おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.05 | 公開 2017.12.05

リアルシンガポール! 食通が噂してる北海道・すすきの「KOPITIAM」で本場の味を堪能

北海道は札幌にある「KOPITIAM (コピティアム)」は、本場の味がいただけるシンガポール料理専門店。常に多くのお客さんで賑わっている人気のお店です。シンガポールの屋台をイメージして作られた店内では、料理はもちろん異国の雰囲気を楽しむことができます。

まるでシンガポール! 怪しげな雰囲気が魅力の店内

リアルシンガポール! 食通が噂してる北海道・すすきの「KOPITIAM」で本場の味を堪能の1番目の画像

「KOPITIAM (コピティアム)」は、北海道の札幌にあるシンガポール料理店です。お店の外観は、シンガポールの屋台そのもの! 店内は怪しげなピンクのライトが光る、まさにアジアンな雰囲気です。

壁一面に貼られたポスターや、アジアの小物など、異国情緒溢れる店内は独特な空間。シンガポールにどっぷり浸れる、アジア好きにはたまらないお店です。

店名は、マレー語でcoffee(kopi)とshop(tiam)をかけ合わせたもの。誰もが気軽に食事やお酒を楽しめる場所にしたいという願いが込められています。

シャキッとした食感! 「空芯菜と鶏肉のサンバル炒め」

リアルシンガポール! 食通が噂してる北海道・すすきの「KOPITIAM」で本場の味を堪能の2番目の画像

このお店おすすめのメニューは、「空芯菜と鶏肉のサンバル炒め」です。サンバルとは、アジア料理に使われる辛味調味料のこと。

空芯菜と鶏肉をサンバルとともに炒めたこの料理は、空芯菜のシャキシャキ食感がクセになる一皿です。甘さのあとに辛さがジワジワやってくるサンバルと、鶏肉との相性も抜群。お酒も進むメニューです。

3種のソースで楽しめる! 「チキンライス」

リアルシンガポール! 食通が噂してる北海道・すすきの「KOPITIAM」で本場の味を堪能の3番目の画像

シンガポール料理の大定番! 「海南鶏飯(チキンライス)」もこのお店おすすめのメニューです。ボイルしたチキンはとってもジューシー。添えられた野菜、鶏のゆで汁で炊かれたごはんとともにいただきます。

ソースは3種類。好きなソースをつけて、自分好みの味でいただきましょう。色彩鮮やかで、目でも楽しむことができます。お店に訪れたら、ぜひ試してほしいメニューです。

薬膳スープがからだに優しい! 「バクテー」

リアルシンガポール! 食通が噂してる北海道・すすきの「KOPITIAM」で本場の味を堪能の4番目の画像

シンガポールの華僑料理である「星州肉骨茶(バクテー)」。野菜や骨付きの肉と一緒に、13種類の中国漢方を煮込んだ薬膳スープです。

じっくり煮込んだスープは、意外にもあっさりとした味。肉の旨みが溶けこんでいて味わい深く、口に入れると薬膳の香りが広がります。スープの味がしみ込んだお肉は口の中でホロホロと溶けていきます。からだに優しくおいしい、人気の薬膳スープです。

シンガポール本場の雰囲気にとことんこだわる

リアルシンガポール! 食通が噂してる北海道・すすきの「KOPITIAM」で本場の味を堪能の5番目の画像

シンガポールの屋台街であるホーカーと、気軽に食事やお酒を楽しめるコピティアムをリアルに再現した「KOPITIAM」。お店で使われている食器類も現地で調達しています。

BGMはローカルミュージック、スタッフ間ではシングリッシュを使うなど、徹底したこだわりが本場の雰囲気を盛り上げています。料理はもちろん、シンガポールの雰囲気に浸れるところも、このお店の大きな魅力です。

札幌市営地下鉄南北線・札幌市電「すすきの駅」、札幌市営地下鉄各線「大通駅」からともに徒歩5分異国情緒溢れる外観が目印です。北海道にいながら、シンガポールの雰囲気を楽しめる「KOPITIAM」で、本場の料理を楽しんでみてはいかがでしょう。

スポット情報

KOPITIAM

KOPITIAM

北海道札幌市中央区南三条西7-5

011-219-7773

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事