おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.19 | 公開 2017.11.19

目と舌で楽しめる和カフェ!「山種美術館 カフェ椿」の美麗和菓子

東京・恵比寿にある山種美術館は、日本で初めての日本画専門美術館。その1Fにあるのが「カフェ椿」です。和菓子の老舗「菊屋」が手がける「カフェ椿」限定のオリジナルメニューをご紹介します。

美術館内にある、静かで落ち着く空間

目と舌で楽しめる和カフェ!「山種美術館 カフェ椿」の美麗和菓子の1番目の画像

「カフェ椿(ツバキ)」は、東京・恵比寿にある山種美術館の1Fエントランスの近くにあります。開放感たっぷりの店内では、美しく並ぶイチョウ並木を眺めながら、くつろぎの時間を過ごすことができます。店名は、山種コレクションの中でも特に人気がある、速水御舟《名樹散椿》(重要文化財)から名付けられました。

カフェで提供される和菓子は、青山の老舗菓匠「菊屋」にオーダーしたオリジナル。定番の商品に加え、展覧会の作品をモチーフにした色とりどりの味わい深い和菓子が、期間限定でいただけます。

老舗巨匠が再現!まさにアートな和菓子

目と舌で楽しめる和カフェ!「山種美術館 カフェ椿」の美麗和菓子の2番目の画像

展覧会ごとの出品作品から、花や果物、動物のモチーフに作られた、お店限定の和菓子はまさにアートな一品です。色とりどりで美しい和菓子は食べてしまうのがもったいないほど。展示の見たあとに食べると、より作品の余韻に浸れそうです。

また、和菓子以外にも素材や季節感にこだわった女性に優しいメニューもあります。コラーゲンボールをつけられる「美肌にゅうめん」や、美術館創立者が米問屋から財をなしたことにちなんだ「米粉のチーズケーキ」など。さらに、京都の「スマート珈琲」を飲めるのも都内ではここだけ。

美術鑑賞の余韻のひとときを「カフェ椿」で!

目と舌で楽しめる和カフェ!「山種美術館 カフェ椿」の美麗和菓子の3番目の画像

山種美術館「カフェ椿」は、JR・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から徒歩約10分のところにあります。比較的空いている、午前中や夕方に訪れるのがおすすめ。

イタリアのカッシーナ・イクスシー社特注の家具にも注目。作品モチーフの美しい和菓子とお茶で、美術鑑賞後のゆったりとしたひとときをお過ごしください。

スポット情報

山種美術館 カフェ椿

山種美術館 カフェ椿

東京都渋谷区広尾3-12-36 山種美術館ロビー併設

090-5202-7887

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事