おでかけ動画マガジン

ニュース

更新 2018.07.13 | 公開 2018.07.13

都内最大級のあかりアート展「和のあかり×百段階段2018」開催!

東京・目黒「ホテル雅叙園東京」の館内、「百段階段」にて、アートイルミネーション展「和のあかり×百段階段2018」が、2018年7月7日(土)~9月2日(日)の期間、開かれます。5つのテーマを基に身長よりも大きい「青森ねぶた」や手のひらにのる「江戸切子」まで、さまざまな作品が集うこのイベントの魅力と見どころをご紹介します。

都内最大級のあかりアート展が7月より開催!

青森ねぶた祭り

青森ねぶた祭り

東京・目黒「ホテル雅叙園東京」にて、アートイルミネーション展「和のあかり×百段階段2018」が、2018年7月7日(土)~9月2日(日)の期間、開催されます。

館内の東京都指定有形文化財「百段階段」を会場に開かれるこのイベントは、日本特有の文化財とイルミネーションをコラボさせたアート展。美しいイルミネーションが写し出す作品の魅力を肌で感じられる内容となっています。

長崎ランタンフェスティバル

長崎ランタンフェスティバル

2015年から毎年開催され、2018年で4回目となる今回は、前回の作家数・団体数の2倍近い出展者による展示で、イベントをさらに盛り上げます。迫力ある「青森ねぶた」や職人の技が光る「江戸切子」など、「デザイン」「祭り」「テクノロジー」「アート」「職人」をテーマに、1,000点を超える作品が集う「和のあかり×百段階段2018」で、日本の芸術作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

企画展概要

開催期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日) ※会期中無休
開催時間:月~木曜日 10:00~17:00(最終入館16:30)
     金・土・日・祝および8月13日~17日 10:00~20:00(最終入館19:30)
     ※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)
入場料 :当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円 7月6日まで)
     学生 800円 ※要学生証呈示、小学生以下無料
会場  :ホテル雅叙園東京
お問合せ:03-5434-3140(イベント企画10:00~18:00)

「和のあかり×百段階段2018」の見どころをご紹介

「和のあかり×百段階段2018」の見どころをご紹介します。あらかじめ押さえておけば、イベントがさらに楽しくなるはずです。

柳井金魚ちょうちん祭り

柳井金魚ちょうちん祭り

柳井金魚ちょうちん祭り

山口県柳井市の民芸品である『金魚ちょうちん』をモチーフにした夏の一愛イベント。お盆などで帰省された方々をふるさとの民芸品でお迎えするものです。エントランスエリアすぐに、約2,500個の『金魚ちょうちん』が出迎えてくれます。

ねぶた界初。「3流派による完全新作の共同作品」

3流派による完全新作の共同作品「竹取物語」

3流派による完全新作の共同作品「竹取物語」

現地青森では実現しない、ねぶた界初の試みとなる「3流派による完全新作の共同作品」を公開します。青森ねぶた祭の最終日に行われる、「ねぶた海上運行」のように水面に浮かぶ「ねぶた」をイメージした作品は、幻想的で“ここでしか”見ることができません。

インスタレーションアート集団「MIRRORBOWLER」の新作

MIRRORBOWLER

MIRRORBOWLER

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」など数々の舞台で活躍するインスタレーションアート集団「MIRRORBOWLER」が、文化財を舞台に新作を発表します。

MIRRORBOWLER

MIRRORBOWLER

草丘の間には四季草花絵が飾られており、生と死の儚さと幻想的な世界を、を植物や生きものから感じさせてくれます。MIRRORBOWLERの作品と共に更に幻想的な世界観を表現してくれるのは、「かんざし作家 榮」氏の作品。日本画に囲まれた空間で魅せる光の演出をぜひ、五感で感じてみてください。

日本画家「間島秀徳」氏の3部作が公開

日本画家 間島秀徳氏の作品

日本画家 間島秀徳氏の作品

日本画家「間島秀徳」氏が6年もの歳月をかけ、2017年末に完成させた幅6.8m、高さ2.2mに及ぶ3部作が展示されます。見るものを圧倒するダイナミックな作品は、圧巻の一言。作品を眺めれば作家の想いが伝わってくるはずです。

