おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.12.08 | 公開 2017.12.08

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピ

普段食べているチョコレートとはひと味違うショコラを作ってみませんか?まるで和菓子のような見た目のトリュフショコラの作り方をご紹介します。見た目が可愛く、食べればとろけるスイーツです。

見た目のギャップでサプライズ! スイーツ

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの1番目の画像

見た目と食べた時のギャップはうれしいサプライズ。今回ご紹介するトリュフショコラは、まさしくそんなギャップがおいしいスイーツです。

用意する材料や道具が少なく、少ない作業工程で手軽に作れるのもうれしいポイント。作って楽しく、見た目もかわいらしく、食べれば驚きが感じられる絶品ショコラの作り方をご紹介します。

少ない道具と材料で、レッツクッキング

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの2番目の画像

用意する材料は、チョコレート150g、生クリーム75g、バター7gです。そして、コーティングの材料として、ピスタチオアッシュとアーモンドダイス、フランボワーズパウダーを用意しましょう。生クリームは常温にしておきます。

必要な道具は、湯せんで使う鍋と、同程度のサイズのボウル、材料をかき混ぜるヘラ、そして、チョコレートを固める際に使用するバット、竹串です。

材料を湯せんし、常温の生クリームと混ぜる

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの3番目の画像

はじめに、チョコレートとバターを湯せんにかけていきます。鍋にお湯を入れて、その上に熱伝導率の良いボウルをセット。チョコレートとバターをボウルに入れて溶かしていきましょう。

次に火からボウルをおろして、あらかじめ常温にしておいた生クリームを混ぜていきます。ここでのポイントは、空気が入らないよう、そっと混ぜることです。

冷蔵庫には入れずに常温で冷ます

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの4番目の画像

生クリームが混ざったら、バットに広げて冷ましていきます。後で取り出しやすくするためバットの上にラップを広げ、そこへチョコレートを流し込みましょう。ヘラで平らにならせばバッチリです。

冷ます際は冷蔵庫に入れるのではなく、常温で冷ますのがポイント。そうすることで、チョコレートが固まりすぎず、後で成型がしやすいやわらかさに仕上がります。

お団子のように成型していこう!

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの5番目の画像

チョコレートが固まったら、ラップごとバットから取り出します。等分に包丁でカットしたら、1つずつラップを使って丸めていきましょう。

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの6番目の画像

その際、ギュッと手のひら全体で握ったりしないように気を付けましょう。手のひらの熱で、チョコレートの表面が溶けてしまいます。

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの7番目の画像

ある程度丸まったら、それぞれのトッピングを入れたバットにチョコレートを入れて転がし、コーティングをまぶしましょう。コーティングできたら、再度手のひらで丸く形を整えます。最後に、お団子のように串に刺せば完成です。

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの8番目の画像

今回ご紹介したトリュフショコラは、ピスタチオアッシュのグリーン、アーモンドダイスの白、フランボワーズパウダーの赤色が鮮やかで、3色団子のように仕上がります。

和菓子のような美しさ。お団子みたいな「トリュフショコラ」のレシピの9番目の画像

お茶菓子として出せば、見た目と味のギャップに驚かれることでしょう。トッピングを変えれば、また違う味わいや見た目が楽しめるので、自分好みのトッピングを探すのも良いですね。

監修/Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事