おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.11.20 | 公開 2017.11.20

昔ながらの優しい甘さ。 伝統の和菓子店「雪華堂 赤坂店」の甘納豆

創業は明治12年。老舗「雪華堂 赤坂店」の和菓子を、食べたことはありますか?代表作である甘納豆の昔ながらのやさしい甘さに、ほっこりと癒やされます。お土産や自分へのごほうびにしたい、おすすめの和菓子をご紹介します。

明治12年創業の老舗。徳川慶喜公が名前の由来

昔ながらの優しい甘さ。 伝統の和菓子店「雪華堂 赤坂店」の甘納豆の1番目の画像

東京・赤坂。赤いのれんが目印の「雪華堂 赤坂店」は、創業は明治12年の老舗和菓子店です。立地柄、業界人のお土産などにも使われ、昔も今も人々に愛されています。

徳川慶喜公がこの店の金平糖を食べた時に「雪の華のようだ」と表現されたそう。その言葉が店名の由来となった「雪華堂」。先人たちから伝えられてきた伝統を守り、吟味した「味」を積み上げてきたからこそ、現代人の私たちにも届く老舗の名店となりました。

職人の丁寧な技が光る「半生甘納豆」

昔ながらの優しい甘さ。 伝統の和菓子店「雪華堂 赤坂店」の甘納豆の2番目の画像

この店の代表作はこちらの「甘納豆」。代々受け継がれた伝統の釜上げ製法で作られ、完成までになんと5日間を費やします。

材料は豆・砂糖・水飴の3種類のみ。ゆっくり・じっくりと豆に甘さを染み込ませていきます。シンプルだからこそ、匠の技術と想いが伝わります。そのしっとりとした半生食感は、夢中になってしまいそう。

赤坂店限定! これを食べれば福が来る? 「七福どら焼き」

昔ながらの優しい甘さ。 伝統の和菓子店「雪華堂 赤坂店」の甘納豆の3番目の画像

赤坂店限定の「七福どら焼き」。七福神に見立てられた7種類(大納言・うぐいす・とら豆・お多福・白花・黒豆・栗)の甘納豆。こちらを練り込んだ特製あんで作られています。

とてもボリューミーなどら焼きで食べ応えも十分! ここでしか食べられない味なので、ぜひお試しください。

季節に合わせて味わえる伝統の和菓子

昔ながらの優しい甘さ。 伝統の和菓子店「雪華堂 赤坂店」の甘納豆の4番目の画像

旬の食材を使った和菓子はもちろん、お歳暮など季節に合わせた利用もできます。変わらない味を求めて、新しい味を求めて、何度でも訪れたくなるお店です。

東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩3分。駅から近いこともうれしいポイントです。お土産に、そして自分へのご褒美に。「雪華堂 赤坂店」で現代に伝わる、伝統の名菓を味わってください。

スポット情報

雪華堂 赤坂店

雪華堂 赤坂店

〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-6

03-3585-6933

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事