おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.25 | 公開 2017.11.25

特別な日の贅沢を彩る職人技。浅草「鮨 松波」でいただく珠玉の江戸前鮨

東京・浅草にある「鮨 松波」は、江戸前鮨が食べられるお店。店主自ら仕入れた築地市場の新鮮ネタの握りを中心とし、お造りや一品料理を厳選したお酒と一緒に楽しめます。落ち着いた店内で、大将の江戸前鮨に対する信念である素材を生かした料理が味わえるお店です。

“鮨”の文字と粋なのれんがお出迎え

特別な日の贅沢を彩る職人技。浅草「鮨 松波」でいただく珠玉の江戸前鮨の1番目の画像

「鮨 松波」は、東京・浅草に店舗を構える江戸前鮨のお店。大将の真摯なおもてなしに、一人でも気軽に訪れることができ、落ち着いた雰囲気の店内です。

店舗入り口に飾られたのれんには「鮨」の文字。店内に入ると玉砂利の空間があり、高級感が漂います。2Fへ上がると、カウンターの向こうに立つ大将のやさしい笑顔が出迎えてくれるでしょう。白木のカウンター席に座り、大将の包丁さばきを目の前に、おいしいお酒と本格一品料理の数々を堪能できます。

創業50年の江戸前鮨! 隠れ家的な雰囲気の老舗

特別な日の贅沢を彩る職人技。浅草「鮨 松波」でいただく珠玉の江戸前鮨の2番目の画像

店名の由来は、大将の本名だという。創業50年の江戸前鮨のお店は、その日に店主自ら仕入れた築地市場の新鮮な魚介を、ていねいに調理し、口の中でほどけるような感覚の一品を提供しています。

大将のさりげないひと手間の中に光る、熟年の技。素材の持ち味を生かすのが江戸前流、という信念を貫く老舗の味は、地元の人はもちろん、遠くからみえる常連さんなど、お店を訪れる人々を魅了しています。

「ヒラメ」の美しい流線型は固めのシャリによく合う

特別な日の贅沢を彩る職人技。浅草「鮨 松波」でいただく珠玉の江戸前鮨の3番目の画像

肉厚でしっとりとした「ヒラメ」には、しっかりした食感の中に鮮度のよさを感じます。白身を代表する魚のヒラメは、身が引き締まっていてクセがなく上品なため、はじめの一皿にふさわしいメニュー。年齢を問わずに親しまれやすい淡白な味わいです。

艶のある選りすぐりの赤身が美味! 「マグロ」

特別な日の贅沢を彩る職人技。浅草「鮨 松波」でいただく珠玉の江戸前鮨の4番目の画像

自慢のたれを刷毛で塗った照りのある「マグロ」。熟成された本鮪の赤身をいただきます。

さっぱりとした筋肉質な味わいで、噛むほどに溢れだす本鮪の旨味が口の中で広がるでしょう。メインにふさわしい濃厚な味わいです。何を頼むか迷ったら、大将に任せてお好みの酒に合わせてゆっくりお食事できます。新鮮な握りを心ゆくまで楽しんでください。

本格的な一品料理の数々を堪能できる

特別な日の贅沢を彩る職人技。浅草「鮨 松波」でいただく珠玉の江戸前鮨の5番目の画像

新鮮なヒラメやマグロを堪能したら、ほかの旬のネタも味わってみましょう。

ほんのりと甘い「タマゴ」に加え、お店でじっくり時間をかけて仕込む「酒蒸しアワビ」、煮汁を4~5日煮詰めてふっくらさせた「アナゴ」など、時期によってさまざまなネタを取り揃えています。また、江戸前鮨以外の料理も、本格的な味わいのお店です。素材の味を生かした料理に、好みのお酒を合わせて、ゆったりとした大人の時間を楽しみましょう。

お店は、東京メトロ銀座線「田原町駅」から国際通りを過ぎて東へ徒歩5分ほど、東京メトロ・都営地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草駅」からは隅田川を南下して徒歩5分ほどの場所にあります。落ち着いた雰囲気で本格江戸前鮨をゆっくり味わうには、夕方5時ころにお店を訪れるとよいでしょう。

スポット情報

鮨 松波

鮨 松波

東京都台東区駒形1-9-5

03-3841-4317

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事