おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.03 | 公開 2017.12.03

お抹茶からフレンチまで。京都・河原町「福寿園 京都本店」で日本茶を通して”文化”に触れる

京都・河原町にある「福寿園 京都本店」は、お茶はもちろんスイーツやフレンチまで堪能できる日本茶の老舗です。格式高く上品な雰囲気の中で、京都らしさも感じながら過ごすことのできる空間は贅沢そのもの。一度は訪れてみたい「福寿園 京都本店」の魅力を紐解きます。

日本茶を余すことなく堪能できる老舗の総合ビル

お抹茶からフレンチまで。京都・河原町「福寿園 京都本店」で日本茶を通して”文化”に触れるの1番目の画像

趣ある深い木の色が印象的な外観の「福寿園 京都本店」は、京都市内中心部の四条通に面する言わずと知れた日本茶の老舗です。フロアは地下1階から6階まで利用することができ、それぞれのフロアで異なるサービスを提供しています。

お茶を購入するだけでなく、スイーツやフレンチ、茶道の作法を学んだり自分好みのお茶をブレンドしたりもできます。日本茶のかぐわしい香りに包まれながら過ごすひと時は、京都らしさも感じられるでしょう。

「京の茶蔵」で自分好みのお茶をオーダーメイド

お抹茶からフレンチまで。京都・河原町「福寿園 京都本店」で日本茶を通して”文化”に触れるの2番目の画像

地下1階の「京の茶蔵」は好みのお茶を作れるよう、プロ仕様の拝見場や機器を揃えた工房です。お茶は嗜好品であり年代と共に味わいを深めるもの、というコンセプトのもと、熟成した年代物のお茶を楽しむことができます。

さわやかな香りが特徴の「玉露(100g)」(10,000円)、濃厚で広がりがある味わいが特徴のかぶせ茶「和束うじひかり(100g)」(3,000円)、フレッシュな旨みと華やかな香りが特徴の煎茶「和束やまかいろ(100g)」(3,000円)など、多彩なお茶が取り揃えられています。

「京の茶寮」で味わう和スイーツははんなり京のお味

お抹茶からフレンチまで。京都・河原町「福寿園 京都本店」で日本茶を通して”文化”に触れるの3番目の画像

2階の「京の茶寮」では、伝統的な市松模様をモチーフにした斬新な空間の中で、本格宇治茶スイーツがいただけます。壁面には桂離宮の笑意軒腰壁をモチーフとした本金銀箔による装飾パネルの中心に、人間国宝・中川清司氏による神代杉細工をはめており、贅沢な内装です。

おすすめメニューは「抹茶クリームパフェ~抹茶・ほうじ茶ゼリー入り~」。宇治抹茶を豊富に使用したクリームは、奥行きのある甘さで心地よい余韻を残します。スッキリとした甘さのゼリーやマンゴーアイス、彩りの鮮やかなフルーツとともに楽しみましょう。

和とフレンチのコラボ「京の茶膳 シェ・ナカノ」

お抹茶からフレンチまで。京都・河原町「福寿園 京都本店」で日本茶を通して”文化”に触れるの4番目の画像

3階にある「京の茶膳 シェ・ナカノ」は、日本茶とフランス料理との出会いによる新しい食文化を創出しています。平安の洛中にかかる霞のような風雅さを、サクラ材の床材の中に葛石と小端立ての小石をはめて表現した、風情ある内装が印象的です。壁面には人間国宝・羽田登喜男氏による友禅の作品が納められています。

おすすめ料理は「海の幸の盛り合わせ 抹茶と共に」。全て生で食せる新鮮な素材の味を最も活かせる調理法を用いて、素材の旨み甘みとソースの酸味、さらに抹茶の旨みと香りのマリアージュが楽しめる逸品です。

本当においしいお茶を楽しめる手法満載な贅沢空間

お抹茶からフレンチまで。京都・河原町「福寿園 京都本店」で日本茶を通して”文化”に触れるの5番目の画像

自宅でも本当においしいお茶を楽しく淹れられるよう、4階の「京の茶庵」の茶室「無量庵」では茶道を学ぶこともできます。抹茶体験(2500円)は、本格的な茶室で茶道のマナーや抹茶のいただき方を体験できると好評です。

「福寿園 京都本店」は外国人の利用も多く、観光シーズンになるとフロアによっては一日の来店が外国人のみの日もあるそう。4階で和ろうそくの灯りのもと、お茶会を楽しんだ後に3階でディナーをいただく「夜のお茶会コース」(10,000円)もあります。一日を通して日本の伝統に触れながら、おいしい料理やスイーツを楽しめる京都らしい空間です。

京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」から鴨川方面へ四条通沿いに徒歩5分、富小路通との交差点にあります。市内中心部にあるので京都観光の間に訪れてみるのもおすすめです。老舗で味わう日本茶と京の味覚で、ほっと一息つきましょう。

スポット情報

福寿園

福寿園

京都府京都市下京区四条通富小路角

075-221-6170(B1F 京の茶蔵)、075-221-6172(2F 京の茶寮)、075-221-6173(3F 京の茶膳 シェ・ナカノ)、075-221-6174(4F 京の茶庵)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事