大人のトラベル&カルチャー動画マガジン

おでかけ・旅行

2016年10月30日更新

芸術の秋に訪れたい名物アート! 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」でも人気の”空間絵本”の作品。山村の廃校をそのまま使っており、五感で体験できるアートは迫力満点。時期ごとに開催される企画展や地元食材を使ったカフェレストランも内設。

巨大なアートに生まれ変わった小学校

芸術の秋に訪れたい名物アート! 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館の1番目の画像

新潟県十日町市の鉢集落にある、「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」は、2005年に廃校になった真田小学校が、2009年、空間絵本美術館として生まれ変わりました。美術館は丸ごと、絵本作家の田島征三さんが長年思い描いてきた絵本の世界を表現したもの。

大胆に空間を使ったアートで感覚が研ぎ澄まされる

芸術の秋に訪れたい名物アート! 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館の2番目の画像

『学校はカラッポにならない』というタイトルの絵本の世界の主人公は、実際に真田小学校の在校生であったユウキ、ユカ、ケンタの3人。体育館に足を踏み入れた瞬間、流木や木の実を使ったダイナミックな絵本の世界に圧倒されます。一つ一つの教室を進んでいくうちに次第に、発見や驚き、純粋な好奇心をくすぐられ、次は何が出てくるのかというワクワクした気持ちに。学校に棲みつき、みんなの夢を食べるオバケ「トペラトト」や夢を潰すオバケ「ドラドラハン」と繰り広げられるハートフルなストーリーに、最後は思わず、ほっこりどこか懐かしくて切ない感覚を味わえるはず。

また、この”空間絵本”の作品の他にも、季節ごとの企画展や、職員室を利用したカフェレストランで、地元「鉢」集落のお母さんが育てた野菜を使ったオリジナルメニューが人気の「Hachi Café」など、見ごたえは十分。ゆっくり滞在できる美術館となっています。

まだ間に合う! 越後妻有 大地の芸術祭の里2016 秋 オススメアート3選

まだ間に合う! 越後妻有 大地の芸術祭の里2016 秋 オススメアート3選

イベント・ニュース

あわせて行きたい!

自然と食とアートに酔う一夜を!「Echigo-Tsumari Art Camp 2016」

自然と食とアートに酔う一夜を!「Echigo-Tsumari Art Camp 2016」

イベント・ニュース

店舗情報

店名絵本と木の実の美術館
TEL・予約025-752-0066
住所 新潟県十日町市真田甲2310−1
アクセス

JR飯山線、北越急行ほくほく線「十日町駅」から車で15分
路線バス「十日町駅前」~「鉢」行き 南越後観光バス株式会社

営業時間

4月~9月10:00~17:00(最終入館16:30) 10月~11月 10:00~16:00

定休日

水木曜(8月は3(水)、24(水)、31(水)のみ休館) 臨時休館9月12日(月)~16日(金)

URLhttp://ehontokinomi-museum.jp/
価格帯

企画展:大人700円 小中学生300円(10月3~4日大人500円小中学生250円)

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事