おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.24 | 公開 2017.11.24

食通に愛される大定番! 「浅草今半 国際通り本店」で絶品すき焼きを堪能

東京の観光名所、浅草駅のほど近くにある「浅草今半 国際通り本店」は、名だたる食通に愛され続けてきた日本料理店です。創業はなんと1895年。以来、厳選された食材を確かな技術とともに提供し続ける、日本を代表するすき焼の名店をご紹介します。

浅草駅すぐ! 古くから浅草の地で愛される和食の老舗

食通に愛される大定番! 「浅草今半 国際通り本店」で絶品すき焼きを堪能の1番目の画像

東京・浅草に店を構える「浅草今半 国際通り本店」は、長年に渡り愛され続ける日本料理店です。

国際通り沿い、公園六区入口交差点にお店はあります。レトロモダンな外観が目印。和の雰囲気あふれる店内は、個室や大広間、テーブル席など幅広い席を完備しています。ビジネスの場面でも、家族や友人とでも、幅広い用途に応えてくれるお店です。

1895年創業! 日本の歴史とともに歩んできた名店

食通に愛される大定番! 「浅草今半 国際通り本店」で絶品すき焼きを堪能の2番目の画像

お店の歴史は長く、創業は1895年。創業者の高岡伴太郎氏が岡山より上京後、本所吾妻橋に牛めし屋を開店したことが始まりです。

もともと牛肉を食べる文化のなかった日本人ですが、文明開化以降、牛肉を滋養のある食材として重宝するようになりました。様々なルートで食に適さない牛も出回っていた明治時代、港区芝白金の今里村から新鮮で安全な牛肉を仕入れ提供する店という意味を込め、今里村の『今』の文字と、創業者の名前から一文字をとり、『今半』という店名に。

現在ではレストラン店舗のほか、精肉や弁当、佃煮の販売も行っているそう。遠方でも「浅草の粋」を味わうことができると好評です。

その時に一番おいしいお肉を食べられる御膳!

食通に愛される大定番! 「浅草今半 国際通り本店」で絶品すき焼きを堪能の3番目の画像

「極上霜降りすき焼御膳」(10,800円)は、自慢のすき焼と季節の前菜を楽しめるコースです。

その時々で一番良い肉を提供したいという思いから、産地にこだわらず日本全国から厳選した黒毛和牛を使用したすき焼が楽しめます。季節に応じた先付や前菜とともに、メインのすき焼を堪能できる贅沢なコース。秘伝の割下を吸い込んだ極上の和牛に、たっぷり卵を絡めていただきます。

1度で2度おいしい! 昼限定の欲張りメニュー!

食通に愛される大定番! 「浅草今半 国際通り本店」で絶品すき焼きを堪能の4番目の画像

1度で2度おいしい限定メニューにも注目。「二段重」(3,240円)はお昼限定のメニューです。

ランチ限定の「百年牛丼」と「ステーキ丼」、どちらも厳選した黒毛和牛が使用されています。ランチで人気の丼メニュー2つが、それぞれハーフサイズになってお重に入った欲張りメニューが「二段重」。1日20食限定なので、運が良ければ巡り合えるかもしれません。

素材を見極める眼力は、歴史の中で培われた財産

食通に愛される大定番! 「浅草今半 国際通り本店」で絶品すき焼きを堪能の5番目の画像

創業以来、牛肉を使った日本料理を提供し続ける「浅草今半」。牛肉はメスの黒毛和牛のみを使用するなど、お店に並ぶ素材にも並々ならぬこだわりがつまっています。

浅めの鍋でサッと煮る「浅草今半流すき焼」は、素材の旨味を余すところなく味わうための伝統の技です。すき焼に使われる割下も、創業当時から守られている秘伝の味。どこをとっても、伝統に裏打ちされたこだわりが感じられます。

つくばエクスプレス「浅草駅」のA2出口すぐのところにお店はあります。東京メトロ銀座線「田原町駅」のA3出口からだと、歩いて5分ほど。歴史ある老舗の絶品すき焼は、今日も多くの人に愛され続けています。

スポット情報

浅草今半 国際通り本店

浅草今半 国際通り本店

東京都台東区⻄浅草3-1-12

03-3841-1114

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事