おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.04 | 公開 2017.12.04

特別空間に心洗われて。京町屋で味わう創作和食「Fuji屋 京色」

京都にある「Fuji屋 京色(ふじやきょうしょく)」は、若狭の港から届く新鮮な魚介や、京都の地野菜を使った創作和料理が堪能できる落ち着いた大人のお店。旬な食材の旨味を存分に引き出した、鮮やかで見た目にも美しい料理を、和モダンな空間でゆったりと楽しむことができます。

職人の技をプライベートな空間で満喫

特別空間に心洗われて。京町屋で味わう創作和食「Fuji屋 京色」の1番目の画像

「Fuji屋 京色(ふじやきょうしょく)」は、日本情緒あふれる上品なしつらえの和食店です。二条柳馬場にたたずむ風情ある京町屋で、京都ならではの創作和食をゆったりと心ゆくまで味わうことができます。

落ち着いた和の空間に、ライブ感が感じられるカウンター席と、周りを気にせずゆっくりくつろげる個室が用意されており、特に人気のある席はプライベート空間でありながら目の前で作られる料理を楽しめるカウンター個室。特別感のある個室なので、接待や記念日にも最適です。

3人の料理人が織り成す、絶妙な味わいの品々

特別空間に心洗われて。京町屋で味わう創作和食「Fuji屋 京色」の2番目の画像

お店の歴史は、3人の料理人の出会いがはじまりです。料理の専門学校の同級生3人が、10年後に3人で店を持つことを約束しました。学校を卒業した3人は修業を重ね技術に磨きをかけ、満を持して「京色」をオープンさせました。

ジャンルの違う道に進んだ3人が、和食・洋食・居酒屋でそれぞれ培ってきた経験があるからこそ、他にはない特別な味わいを生み出すことができる「京色」は、現在4つの店舗を持っており「Fuji屋 京色」もそのうちのひとつです。

鮮魚が美しく盛りつけられた玉手箱

特別空間に心洗われて。京町屋で味わう創作和食「Fuji屋 京色」の3番目の画像

中央市場と若狭湾から毎日届く鮮魚が10種類も楽しめる「桐箱鮮魚造り」は、楽しい玉手箱をイメージして作られています。美しく盛り付けられた繊細な刺身は、ひとつひとつ丁寧に最もおいしく味わえる調理法で仕上げられています。

少しずつ旬のものを贅沢に楽しめ、見た目にもかわいらしいので女性にもおすすめの一品。日本酒と一緒にじっくりと味わうのにも最適です。

奥深い旨味のふっくら京野菜を、じっくりと味わう

特別空間に心洗われて。京町屋で味わう創作和食「Fuji屋 京色」の4番目の画像

ほっこりと体も温まる「京野菜のせいろ蒸し」は、旬の京野菜が持つ風味をそのまま楽しめる一品です。手間暇かけて丁寧に育てられた京野菜は栄養を豊富に含み、体に優しくヘルシー。

鮮やかで新鮮な京野菜はゆっくりとせいろで蒸すことでふっくらと仕上がり、野菜本来の旨味を存分に味わえます。

食べると思わず笑みがこぼれるような料理の数々

特別空間に心洗われて。京町屋で味わう創作和食「Fuji屋 京色」の5番目の画像

旬の素材を活かした創作和食の数々が楽しめるコース料理は、記念日などの特別な日にもおすすめです。「風呂吹き大根ポルチーニ飴とトリュフで」は、じっくりと和出汁で炊いた大根に、ポルチーニをベーコンで炒めてペーストにしたソースとトリュフを添えたおしゃれな一品。

最寄り駅は、京都市営地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池駅」です。季節の旬の食材を使って、和風だけにとらわれない自由な発想で、思わず笑顔になるような料理を楽しんでもらいたいとオーナーは語ります。

この店ならではの創作和料理を味わい、笑顔になれる時間を過ごしてみませんか。

スポット情報

Fuji屋 京色

Fuji屋 京色

京都府京都市中京区晴明町656-1

075-746-6446

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事