こけし作家 林 貴俊

こけし作家 林 貴俊

「和のあかり×百段階段2018」の作品とともに様々なところで現れるこけし達。宮城県石巻市への観光客誘致のために、いつまでも形として残るお土産になるものをつくりたいという思いから、石巻こけしの制作をはじめたそう。かわいらしく、愛嬌のある様々な表情をしたこけしたちにも注目してみて下さい。

こけし作家 林 貴俊

こけし作家 林 貴俊

光の落書き体験

光の落書き

光の落書き

会場「百段階段」の頂上にあたる部屋で体験できるのは、なんと“落書き”。「光の屏風」に特別な筆を用いて自由に光の落書きができるんだそう。

自分のなかに眠る芸術的センスを思いっきり屏風にぶつけてみてください。

切り絵作家 早川鉄兵

切り絵作家 早川鉄兵

切り絵作家 早川鉄兵

静水の間に飾られた精密な切り絵作品。そして、そんな切り絵作品と共にに飾られるのは「トウメイ」のアクリル素材を中心にデザインされたコレクション。愛らしい表情の動物たちと精密で大掛かりな切り絵のコラボレーションは必見です。

照明作家 松村さちえ

照明作家 松村さちえ

照明作家 松村さちえ

星光の間で迎えてくれるのは、照明作家 松村さちえ氏の作品。「Lamps & Garden」というあかりの花屋をコンセプトにした、草花の照明が展示されています。素材には和紙を使用しており、上の紐を調整することでで花が咲いたり蕾になる仕掛けはとってもおしゃれ。

造形作家 川村忠晴

造形作家 川村忠晴

造形作家 川村忠晴

奥の間には、「自然がいちばんおしゃれ」と語る川村忠晴氏の作品があかりを灯しています。自身で野山に入り、草木をみつけては作品に仕上げる作品からは、優しい空気感が流れます。草木そのものの色で灯される作品からは、”自然にこんなにたくさんの色があったんだ”と改めて気づかせてくれる豊かな時間を提供してくれます。

一葉式いけ花 次期家元 粕谷尚弘

一葉式いけ花 次期家元 粕谷尚弘

一葉式いけ花 次期家元 粕谷尚弘

頂上の間に飾られた「一葉式いけ花 次期家元 粕谷尚弘」氏の作品は、毎日花を生けるため、時期によっては全く違う花が楽しめるそう。トロピカルないけ花は、まさにフォトジェニック。海に咲いた花達や波をイメージした竹が床のタイルに反射することで、より夏らしさを感じさせてくれます。

日本の伝統工芸品の数々も

山田硝子加工所

山田硝子加工所

本イベントには、様々な「職人」たちの作品も展示されています。「江戸切子」をはじめ、「江戸組子建松」や「篠原風鈴本舗」の風鈴など、一つ一つ職人が手作りした繊細な日本の誇る伝統工芸品がより彩りを添えてくれます。

あかり展史上初・香りの出展!

和のあかり展初となる香りの演出

「SABON」の“Decade”10周年アニバーサリーコレクション

「SABON」の“Decade”10周年アニバーサリーコレクション

日本上陸10周年を迎える、イスラエル発のボディケアブランド「SABON(サボン)」による香りの演出も登場します。日本から影響を受けて作られた「Decade(ディケイド)」の香りを、「百段階段」の雰囲気とともに体で感じてみてはいかがでしょうか。

日本芸術の魅力を五感で体感!

造形作家 川村忠晴と鈴木茂兵衛商店

造形作家 川村忠晴と鈴木茂兵衛商店

63団体、1,000点を超える作品が一堂に集う「和のあかり×百段階段2018」は、7月7日(土)の七夕より開催されます。作家の想いや職人のセンス、遊び心が感じられるイベントでこの夏、日本芸術の魅力にふれてみませんか。

イベント情報

和のあかり×百段階段2018

和のあかり×百段階段2018

2018年07月07日 〜 2018年09月02日

東京都目黒区下目黒1-8-1

03-5434-3140

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ニュース」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事