おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.02 | 公開 2017.12.02

創業100年超! 明治の元勲も味わったハイカラ洋食の味を守る「洋食 小春軒」

江戸情緒がいまだに残る東京・人形町で、明治45年から店を構える「洋食 小春軒(こはるけん)」。明治の元勲、かの山縣有朋のお抱え料理人が開いたこのお店は、明治時代の最先端を今に伝える老舗。「元祖 カツ丼」を筆頭に、明治・大正のロマンを感じられるお店です。

レトロな店内。この雰囲気も味わいのひとつ

創業100年超! 明治の元勲も味わったハイカラ洋食の味を守る「洋食 小春軒」の1番目の画像

江戸情緒残る東京・人形町にある「洋食 小春軒(こはるけん)」は、明治45年から洋食を提供している老舗です。多くの老舗がひしめく人形町でいつも多くの人でにぎわい、当時の最先端を今に伝えています。

お店は現在、ビルの1階に構えています。入口のドアには年季の入ったメニュー表がかけてあり、一見すると小さな食事処といった風情。ドアのガラス部分はステンドガラス調になっており、レトロな印象です。

「気どらずおいしく」ハイカラ洋食を平成の世で味わう

創業100年超! 明治の元勲も味わったハイカラ洋食の味を守る「洋食 小春軒」の2番目の画像

「洋食 小春軒」は明治の元勲、内閣総理大臣も務めた山縣有朋のお抱え料理人だった小島種三郎氏が開いた洋食店です。自身の苗字と妻の名から一字ずつとって「小春軒」と名づけたそう。

創業100年を超え、現在は三代目と四代目がお店を切り盛りしています。初代から受け継がれる「気どらずおいしく」のモットーのもと、明治・大正・昭和の味を守り、受け継いでいます。

「今食べている同じものを、かの山縣有朋も食べていたのかも?」と思いを馳せると、歴史のロマンを感じます。

すべてのカツ丼の元祖! カツ丼の概念が大きく変わる?!

創業100年超! 明治の元勲も味わったハイカラ洋食の味を守る「洋食 小春軒」の3番目の画像

この店イチオシのメニューは、元祖「カツ丼」。日本で初めてトンカツをご飯の上にのせ提供したとされる「洋食 小春軒」のカツ丼は、今では幾多もある中の、正に源流です。

出てきて驚くのは、一般的なカツ丼のイメージと大きく違うことでしょう。ここのカツ丼には目玉焼きとさいの目に切られた野菜がゴロゴロとのっており、カツはその下に隠れています。

割り下とデミグラスソースで炒められた野菜は甘く、和と洋が絶妙に融合しています。半熟の卵の黄身にからめながら食べるカツ丼は、これのために遠方から足を運ぶ人がいることも大きく納得できる一品です。

二度目の訪問ではぜひ「特製盛り合わせ」を

創業100年超! 明治の元勲も味わったハイカラ洋食の味を守る「洋食 小春軒」の4番目の画像

「カツ丼」に隠れてしまいがちですが、「特製盛り合わせ」も昔からの名物メニュー。エビフライ・白身魚フライ・一口カツ・メンチカツ・イカとカジキマグロのバターソテーにサラダとご飯が付いてくる、てんこ盛りの一品です。

そのほか、期間限定のフライやバター焼きなどもあります。期間限定のメニューは行ってみてのお楽しみ。冬にはカキが出ることもあるようです。

「作り置きはしない」との心意気に感じる、明治の「粋」

創業100年超! 明治の元勲も味わったハイカラ洋食の味を守る「洋食 小春軒」の5番目の画像

お店では作り置きは一切していません。すべて注文を受けてから作るので、カツ丼もフライもできたてアツアツ。「作りたてを食べてもらいたい」という心意気は、初代から受け継がれたもの。

できたてにこだわる以上、チキンライスを作り置きしておかなければならないオムライスは出していません。守るべき部分を守るためにブレないポリシーを持つことが、100年以上愛される秘訣といえます。

「洋食 小春軒」へは、東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「人形町駅」から徒歩2分。東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」からも徒歩5分でアクセスできます。食べると日本の近代史も感じることができる「洋食 小春軒」の料理。味わいに足を運んでみてください。

スポット情報

洋食 小春軒

洋食 小春軒

東京都中央区日本橋人形町1-7-9

03-3661-8830

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事