おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.12.06 | 公開 2017.12.06

意外とシンプル! エナメル靴のお手入れ法

水には比較的強く、乾燥には弱いという特徴を持つエナメル。女性の靴に多用される素材でもあります。レザーシューズと同様、こまめなお手入れをするのが理想的ですが、適切なお手入れ方法は意外と知られていません。実は、エナメルのお手入れはレザーよりずっとシンプルで手軽。ぜひ、日常のお手入れに取り入れてみましょう。

お手入れ次第でエナメル製品がもっと長持ち!

意外とシンプル! エナメル靴のお手入れ法の1番目の画像

光沢感が特徴のエナメル素材。パンプスやローシューズなど、さまざまなデザインの靴に使われている素材です。水には比較的強く、乾燥には弱いという特徴を持っています。

革靴と同様、エナメル靴もきちんとお手入れをしておくのがおすすめ。普段からお手入れをしておくと、光沢感が損なわれないなど、さまざまなメリットがあります。

ただし、間違った方法でお手入れしてしまうと、エナメルにダメージを与えかねません。正しいお手入れ方法をマスターして、お気に入りのエナメル靴を長く愛用しませんか?

お手入れに欠かせない道具は2つだけ

意外とシンプル! エナメル靴のお手入れ法の2番目の画像

エナメル靴のお手入れに準備するものは、2枚の布と水だけ。どこの家庭にもある身近なものなので、すぐにでも実践できます。

布は、やわらかい素材の物がおすすめです。硬めの布の場合、エナメルを傷つけてしまうことがあります。

表面がなめらかな布を選ぶことも大切。ガーゼ素材のようなキメが細かくやわらかい素材を使いましょう。

手に布を巻きつける

意外とシンプル! エナメル靴のお手入れ法の3番目の画像

まず、布を手に巻き付けます。人差し指と中指、薬指の3本の指にしっかりと巻きつけましょう。その時、手のひら側に極力シワがよらないように、きつく巻きつけるのがコツです。

手のサイズに合うように布をカットしておくと、お手入れがしやすくなります。巻き終わりを親指と人差し指の間に挟んで、布がヨレないようにしっかりと固定して、お手入れの準備は万端!

ピカピカに磨くコツ

意外とシンプル! エナメル靴のお手入れ法の4番目の画像

2枚用意した布のうち、1枚は水で湿らせて、もう1枚は乾いたままにしておきます。

まずは湿らせた布で、エナメル靴をやさしく磨いていきます。湿らせすぎてしまうと、靴が濡れてしまうので適度に湿らせてください。

磨くのにあまり力を入れすぎてしまうと、靴の形が崩れたり、傷がついてしまったりする可能性があるので、注意が必要です。濡れた布で磨いた後は、乾いた布に持ち替えて磨きます。この2つの作業を繰り返していくだけで、お手入れは完了です。

エナメル靴は乾燥に弱いため、お手入れをせずに放っておくとひび割れの原因になることがあります。こまめにお手入れをすれば、お気に入りの靴を長く愛用できます。

仕上げには、つい防水スプレーを使いたくなることがありますが、エナメルにはタブー。シミの原因になる可能性があります。仕上げには、エナメル専用のクリーナーを使うことをおすすめします。季節の変わり目や、ちょっとした時間に、エナメル靴のお手入れをしてみてください。
監修:THE BAR by Brift H(BLOOM&BRANCH)

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事