おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.06.21 | 公開 2018.06.21

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」

鮮魚を扱うお店が集まる東京・築地の場外市場にお店を構える「さのきや」。たい焼きではなく、“まぐろ焼き”を提供するこちらのお店では、遊び心感じる、スイーツ感覚のメニューを食べられます。築地らしいユニークさを取り入れたお店自慢のメニューをご紹介します。

ここでしか出合えない“まぐろ焼き”

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の1番目の画像

とれたての鮮魚が集まる東京・築地市場。築地といえば、寿司や煮付けなどでも大活躍するマグロを想像される方も多いのではないでしょうか。

今回は築地場外市場に佇む、大人から子どもまで老若男女問わず人気を集めるマグロをお菓子にしたお店「さのきや」をご紹介します。

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の2番目の画像

たい焼きならぬ“まぐろ焼き”を提供するこちらのお店では、外側がサクサクの生地に自慢の小倉あんをたっぷりと詰め込んだ「本マグロ」や、小倉あんとあんずの甘さが絶妙にマッチした「中トロ」など、味もさることながら、ユニークなメニューが揃います。

食べ歩きにもぴったりなまぐろ焼きとともに築地散策を楽しんでみてはいかがですか。

もちもち食感がたまらない「中トロ」

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の3番目の画像

真っ白いフォルムが特徴的な「中トロ(税込 220円)」には、米粉を使いもちもち感を出した生地に小倉あんとあんずをトッピング。

あんの濃厚で優しい味わいと、あんずの甘酸っぱいフルーティーさが口の中で混ざり合い、軽やかなハーモニーを奏でます。

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の4番目の画像

酸味がアクセントになり全体的にすっきりとした味わいに仕上がるので、しつこくなくさっぱりとした味を楽しめるでしょう。皮の部分は時間が経つと固くなってしまうそうなので、もちっとした食感を楽しみたい方は、なるべく早く召し上がることをおすすめします。

甘味ののった「本マグロ」

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の5番目の画像

「さのきや」の看板メニューでもある「本マグロ(税込 200円)」。「中トロ」のもちっとした生地とは異なり、サクサクの生地の中にたっぷりの小倉あんが入っています。

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の6番目の画像

薄皮の生地に、今にも破れそうなほどあんが詰め込まれたこのメニューは、そのまま食べるのも、外側の皮を中のあんにつけて食べるのもおすすめ。

サクサクの皮はしっとりとしたあんと絶妙にマッチし、上品な味わいを楽しめますよ。

パリパリ食感がたまらない「まぐろ最中アイス」

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の7番目の画像

ミルク・抹茶・いちごみるくの3種のフレーバーから選べる「まぐろ最中アイス(税込 220円)」は、これからの暑い季節にぴったりな一品。

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の8番目の画像

甘さ控えめな抹茶のアイスと小倉あんを一緒に食べると、落ち着きのある味わいに。冷たいアイスとパリパリの最中の相性も抜群です。お好みのフレーバーで小倉あんとのコラボレーションを楽しんでみてください。
※今回は抹茶のフレーバーをご紹介しています。

まぐろ焼きをおともに築地散策へ出かけよう!

まぐろ型のたい焼き!? 築地・さのきやの新感覚スイーツ「まぐろ焼き」の9番目の画像

独創性あふれるメニューを提供する「さのきや」には、“まぐろ焼き”のおともにぴったりな、自家製梅シロップで作る「梅スカッシュ」や、こだわりの酒粕を使用した「甘酒」など、飲み物も充実しています。

東京メトロ日比谷線「築地駅」から徒歩5分ほどの場所にある、「さのきや」でまぐろ焼きを片手に築地散策へと出かけてみませんか。

スポット情報

さのきや

さのきや

東京都中央区築地4-11-9 築地市場外

03-3543-3331

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事