おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.24 | 公開 2017.11.24

ジャズの流れる大人な空間でしっぽりと。三軒茶屋「板蕎麦 山灯香」の絶品蕎麦

東京・三軒茶屋にある「板蕎麦 山灯香(さんとうこう)」は、蕎麦を中心とした和食のお店。暗めの照明の落ち着いた雰囲気のお店では、おいしい蕎麦やお酒を楽しむことができます。深夜まで営業しており、食事を楽しみたい方やしっぽりと飲みたい方など、多くのお客さんで賑わうお店です。

日本家屋を思わせる、和モダンの雰囲気漂うお店

ジャズの流れる大人な空間でしっぽりと。三軒茶屋「板蕎麦 山灯香」の絶品蕎麦の1番目の画像

東京・三軒茶屋にある「板蕎麦 山灯香(さんとうこう)」は、蕎麦や和食を味わえるお店です。大きな木の看板、「そば」と書かれたのれん、古き良き日本家屋を思わせるような外観が特徴的な、和モダンのお店です。

店内は少し暗めの照明で、大人っぽい空間です。BGMでジャズが流れ、ムーディーな雰囲気。ピカピカに磨かれた板の間に、大きなテーブルと丸いイスが並んでいます。

オープン以来、遅い時間までお客さんで賑わう店

ジャズの流れる大人な空間でしっぽりと。三軒茶屋「板蕎麦 山灯香」の絶品蕎麦の2番目の画像

「板蕎麦 山灯香」がオープンしたのは、2000年の12月。深夜まで営業しているこちらのお店は、しっぽりと飲む方や、食事を楽しむために訪れる方など、さまざまなお客さんで遅い時間でも賑わっています。

大人っぽいムードが漂い、おしゃれな雰囲気であることから、デートをするカップルの姿や女子会をしているグループの姿も多く見られます。

2種類のつけだれがうれしい「おためし蕎麦切り」

ジャズの流れる大人な空間でしっぽりと。三軒茶屋「板蕎麦 山灯香」の絶品蕎麦の3番目の画像

「おためし蕎麦切り」は、お店の看板メニューです。板皿と呼ばれる木製の浅い箱の中に、蕎麦が入れられ運ばれてきます。蕎麦の太さは、太いものと細いものの2種類から選べますが、店のおすすめは太麺。しっかりとした噛みごたえが特徴です。

こちらの「お試し蕎麦切り」は、スタンダードなもり汁と胡麻だれ、2種類のつけだれで楽しめるのも嬉しいポイント。もり汁につけると、飽きのこない味が楽しめ、胡麻だれにつけると、こっくりとしたコクと胡麻の香りも楽しめます。

うまみがじゅわっと染みだす「だし巻き玉子」も人気

ジャズの流れる大人な空間でしっぽりと。三軒茶屋「板蕎麦 山灯香」の絶品蕎麦の4番目の画像

「だし巻き玉子」も人気のメニュー。ふんわりと美しく焼き上げられただし巻き玉子の上から、とろりとした餡をかけ、さらに小ねぎを上にトッピングして仕上げています。脇に添えられたおろし大根が、味のアクセントになっています。

一口食べると、上品なおだしの味わいが口いっぱいにふわりと広がります。フワフワ、ぷるぷるの食感と、じゅわっと染みだすうまみが絶妙な逸品です。

開店直後の17:00台がねらい目! 行列必至の人気のお店

ジャズの流れる大人な空間でしっぽりと。三軒茶屋「板蕎麦 山灯香」の絶品蕎麦の5番目の画像

こだわりの蕎麦が自慢の「板蕎麦 山灯香」ですが、メニューの一部は季節に合うように、月に一度見直されています。旬の食材を使ったメニューを提供するための、お店のこだわりです。

遅い時間まで多くのお客さんで賑わい、行列ができる人気のお店ですが、平日の開店直後である17:00台は比較的空いていることが多く、ねらい目と言えます。

「板蕎麦 山灯香」は、東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」南口より、徒歩約8分。国道246号線を池尻大橋駅方面へ進みましょう。「三宿交差点」の手前にお店はあります。あなたも「板蕎麦 山灯香」のおしゃれな空間で、おいしいお蕎麦をいただきませんか。

スポット情報

板蕎麦 山灯香

板蕎麦 山灯香

東京都世田谷区太子堂1-4-35

03-5779-3670

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事