おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.22 | 公開 2017.11.22

半世紀以上続く名店。有楽町「とんかつ あけぼの」の行列が出来るサクサクとんかつ

東京・有楽町にある「とんかつ あけぼの」は、とんかつの専門店です。お店の創業以来、半世紀以上続くこちらのお店には、お店の開店前から行列ができることも珍しくありません。サクサクの食感のとんかつや、やさしい出汁の味が絶妙なかつ丼など、一度は食べておきたいメニューがここにはあります。

昭和レトロな、カウンター席のみのとんかつ専門店

半世紀以上続く名店。有楽町「とんかつ あけぼの」の行列が出来るサクサクとんかつの1番目の画像

「とんかつ あけぼの」は東京・有楽町にある、とんかつの専門店です。ビルの地下にあるお店は、「味自慢 とんかつ」と書かれた、煌々と光る看板が目印になっています。

店内は昭和レトロな雰囲気。L字型のカウンター席が、お客さんを出迎えます。カウンターの向こうには厨房があり、調理している様子が見えるのが醍醐味です。なかには調理の方法について質問をするお客さんもいるとのこと。黒電話が置かれたノスタルジーあふれる空間です。

創業から半世紀以上続く、こだわりが光るお店

半世紀以上続く名店。有楽町「とんかつ あけぼの」の行列が出来るサクサクとんかつの2番目の画像

昭和37年創業の「とんかつ あけぼの」は、半世紀以上続くお店。現在交通会館の地下1階にお店を構えていますが、かつてこの場所が「寿司屋横丁」だったころから存在する老舗です。

「できることは全て手作りでする」をモットーにしているとのこと。お肉やキャベツのカットはもちろん、タルタルソースも手作りしています。また、お米は釜炊きし、煮干しの出汁をとって味噌汁を作るなど、こだわりが随所に現れているのを感じられるでしょう。

3種類の主役級メニューを楽しめる「サービス定食」

半世紀以上続く名店。有楽町「とんかつ あけぼの」の行列が出来るサクサクとんかつの3番目の画像

「サービス定食」は女性におすすめのメニュー。たっぷりの添え野菜と共にお皿に乗るのは、一口ヒレカツ、エビフライ、アジフライまたはカニクリームコロッケの、3種類のフライです。

ヒレカツはお店の看板メニューとも言える逸品。そのヒレカツが食べられるのは、とてもうれしいポイントです。衣は軽い感じで、サクサクいただけます。エビフライもエビが大きく、プリプリの食感がたまりません。

やっぱりこれだけは外せない! 絶品の「かつ丼」

半世紀以上続く名店。有楽町「とんかつ あけぼの」の行列が出来るサクサクとんかつの4番目の画像

「かつ丼」はお店の看板メニューです。注文を受けた後に揚げられるカツが、卵をまとい、炊き立てのご飯の上に乗って運ばれてきます。お米はお釜で炊いており、一粒ひとつぶがぴかぴかと光っているのが特徴です。お味噌汁とお新香も一緒にいただけるのはうれしいもの。

カツは大きく、衣にはサクサクの食感が残っています。じゅわっとやさしい甘さの出汁が衣に染み込み、シャキシャキとした玉ねぎとともにいただきます。

メディアにもひっぱりだこの、リーズナブルなお店

半世紀以上続く名店。有楽町「とんかつ あけぼの」の行列が出来るサクサクとんかつの5番目の画像

お店でいただけるメニューはどれも絶品ながらお手頃価格。それでいてボリュームは満点なため、メディアにもたびたび登場する有名店です。お昼時にはサラリーマンをはじめ、多くのファンが訪れます。

大変人気のお店で、開店と同時に満席になる日も珍しくありませんが、雨の日など天候によっては空いている日もあるようです。

「とんかつ あけぼの」は、交通会館のB1Fにお店を構えています。JR山手線・京浜東北線・東京メトロ有楽町線の「有楽町駅」、中央口改札から出て徒歩3分ほどです。あなたも「とんかつ あけぼの」で、多くのファンに愛されている絶品とんかつを味わってみませんか。

スポット情報

とんかつ あけぼの

とんかつ あけぼの

東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F

03-3211-3934

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事