おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年12月07日更新

きらびやかな空間でお食事を。田町「中国飯店 倶楽湾」で堪能する本場上海の味

東京・田町「中国飯店 倶楽湾(くらわん)」は、中国の伝統料理を楽しめるお店。本場中国のシェフが腕をふるい、北京ダックや上海ガニなどの上海料理を味わえます。個室も兼ね備えており、子連れの家族や、接待など特別な会食で利用するお客さんも多く訪れる、このお店の魅力をご紹介します。

きらびやかな内装は、シーンに合わせた空間が広がるお店

きらびやかな空間でお食事を。田町「中国飯店 倶楽湾」で堪能する本場上海の味の1番目の画像

「中国飯店 倶楽湾(くらわん)」は中国料理、とりわけ上海料理の専門店です。6階建てのスタイリッシュな外観のお店で、エントランスはガラス張り。

足を踏み入れると、きらめくシャンデリアが目を引きます。店内は仏蘭西組界時代の上海をイメージして作られており、ゴージャスな雰囲気。

全182席とキャパが大きく、大小8つの個室を完備。2階フロアは貸し切りも可能で、大規模なパーティーも開催できるお店です。

普段使いのランチから接待まで、幅広く使えるお店

きらびやかな空間でお食事を。田町「中国飯店 倶楽湾」で堪能する本場上海の味の2番目の画像

2012年に開店した「中国飯店 倶楽湾」は、中国飯店の8店舗目のお店です。1973年、六本木のお店から、その歴史は始まりました。10店舗ほどのお店がある中で、複数店舗がミシュランで星を獲得しており、提供されている料理の味はどれもお墨付きです。

平日のランチタイムには、近隣企業で働く人が多く訪れ、ディナータイムには接待や、特別な会食に利用されています。土日ともなると、近所のタワーマンションに住む人が家族で訪れ、憩いのひとときを過ごす姿が多くみられます。

食感と黒酢の酸味がたまらない! 「黒酢の酢豚」

きらびやかな空間でお食事を。田町「中国飯店 倶楽湾」で堪能する本場上海の味の3番目の画像

「黒酢の酢豚」は中国飯店伝統の料理です。シンプルに豚肉のみを用いて作られるのが、「中国飯店 倶楽湾」流。黒酢餡がかけられ黒く艶めく豚肉と、添えられたスナップエンドウの鮮やかな緑の色が、真っ白なお皿に映えます。

豚肉をひと口かじると、外はカリッとした食感で、中はふんわりとやわらか。黒酢の酸味が効いていますが、隠し味であるカレー粉の効果で味に奥行きが感じられます。

女性うけ抜群! 華やかな「デザートの盛り合わせ」

きらびやかな空間でお食事を。田町「中国飯店 倶楽湾」で堪能する本場上海の味の4番目の画像

「デザートの盛り合わせ」は、女性に大人気のメニュー。白いプレートの上に、色とりどりのさまざまなスイーツがのっています。テーブルに運ばれてきた瞬間、思わずうっとりする美しさ。

生姜の風味が効いたブリュレなど、中華のエッセンスが加えられたお店のオリジナルスイーツ。これらは、専属のパティシエが作っています。季節によってスイーツの内容が変わるのも楽しみのひとつ。

中国飯店自慢の伝統料理をぜひとも味わって!

きらびやかな空間でお食事を。田町「中国飯店 倶楽湾」で堪能する本場上海の味の5番目の画像

「中国飯店 倶楽湾」では、さまざまな中国飯店自慢の伝統料理を楽しめます。パリパリの食感が楽しく、秘伝のタレが絶品の「北京ダック」はできたてをいただきましょう。また、10月から1月まで味わえる「上海蚧」も、お店のイチオシ。

大変人気のお店ですが、平日の13時以降のランチタイムは比較的空いているため、狙い目と言えます。まずはランチで、気軽に立ち寄ってみてください。

「中国飯店 倶楽湾」はJR山手線・京浜東北線「田町駅」の東(芝浦)口より、徒歩5分ほどの場所にあります。また、都営地下鉄浅草線・三田線の「三田駅」からも徒歩6分ほどで着きます。旧海岸通りにある「芝浦三丁目交差点」を左折すると、お店のビルが見えてきます。あなたも「中国飯店 倶楽湾」で、本場上海の味を堪能してみませんか。

スポット情報

中国飯店 倶楽湾

中国飯店 倶楽湾

〒108-0023 東京都港区芝浦3-11-4

03-5444-7788

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

アプリなら、ルトロンがもっと便利に快適に!

行きたいが見つかるおでかけ動画アプリ。
フォトジェニックなカフェやハウツー動画を毎日配信!