おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.21 | 公開 2017.12.21

和楽器の音色に耳を傾けて。東京・高輪「泉岳寺門前紋屋」で天然地魚を堪能

東京・高輪の泉岳寺境内にある「泉岳寺門前紋屋(せんがくじもんぜんもんや)」は、魚津港直送の天然地魚など、富山県の食材に特化した日本料理店。やさしい味付けで丁寧に調理し、美しい器に盛り付けられた季節感たっぷりな懐石料理を、カジュアルに食べることができるお店です。

洗練された和空間で満喫する季節感あふれる料理

和楽器の音色に耳を傾けて。東京・高輪「泉岳寺門前紋屋」で天然地魚を堪能の1番目の画像

東京・泉岳寺にある「泉岳寺門前紋屋(せんがくじもんぜんもんや)」は、富山の食材を使った日本料理店です。

泉岳寺参道近くのビルの間に忽然と現れる、竹垣と敷石の路地。夜には灯篭がほんのりと足元を照らしてくれます。テーブル3台、テーブル個室6部屋、カウンター7席あり、全てイス席。坪庭を眺めながら、ゆったりと食事をすることができます。

大使館のゲストハウスとして建てられた上品なたたずまい

和楽器の音色に耳を傾けて。東京・高輪「泉岳寺門前紋屋」で天然地魚を堪能の2番目の画像

「泉岳寺門前紋屋」は、東京都に4店舗を展開する「紋屋」の基幹店。富山から直送された地魚やお米などを使い、水や調味料も厳選されたこだわりのものを使っています。

大使館のゲストハウスとして建てられた和洋折衷の建物を改装して、2007年にオープンしました。1階にはゲストハウスの時からあった薪ストーブがあり、冬はビジュアル的にも暖めてくれます。

お茶漬けも楽しめる秋限定「穴子とろろ御膳」

和楽器の音色に耳を傾けて。東京・高輪「泉岳寺門前紋屋」で天然地魚を堪能の3番目の画像

七輪の炭火でじっくりと焼き上げた穴子は、脂がのっていて肉厚。香ばしい焦げ目がつき、身はしっとりふわふわです。

自家製のタレととろろをかけ、白髪ねぎやわさびなどの薬味を加えながら食べます。出汁が添えてあるので、最後はお茶漬けで2度楽しめる御膳。天ぷらなどの魚料理、お汁、自家製の香の物も付いています。

冬の海の幸がたっぷりと入った「ズワイガニ湯葉雑炊」

和楽器の音色に耳を傾けて。東京・高輪「泉岳寺門前紋屋」で天然地魚を堪能の4番目の画像

冬季に1日8食だけ提供される限定メニュー、「ズワイガニ湯葉雑炊」。ひとつひとつ土鍋で炊きあげられています。冬の北陸と言えばズワイガニ。富山のズワイガニをふんだんに使い、湯葉もたっぷりと入った贅沢な雑炊です。

蓋を開けると、湯気とともに広がる三つ葉の香り。土鍋から茶碗に取り分けながら食べるアツアツな雑炊は絶品です。

また、富山県産を中心とした日本酒や焼酎、熊本県産の辛口シャルドネなどのワイン、ウィスキーなど、日本食に合うお酒も豊富に取りそろえられています。季節を感じる料理とともに、一杯飲んでみてください。

和楽器の生演奏がある土曜夜はぜひ予約して

和楽器の音色に耳を傾けて。東京・高輪「泉岳寺門前紋屋」で天然地魚を堪能の5番目の画像

「泉岳寺門前紋屋」では、御膳以外に本格的な懐石料理もあるので、大切な日の食事に利用する人も多いそう。個室はかなり早めに満席になるので、予約必至です。

2017年3月からは、毎週土曜日の夜に、週替わりで琴や篠笛などの生演奏が始まりました。和楽器の生演奏を聴きながら食べる懐石料理は、日常では味わえない贅沢。

お店は、阪神京急線・都営浅草線の「泉岳寺」A2出口から徒歩2分。泉岳寺参道のすぐ近くに路地の入口があります。

高級住宅街にある異空間で、季節感いっぱいの懐石料理を堪能してください。

スポット情報

泉岳寺門前紋屋

泉岳寺門前紋屋

東京都港区高輪2-11-6

03-5447-1333

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事