おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.24 | 公開 2017.11.24

食べるのが惜しい!京都「お肉と京野菜とワイン 縁と縁」の美しい創作料理の数々

京都・中京区にある「お肉と京野菜とワイン 縁と縁(えんとゆかり)」は創作料理や担々麺、ステーキがいただけるお店です。和のテイストとフレンチを融合させた創作料理は、こだわりの厳選素材で作られており、どれも絶品です。ソムリエが厳選するワインを一緒にいただけば、特別な時間を過ごせることでしょう。

個室やソファ席などさまざまなシーンで利用したいお店

食べるのが惜しい!京都「お肉と京野菜とワイン 縁と縁」の美しい創作料理の数々の1番目の画像

京都・中京区にある「お肉と京野菜とワイン 縁と縁(えんとゆかり)」は、創作料理やラーメン、ステーキのお店です。黒い屋根の和風の建物に店を構えており、大きな木の看板が目印になっています。

店内は、白を基調としたシックな雰囲気です。カウンター席やラグジュアリーなソファ席、テーブル席があり、2階には1組限定の個室もあります。デートや接待、女子会など、さまざまなシーンで利用したいお店です。

きらびやかな非日常の空間で、カジュアルな料理を堪能

食べるのが惜しい!京都「お肉と京野菜とワイン 縁と縁」の美しい創作料理の数々の2番目の画像

「私達の人生 一人一人触れ合う人々に感謝の縁を結びます」お店のオーナーが大切にしている言葉であり、その想いが店名に表れています。

店内はモエ・エ・シャンドンの販売を行っている会社、モエヘネシーディアジオが協賛しており、きらびやかで非日常感を演出。一方で料理や接客はカジュアルなので、おしゃれな空間のなかゆったりと楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

食べるのが惜しい! 「季節のAmuse」を目と舌で味わう

食べるのが惜しい!京都「お肉と京野菜とワイン 縁と縁」の美しい創作料理の数々の3番目の画像

「季節のAmuse」は、お店自慢の一皿です。前菜を少しずつ、色々な種類が楽しめます。さらに、食べられる色とりどりの粉で文字や絵を描くことで、アート感あふれるフォトジェニックな仕上がりに。

ローストビーフやえびなど、一口味わうごとにそれぞれ違う味が楽しめるアミューズ。こちらは、お店を訪れた方全員に提供しています。「縁と縁」と言えばこれ!という、お店からのあいさつ代わりの逸品です。

「バーニャカウダ」や「ローストビーフ」もイチオシ

食べるのが惜しい!京都「お肉と京野菜とワイン 縁と縁」の美しい創作料理の数々の4番目の画像

「黒毛和牛 モモ肉の低温ローストビーフ」は、ぜひ食べていただきたい一品。「銀閣寺 大西」の黒毛和牛のみを使用し、希少部位を低温で丁寧に仕上げています。赤ワインと黒酢のソースに付けて、いただきましょう。

「太陽の恵みを受けた季節野菜のバーニャカウダ」もおすすめ。お皿の上にはアスパラガスやパプリカなど、色とりどりの野菜が盛り付けられてブーケのような見た目です。

京都の農家から仕入れた京野菜が中心で、素材ごとにうま味を引き出すよう調理されています。温かい特製アンチョビソースや、自家製の赤ワイン塩を付けてご堪能ください。

メニューにない料理のリクエストも聞いてくれるお店

食べるのが惜しい!京都「お肉と京野菜とワイン 縁と縁」の美しい創作料理の数々の5番目の画像

20時以降であれば、混雑を避けやすいので狙い目とのこと。事前に予約をすると、オマール海老やアワビ、ウニや牡蠣などの特別な食材を使った料理を提供することも可能。また、メニューに掲載されていない料理のリクエストも受けてくれるので、特別な日に利用したくなります。

和のテイストとフレンチが融合するオリジナルの創作料理が食べられるので、幅広い層の女性に人気です。週末には子ども連れのママも来店されるほど。非日常感が味わえる空間で食事をすれば、お腹も心も満たされることでしょう。

京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩約5分。一番西の出口を出て「麩屋町通」を進み、「丁子屋町」と交差する時に左折して3件進むとお店が見えてきます。厳選された食材を使用したおいしい創作料理とワインを味わいに、足を運んでみてください。

スポット情報

お肉と京野菜とワイン 縁と縁

お肉と京野菜とワイン 縁と縁

京都府京都市中京区二条通柳馬場東入晴明町682

075-744-0333

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事