おでかけ動画マガジン

トラベル

公開 2018.09.14

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿

兵庫県・豊岡市、1300年の歴史を持つ名湯地にある「城崎温泉 西村屋ホテル招月庭」。老舗温泉旅館「西村屋」の別館として広大な森林庭園内に建つ、伝統と革新が交差する上質な空間。個性豊かな3つの貸切露天風呂に、和モダンの趣深い客室。但馬の美味も堪能できます。

森林庭園内の和モダン温泉旅館

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の1番目の画像

兵庫県・豊岡市、県内随一の名湯地にある「城崎温泉 西村屋ホテル招月庭(以下、西村屋ホテル招月庭)」は、伝統と革新が交差する、品格漂う温泉旅館。創業150年以上の老舗旅館「西村屋」の別館として建てられており、古くからの歴史を受け継ぎながらも、新しい時代にマッチしたリゾートホテルを造り上げました。

JR「城崎温泉」駅からは旅館組合が運行する無料の送迎バスが運行しています。昔ながらの景観を楽しみながら、ゆっくりとお宿まで散策するのもおすすめです。

自然の中で名湯「城崎温泉」に浸かる

岩盤風呂も備わった貸切露天風呂「森のプライベートスパ」

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の2番目の画像

「西村屋ホテル招月庭」は、リビングルームと岩盤風呂の備わった貸切露天風呂「森のプライベートスパ」を3室有し、そのそれぞれが異なる趣を持ち合わせています。

森林の深い香りに抱かれながら、プライベートな時間を過ごす。リビングにはスパークリングワインとミネラルウォーターが備わっており、こだわり抜かれたラグジュアリーな空間にて、贅沢な温泉体験がゲストを待っています。

「森のプライベートスパ」個性豊かな3室を紹介

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の3番目の画像

ジャパニーズ「吟月」は、森の中にとけ込むような日本の和の空間美を再現した、静閑な造りが特徴。直線的なラインと清潔感のあるリビングに、岩盤風呂は寝椅子タイプを採用しています。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の4番目の画像

バリニーズ「FU-RO」は、バンブーで仕上げた天井や調度品の数々がエキゾチックなバリのリゾートを思わせる空間です。夜になるとライトアップされる竹の輝きにうっとり。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の5番目の画像

100年前のレンガを壁一面に施したチャイニーズ「林泉」は、レトロな雰囲気とそこに馴染む可愛らしいインテリアが人気の一室です。寝型スタイルの岩盤風呂で、全身リラックス。

四季折々の景色を愉しむ 大浴場「月下の湯」

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の6番目の画像

「西村屋ホテル招月庭」自慢の温泉「月下の湯」は、緑豊かな日本庭園に囲まれ、自然のエネルギーが満ちた極楽空間。女湯・男湯ともに、露天風呂やジャグジーバスなど4種類のお風呂が備わっています。

開湯1300年の歴史をもつ「城崎温泉」。胃腸病をはじめ、婦人病やリウマチ、神経病など幅広い効能を持ち、リラクゼーション効果は抜群です。

それぞれ特徴のある女湯・男湯

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の7番目の画像

「月下の湯」では、女湯・男湯それぞれが同じタイプのお風呂を有しながら、少し異なった佇まいをしています。女湯では、中世ヨーロッパをイメージした建築様式の美しいミストサウナに注目。季節ごとに替わるハーブの香りで、アロマテラピー効果も期待できます。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の8番目の画像

半露天のジャグジーバスから外の緑が顔を覗かせる男湯では、さまざまなところに檜が使用され、ウッディな香りが漂います。ミストサウナには大理石が施され、落ち着いた空間に。

スパと温泉の相乗効果が嬉しい

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の9番目の画像

リラクゼーションサロン「風香」は、南のリゾート・バリをイメージした水の音が心地いい本格スパサロン。ゲストに深い安息をもたらすアロマトリートメントは、世界中のセラピストが信頼を寄せる英国で創業170年の老舗「ヴォルドウィン」社のオイルを使用しています。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の10番目の画像

また着衣のまま気軽に利用できるリフレクソロジーも。ふくらはぎ・足裏や、肩のラインなど疲れが出やすい部位を揉みほぐし、すっきりとリフレッシュ。温泉との相乗効果も期待できます。

