おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.12.15 | 公開 2017.12.15

食べやすさも人気の秘密。彩り豊かな「スプーンちらし寿司」レシピ

ちらし寿司と聞くと、さまざまな具材が混ぜ合わさった状態で、酢飯の上に乗っているものを思い浮かべますよね。今回は趣向を変え、スプーンに乗った一口サイズのちらし寿司の作り方をご紹介します。

食卓が華やかに! ワンスプーンちらし寿司

食べやすさも人気の秘密。彩り豊かな「スプーンちらし寿司」レシピの1番目の画像

今回作るスプーンちらし寿司は、スプーンごとに違う具材を乗せたものです。一口で食べられるので、女性や子どもでも食べやすい仕上がりに。

さまざまな具材を用意すれば、テーブルの上が華やかになることでしょう。そんなスプーンちらし寿司は、おもてなしのシーンやパーティーにもピッタリです。

酢飯と好きな具材を用意すればOK!

食べやすさも人気の秘密。彩り豊かな「スプーンちらし寿司」レシピの2番目の画像

用意する材料は炊きたてのご飯 適量、お酢、砂糖、塩、そしてお好みのトッピングです。いくらやネギトロ、マグロ、サーモン、錦糸卵など、好きな具材を用意して構いません。

使用する道具として、外せないのはスプーンです。レンゲのように少し大きめのもののほうが、ご飯や具材が多く乗るので盛り付けがしやすくおすすめ。また、酢飯を作る大きめのボウルとしゃもじ、お寿司を盛り付けるスプーンより、一回り小さいスプーンも用意しましょう。

炊きたてのご飯で酢飯を作ろう

食べやすさも人気の秘密。彩り豊かな「スプーンちらし寿司」レシピの3番目の画像

まずは酢飯を作っていきます。炊きたてのご飯をボウルによそい、そこにお酢、砂糖、塩を合わせた「合わせ酢」を入れましょう。お米1合に対し、お酢は大さじ1と1/3、砂糖も大さじ1と1/3、塩は小さじ1/2の割合です。

合わせ酢を入れたら、さっくりと大きく混ぜ合わせていきましょう。しゃもじは切るように動かすのがポイントです。混ぜ合わせる工程で、粗熱も大方取れるでしょう。

お好みの具材をトッピングしよう

食べやすさも人気の秘密。彩り豊かな「スプーンちらし寿司」レシピの4番目の画像

酢飯の粗熱が取れたら盛り付けを始めましょう。まず、スプーンの上に酢飯を乗せていきます。この時、盛り付けていくスプーンより一回り小さいスプーンを使って酢飯を盛り付けると、酢飯がこぼれにくくなるのでおすすめです。酢飯はできるだけ平らにスプーンに乗せると、上に具材をトッピングしやすくなります。

最後にトッピングです。酢飯の上に、1つずつ異なる種類の具材を乗せていきましょう。サーモンの上にマヨネーズを乗せたり、錦糸卵の上に青じそを乗せたりと、薬味を添えると見栄えが良くなる上、味にもメリハリが出ます。

一口ごとに異なる味わいが楽しめるので、見た目が華やかなだけでなく、様々なおいしさを味わえるのが、スプーンちらし寿司の醍醐味です。食材を全て混ぜ込んだちらし寿司とは違い、アレルギーが心配な方や好き嫌いが多い方でも、気軽に食べられるのも嬉しいですね。見た目が華やかで、一口でぱくっと食べられるスプーンちらし寿司を、あなたも作ってみませんか?

監修/Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事