おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.12.16 | 公開 2017.12.16

ワンスプーンの華やかデザート。ほろ苦濃厚「ガナッシュチョコレート」のレシピ

ワンスプーンでおしゃれに仕上げるガナッシュチョコレートのレシピはとっても簡単! ちょっとしたパーティーなどのおもてなしにもおすすめの、ワンスプーン「ガナッシュチョコレート」のレシピをご紹介します。

パーティーを盛り上げるレシピ

ワンスプーンの華やかデザート。ほろ苦濃厚「ガナッシュチョコレート」のレシピの1番目の画像

ほろ苦く濃厚な甘みが魅力のガナッシュチョコレートは、生クリームとチョコレートが合わさった子どもも大人も大好きなメニューのひとつ。ちょっとしたホームパーティーやおもてなしメニューとしてもおすすめです。パーティーの雰囲気をより華やかにするべく、おしゃれに盛り付けるのも大切な工程です。

スプーンを使って仕上げるワンスプーンガナッシュチョコレートは、ひと口で食べられるのもうれしい魅力。見た目もおしゃれなワンスプーン「ガナッシュチョコレート」を作って、おもてなしに花を添えましょう!

チョコレートと生クリームを湯煎にかける

ワンスプーンの華やかデザート。ほろ苦濃厚「ガナッシュチョコレート」のレシピの2番目の画像

チョコレートと生クリームをボウルに入れて、温めた鍋にボウルを入れます。鍋とボウルのサイズ感に気をつけて、お湯がボウルに入ってしまわないようにしましょう。

お湯がボウルに入ってしまうと、分離してしまうことがあるので、材料を入れる前にサイズ感を確認しておくと安心です。温度が高すぎても分離の原因になるため、弱火から中火くらいを意識しましょう。

ゴムベラなどを使って全体をやさしく混ぜ合わせます。チョコレートがすべて溶けて生クリームとムラなく混ざったら、湯煎から外しましょう。

冷蔵庫で休ませよう!

ワンスプーンの華やかデザート。ほろ苦濃厚「ガナッシュチョコレート」のレシピの3番目の画像

湯煎から外したガナッシュチョコレートは、冷蔵庫に入れて少し休ませます。冷蔵庫で休ませることでだんだんと固まってくるので、頃合いをみて冷蔵庫から取り出しましょう。固まりすぎてしまうと、絞り袋で絞れなくなってしまうので、時々チェックしておくと失敗知らずです。

ほどよい固さになったら冷蔵庫から取り出し、絞り袋に詰めます。休ませている間に、好みの金口を選んで絞り袋にセットしておくとスムーズです。

おしゃれに仕上げて完成!

ワンスプーンの華やかデザート。ほろ苦濃厚「ガナッシュチョコレート」のレシピの4番目の画像

一口サイズのスプーンを数本用意し、その上にガナッシュクリームを絞ります。くるっと円を描くように絞りましょう。絞り終わりは力を抜いてスッと上へ持ち上げるようにすると、キレイに仕上がります。

絞り終わったら溶けない粉糖をふって仕上げていきます。最後に好みの冷凍フルーツをのせれば、おしゃれなワンスプーンガナッシュチョコレートの完成! 華やかな印象のアラザンやポップな星のチョコチップなどをトッピングして、クリスマス仕様のチョコレートに仕上げるのもおすすめです。

シンプルな材料で簡単にできるので、お菓子作りが苦手でも安心。簡単なのに、とてもフォトジェニックなスイーツで、子どもと一緒に作るのにもおすすめのレシピです。ガナッシュチョコレートの絞り方を変えて、オリジナリティを演出するのもおすすめ。

クリスマスや誕生日、バレンタインなど、季節のイベントに応じてトッピングを変えて楽しむこともできます。今度パーティーがある際には、ぜひワンスプーンガナッシュチョコレートを作ってみてください。

監修/Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事