ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.09.21 ・ POST 2017.11.27

平安時代から愛される日本の秋!「星のや京都」で紅葉を堪能

京都府 > 嵐山

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 71

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平安時代から愛される景色が今年も

平安時代から愛される日本の秋!「星のや京都」で紅葉を堪能の1番目の画像

四季折々、日本人のみならず世界中の人々を魅了する京都・嵐山。雅に流れる大堰川にかかる渡月橋、その奥にそびえる嵐山の風景は京都の代表的な景勝地です。そんな大人気スポットにも紅葉シーズンがやってきました。

赤・黄・橙に染まる山々は、まさに日本の秋そのもの。今の時期しか見ることのできない“あはれ”な美に思いを馳せてみましょう。

実はこの嵐山の美しさ、遥か昔から人々の胸を打ち続けてきました。今も残る大堰川での船遊び、起源は遡ること平安時代のこと。この景色を楽しもうと公家がはじめたのがきっかけでした。そんな現在も変わらず根底に流れ続ける日本人の美意識を、心の底から堪能できるスポット。それが大堰川の上流にひっそりと佇む「星のや京都」です。

現代社会から雲隠れ 星のやで知る日本の秋

平安時代から愛される日本の秋!「星のや京都」で紅葉を堪能の2番目の画像

「星のや京都」へは星のや京都専用船で向かいます。ゆっくりと移ろいゆく山々を眺めること10分。船旅を楽しんだ後に待っているのは、まさに“水辺の私邸”です。約100年にもなる伝統的な建築物をリノベーションした「星のや京都」では、今なお息づく日本の雅な時間を過ごすことができます。

また、樹齢400年のカエデが彩る庭で楽しむ「もみじ茶会」も注目。「奥の庭」では、樹齢400年を越えるのカエデの木の下で抹茶やお菓子を楽しむことも。四季で変化する木々を間近に愛でることができます。

平安時代から愛される日本の秋!「星のや京都」で紅葉を堪能の3番目の画像

大堰川を一望するテラス「空中茶室」をはじめ、客室やお食事処、庭園まで。館内のどこへいても感じられる渓流のせせらぎと燃えるような木々のコントラストに、はっと息を飲んでしまいます。

まるで日常から切り離されたような、悠久の時を感じる体験がここにありました。今年の秋は「星のや京都」で、ちょっぴり丁寧に移ろいゆく季節を感じてみてはいかがでしょうか。

文/おゝしろ実結

スポット情報

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!