空間美にうっとり「西村屋ホテル招月庭」の客室

森に囲まれた和のお部屋「庭の棟」

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の11番目の画像

森林庭園内にて、緑豊かな木々に囲まれるようにして建つ「庭の棟」は、グループでの旅行にぴったりの、6名までステイできるお部屋。広さは10畳~12.5畳、和室の襖をあけると濃いグリーンが、室内に爽やかな香りを運びます。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の12番目の画像

床の間には、庭に咲く可憐な花々が丁寧に生けられ、和の季節感を感じる癒やしの空間がゲストをもてなしてくれます。

スタイリッシュな和室「月の棟」

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の13番目の画像

2017年8月にリニューアルオープンした「月の棟」は、城崎温泉街を流れる大谿川に寄り添ったお部屋です。古くから使われてきた伝統的な和の素材や技法に、モダンな要素を融合させた“新しい和室”がコンセプト。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の14番目の画像

従来持つ慎ましやかな美しさをそのままに、よりスタイリッシュな空間にアップデート。広さは約10畳、窓の外には但馬の山々を望めます。

自慢の洋室「コンフォート・スイート」

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の15番目の画像

洋室タイプのお部屋「コンフォート・スイート」は、ホワイトとブラウンを基調としたナチュラルな雰囲気のスイートルーム。2室限定の贅沢な空間は、開放的なツインのベッドルームに、ソファダイニングも備わったリビングスペース、さらにウォークインクローゼットやレインシャワーまで完備されています。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の16番目の画像

“余白を楽しむ”日本独自の美意識と、洋室ながら靴を脱ぐ和室スタイルを採用したことで、旅館ならではの和の空気を併せ持ったお部屋に。

「わんワンハウス」でペットとの旅も安心

「西村屋ホテル招月庭」には、大切なペットが泊まれる「わんワンハウス」が備わっています。中・小型犬専用で、室内はマイナスイオンおよびオゾン発生装置が付いた冷暖房機で常に快適な環境に。

広い庭園内を自由にお散歩したり、ご飯をあげたりと、素敵な時間をワンちゃんと一緒に過ごすことができます。またフロントカウンターには、ハウス内の様子が分かるモニターも。近隣には動物病院もあるので、もしもの時も安心です。

「西村屋ホテル招月庭」で但馬の恵みを味わう

敷地内に建つイタリアンフレンチ「レストランRicca」

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の17番目の画像

「西村屋ホテル招月庭」内に位置する完全予約制の「レストランRicca」は、但馬の自然に恵まれた食材を使用したイタリアンフレンチのお店です。高床式のシンプルな造りの空間は、壁一面に広がる大きな窓がダイナミックでクリーンな印象。

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の18番目の画像

信頼の置ける但馬の生産者から直接、厳選した旬な素材を仕入れて作り上げるのは、保存料や添加物は無使用の安全な美味しさ。宿泊ゲスト以外も利用することができます。

伝統の味と技であしらったこだわりの和会席

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の19番目の画像

地元の漁港で水揚げされる松葉かにや、農薬や化学肥料を一切使用せず作られたこうのとり米、最高品質の但馬牛など、但馬の四季を贅沢に味わうことのできる「西村屋ホテル招月庭」の夕食。

「西村屋」伝統の技が生み出す極上の和会席を、地元の銘酒と共にいただきましょう。お腹も心も大満足の、旅のクライマックスを迎えられそう。

但馬の食を堪能できる朝食バイキング

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の20番目の画像

和洋合わせて30種以上のメニューが並ぶ朝食バイキングは、そのゴージャスなラインナップに朝から嬉しい驚き。定番の焼き魚やお味噌汁、卵料理も一流の料理人と但馬の食材にかかれば、最高の一日を迎えるのにぴったりの美食へと変身。

身体に優しく健康的なメニューで、美味しくエネルギーチャージ。気持ちのいい一日を過ごせそうです。

現代的な温泉旅館で最上の癒やし体験

伝統×革新「西村屋ホテル招月庭」5万坪の庭園に佇む上質温泉宿の21番目の画像

5万坪の森林庭園の中に佇む「西村屋ホテル招月庭」。老舗温泉旅館の別邸として伝統を受け継いだ和の心に、モダンな現代の意識を融合し、客室や温泉、レストランの至る所でそのこだわりを感じさせます。

癒やしのための全ての要素を兼ね備え、最上質なステイを実現。非日常の贅沢を心の底から味わえる、おすすめの和モダン温泉旅館です。

スポット情報

城崎温泉 西村屋ホテル招月庭

城崎温泉 西村屋ホテル招月庭

兵庫県豊岡市城崎町湯島1016-2

0796-32-3535

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事