おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.28 | 公開 2017.11.28

自慢のカクテルに酔いしれる。隠れ家ダイニングバー「老松町 RABbit」の絶品グルメ

大阪・西天満にある「老松町 RABbit(ラビット)」は、オリジナルカクテルが自慢の隠れ家的なダイニングバー。くつろぎの空間で美味しい料理とお酒を堪能することができます。ひとりでのサク飲みや女子会など、さまざまなシーンにぴったりな「老松町 RABbit」の魅力に迫ります。

長屋を改装したくつろぎの空間が広がるお店

自慢のカクテルに酔いしれる。隠れ家ダイニングバー「老松町 RABbit」の絶品グルメの1番目の画像

大阪・西天満にある「老松町 RABbit(ラビット)」は、情緒ある長屋を改装したダイニングバー。時間がゆったりと流れるような落ち着きのある空間で、自慢の料理とオリジナルカクテルが堪能できるお店です。

1Fのカウンター席では、1人でもくつろいで過ごすことができます。また、10~20名で利用可能な完全個室もあるので、大切な人の記念日や女子会、大人のパーティーにもぴったりです。

盛り付けがおしゃれ! 地元で愛されるお店

自慢のカクテルに酔いしれる。隠れ家ダイニングバー「老松町 RABbit」の絶品グルメの2番目の画像

「老松町 RABbit」は、オープン以来、地元で愛されてきたお店。店名の由来は、オーナーがうさぎ年生まれであることから、ラビットにちなんで付けられました。「RABbit」を反対から読むとBARとなるなど、別のこだわりも含まれています。

料理は、単品からおまかせのコース料理まで、種類も豊富。盛り付けもおしゃれで、思わず写真を撮りたくなります。ドリンクメニューも、オリジナルカクテルやワイン、ウイスキーなど充実しています。

贅の極み! 厚切りの国宝マンガリッツァポーク

自慢のカクテルに酔いしれる。隠れ家ダイニングバー「老松町 RABbit」の絶品グルメの3番目の画像

お店のおすすめメニューは、「ハンガリーの国宝マンガリッツァポークの厚切りロースト(税込 1,560円)」。ハンガリーの国家遺産として認定された「マンガリッツァポーク」を厚切りにローストした贅沢な逸品です。

濃厚な赤身とハンガリーの厳しい寒さのなかで培った上質な脂肪が特徴で、口のなかで上品にとろける食感がたまりません。ビタミンやミネラルなど、栄養が豊富なのも嬉しい。

極上の食感! 「ポルチーニ茸のふんわりオムレツ」

自慢のカクテルに酔いしれる。隠れ家ダイニングバー「老松町 RABbit」の絶品グルメの4番目の画像

フランスの伝統的な作り方でふんわりと仕上げた「ポルチーニ茸のふんわりオムレツ(税込 1,260円)」もおすすめです。ふわとろの食感と、発酵バターの風味は、一度食べると病みつきになるでしょう。

ドリンクのシェフとも言われるミクソロジストが作る「フレッシュフルーツカクテル」も自慢の逸品です。リキュールを使わず、果実にハーブやお酒を加えた本格的な味わいが特徴のカクテル。旬のフルーツを使った10種類ほどのメニューから選ぶことができます。

厳選素材で作る美味しい料理やカクテルが楽しめる

自慢のカクテルに酔いしれる。隠れ家ダイニングバー「老松町 RABbit」の絶品グルメの5番目の画像

くつろぎの空間で素材にこだわった料理が楽しめる「老松町 RABbit」。ドリンクのシェフ特製の、旬のフルーツや野菜などをブレンドしたオリジナルカクテルを片手に、日常の喧騒を忘れてまったりと酔いしれることができます。

料理やカクテルに使う素材は、オーナーが厳選して産地直送で仕入れるなど、本格的な味わいを堪能してもらうことにもこだわっているお店です。仕入れ状況によって、日ごとにさまざまなメニューも楽しめます。

「老松町 RABbit」は、OsakaMetro谷町線「東梅田駅」またはJR東西線「北新地駅」から歩いて約7分の場所にあります。細い路地の奥にあり、ウサギの看板が目印です。居心地のよい空間で、美味しい料理とカクテルを楽しんでみませんか。

スポット情報

老松町 RABbit

老松町 RABbit

大阪府大阪市北区西天満4-12-17

06-6361-0088

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事