おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.04.09 | 公開 2018.04.09

あなたもアーティスト気分!? 新しいアート・音楽・食の発信地「THE A.I.R BUILDING」

日本橋に新しく登場した「THE A.I.R BUILDING」のコンセプトは「アーティストが住みついたビル」。一棟ビル全体がアート・音楽・食を発信する、日本橋の新しい文化スポットです。

アーティストの日常生活を疑似体験

あなたもアーティスト気分!? 新しいアート・音楽・食の発信地「THE A.I.R BUILDING」の1番目の画像

日本橋に新しく登場した「THE A.I.R BUILDING」は、全く新しいアートスポット。A.I.Rとは「Artist in Residence(アーティスト・イン・レジデンス)」という意味で、“アーティストが住みついたビル”をコンセプトに、ビル全体でアート・音楽・食を発信します。

そもそも、「THE A.I.R BUILDING」のビルは築60年のオフィスビルを「Gilles(ジャイルス)というNY出身の架空のジャズミュージシャンが1970年代に住んでいた。」というストーリーをイメージしてリノベーションしたもの。それぞれのフロアでアーティストの生活を表現していて、訪れるだけでアーティストの生活を疑似体験できます。

フロアごとに異なる創造の場

あなたもアーティスト気分!? 新しいアート・音楽・食の発信地「THE A.I.R BUILDING」の2番目の画像

地下1階の「BASEMENT」は、ギャラリーになったりDJやバンドのライブ演奏の会場になったりと、インスピレーションを感じられる感性の場。

1階「PUBLIC SPACE」はアーティストのラウンジ兼キッチンをイメージし、アートと食を融合させたカフェになっています。目玉はお茶のスペシャリストがプロデュースする世界最高ランクの紅茶を扱うティーブランド「LUVOND TEA」の紅茶。さらに、カジュアルに楽しめるパンケーキやサンドイッチなどもあり、アートに触れながら会話を弾ませる人々にあふれています。

2階の「LOFT」はアーティストのワークスタジオ兼レジデンス(住居)として作られていて、さらにブランドのポップアップショップ、撮影のロケーションなどに活用できます。

3階の「BOX OFFICE」はコワーキングスペース。東京で働くクリエイターやノマドワーカーの拠点として、新しい出会いを生み出し、可能性を育むスポットになっています。

文/萩原かおり

スポット情報

THE A.I.R BUILDING

THE A.I.R BUILDING

東京都中央区日本橋本町3-2-8

03-6264-9265

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事