食べるとシャキシャキとした食感が楽しめます。一緒にお皿に乗ったエビのぷりぷりとした食感と合わさり、まさに絶品。

また、「自家製腸詰」も人気が高いメニュー。お皿の上にたっぷりの腸詰と香味野菜、そして自家製の甜麺醤と豆板醤が添えられています。腸詰はジューシーで、噛むと旨味があふれる逸品。

カウンター席はメニューにない料理も食べられるかも?

箸が止まらぬおいしさ。飯田橋「中国菜 膳楽房」の野菜中心やさしい中華料理の5番目の画像

やさしい味わいの本格中華で人気のお店ですが、カメ出しの紹興酒とワインもお店の自慢です。あっさりとしているお店の料理との相性は、抜群。楽しくおいしいひとときにぴったりです。

大変人気のお店のため、早めに予約をすることをおすすめします。少人数で訪れるなら、カウンター席がイチオシ。シェフとの会話が楽しめ、メニューに掲載がない料理を提供してもらえる場合もあります。

JR・都営地下鉄・東京メトロ各線「飯田橋駅」から徒歩2分とアクセスの良さも人気の理由のひとつです。あなたも、やさしい味わいの絶品中華に舌鼓を打ちませんか。

スポット情報

中国菜 膳楽房

中国菜 膳楽房

東京都新宿区神楽坂1-11-8

03-3235-1260

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング