おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.11 | 公開 2017.12.11

本当は秘密にしたいおいしさと居心地の良さ。自然のまま、本物の鯨の滋味を根津「ひみつくじら」で堪能

東京・根津にある「ひみつくじら」は、日本で初めて&唯一「近海の鯨」「無添加の捕れたままの鯨」に特化したお店。ひと口食べればその差は歴然! 鯨肉で育った世代はもちろん、鯨肉になじみのない世代までもトリコにする「ひみつくじら」を紹介します。

日本初! 近海の鯨を扱う専門店

本当は秘密にしたいおいしさと居心地の良さ。自然のまま、本物の鯨の滋味を根津「ひみつくじら」で堪能の1番目の画像

東京・根津にあるクジラ料理の専門店「ひみつくじら」は、東京水産大学を卒業し、鯨肉食品会社に勤めたオーナーが2015年3月にオープン。現在、市場に流通する鯨肉は遠洋の調査捕鯨か、輸入鯨肉がほとんど。「ひみつくじら」はそのいずれでもない「今も日本沿岸で行われている捕鯨の鯨」だけを扱う日本で初めて、唯一の専門店です。それも発色剤や増量剤を一切用いない自然のまま、本物の味わいの鯨にこだわっており、「衝撃的なまでに鯨のイメージを覆される」という口コミで人気を集めています。

「ボーダーレスな国際都市生活の中で失われがちな”昔ながらの本物” や “地の物同士を合わせるすばらしさ”に出会うことができる店にしたい」とオーナーは語ります。
鯨以外の食材と調味料は原則すべて、捕鯨基地の地元産。野菜は自然栽培、魚は天然物、チーズは自家放牧グラスフェッド100%ジャージー、塩ひと粒に至るまですべて手づくりだけでそろえる徹底ぶりです。
「鯨が主役の、うまい料理屋」と仰る通り、地元の豊かな恵みを活かしたメニューが多いのも人気の秘密。(チーズケーキやプリン等手作りのデザートも!) 鯨や食に対する、とてつもなく熱い思いが詰まった唯一無二のお店です。

鯨のメニューといえばコレ! 絶品「鯨ステーキ」

本当は秘密にしたいおいしさと居心地の良さ。自然のまま、本物の鯨の滋味を根津「ひみつくじら」で堪能の2番目の画像

最もインパクトがあったのが「ステーキ」! 特にやわらかい背肉の表面だけをこんがり焼き付けた後、炭火の上で転がしながらじっくりと慎重にロースト。鯨肉は、ある一点から急激に火が入り固くなってしまうので「肉に焼いている事をばれないようにする」のが、料理人の腕の見せ所だそう。
絶妙な火入れでしっとりと仕上げられたステーキを、その季節に採れる野菜や果実を使った特製ソースで楽しませるのが「ひみつくじら」のこだわりです。
鯨にありがちな固さや臭みは一切なく、噛むほどに深まる肉の旨みにど肝を抜かされます! まるで上質な牛もも肉のようですが、更に高たんぱくでビタミンやミネラルが豊富なため女性にも人気の一品。「身体が喜ぶのがわかる」という声が多いのも納得です。

酒好きに味わってほしい「鯨尾ビレ地酒ムシ」

本当は秘密にしたいおいしさと居心地の良さ。自然のまま、本物の鯨の滋味を根津「ひみつくじら」で堪能の3番目の画像

お酒のアテにもピッタリなのが「鯨尾ビレ地酒ムシ」。今回は房総の鯨と、房総の大ぶりハマグリと地葱、柚子が登場。

ハマグリと地葱の濃厚な旨味と、鯨尾びれのとろけるようなコラーゲン感。二つの滋味が、地元産米100%の地酒のふくよかな味わいに包まれており、思わず悶絶してしまいました。野性味あふれる無農薬の柚子の香りが鼻をくすぐられながら里山や里海の薫りのする日本酒と共に味わえば、東京にいながら”ふるさと”へとショートトリップしたかのよう。

現地でしか手に入らないような本物の地酒を数多くそろえるのも、このお店の特徴です。

一皿にたくさんの旨みが凝縮「鯨の刺身盛り合わせ」

本当は秘密にしたいおいしさと居心地の良さ。自然のまま、本物の鯨の滋味を根津「ひみつくじら」で堪能の4番目の画像

「色々な鯨の刺身盛り合わせ」も、このお店に来たらぜひ食べたいメニューのひとつ。圧倒的な鮮度で各地から直送されてくる様々な鯨を、他の鯨料理店では見かけないような希少部位や季節ごとの食べ方等、一つのお皿でいっぺんに楽しめます。鯨好きだけではなく、肉好きにはたまりません。

なかでも、口の中でとろけるような腹トロや、無添加ウニをはじめとした「まさか!」という掛け合わせは一度食べたら中毒になるほどの幸福感。

基本はこうした盛り合わせですが、小さなサイズにも極力対応してくれるほか、何より「おつまみタルタル」や「カルパッチョ」のような女性が大好きな味わいもあるのがうれしいところ。

幅広い年代や性別の人に愛される「ひみつくじら」

本当は秘密にしたいおいしさと居心地の良さ。自然のまま、本物の鯨の滋味を根津「ひみつくじら」で堪能の5番目の画像

鯨というと50代以上の “鯨で育った世代” の店というイメージになりがちですが、「ひみつくじら」は、20代後半~40代中盤の“鯨にあまりなじみがなかったはずの世代”のからの支持がほとんど。特に女性は半数以上を占め、一人様も多いとか。外国人にも人気だそうで、壁の書かれた記念サインに中には海外セレブの名前も。
そして特筆すべきは料理やお酒だけではなく、とことんこだわり追求した居心地のよさの店内。気持ちがほぐれて、ついつい夜更けまで楽しんでしまうそう。まさに「おとなのひみつ基地」!
店名と場所にもかかわらず、いつもお店は賑やか。一組当たりの滞在時間も長いので、事前予約か席の状況を確認してから来店するのがおすすめです。

お店は、東京メトロ千代田線「根津駅」「千駄木駅」からそれぞれ徒歩約5分ほど。不忍通りから路地を一本入ったところです。近隣には根津神社の駐車場があります。鯨肉を堪能したくなったら、ぜひ、「ひみつくじら」に足を運んでみてください。

スポット情報

ひみつくじら

ひみつくじら

東京都文京区根津1-27-7 フジホーマンション1F

03-5834-7157

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事