おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.07.10 | 公開 2018.07.10

市川市民納涼花火大会2018で夏を満喫!見どころと穴場スポット

首都圏で開催される花火大会の中でも特に人気の市川市民納涼花火大会。観覧を検討している方に向けて、開催日時・打ち上げ数・おすすめのビューポイントなどを紹介します。興味のある方は参考にしてください。

市川市民納涼花火大会2018で夏を満喫!見どころと穴場スポットの1番目の画像

江戸川の夜空に大輪の花火を咲かせる市川市民納涼花火大会。2018年で第34回目を迎えます。人気花火大会だけあって観覧を検討している人も多いはず。今回は、市川市民納涼花火大会の開催日時・打ち上げ数・見どころ・ベストビューポイントなどを紹介します。お出かけの参考にしてください。

2018年「市川市民納涼花火大会」の概要

第34回市川市民納涼花火大会の概要は次の通りです。

日程、期間

2018年8月4日(土)

時間

19:15~20:25

実施場所、会場

大洲3丁目地先江戸川河川敷

打ち上げ数

約14,000発

前年集客数

49万人(市川市側のみ)

中止または延期(延期日)の場合

荒天の場合は8月5日(日)※5日も荒天の場合は中止

アクセス

「市川会場」と「行徳会場」で観覧できます。

市川会場
JR総武線「市川駅」南口から徒歩で約15分
JR総武線「本八幡駅」南口から徒歩で約30分
※本八幡駅南口より京成トランジットバス・市川駅行「大洲防災公園」下車
京成電鉄「国府台駅」「市川真間駅」から徒歩で約20分

行徳会場
東京メトロ東西線「妙典駅」から徒歩で約20分

駐車場

大津防災公園駐車場は利用できません。周辺道路も駐車禁止となります。違法社は即レッカー移動となるので注意しましょう。当日は、午後5時から午後10時まで周辺道路で交通が規制されます。

トイレ情報

会場内に設置された仮設トイレを利用できます。

主催者

市川市民納涼花火大会実行委員会(市川市経済部観光交流推進課)

2018年「市川市民納涼花火大会」の見どころは江戸川夢花火

2017年の振り返り

2017年のオープニングは「満開!江戸川大輪花!」。5秒間で1000発もの花火が打ち上げられる光景は圧巻。続いて、藤野冬景色をイメージした「白銀の富士」へと続きました。エンディングを飾ったのは、様々な色の花火が咲き乱れる「GOOD LUCK~希望の虹~」です。

2018年の見どころ

2018年の見どころもオープニングプログラム。5秒間で1000発のスターマインが打ち上げられる「絢燗!江戸川夢花火!」は見逃せません。その後に続くのは、雄大な富士に花吹雪が舞う風景をイメージした「爛漫~富士の空~」。さらに、夜空を舞う龍を日本伝統の花火「和火」で表現した「和火(WABI)~飛竜の舞~」も見どころの一つといえそうです。2018年も、テーマに沿ったストーリー性のあるプログラムが展開されます。

市川市民納涼花火大会は市川会場がおすすめ

迫力ある花火を楽しみたい方には、打ち上げ場所から近い市川会場がおすすめです。打ち上げ場所から距離が近いので(江戸川を挟んで打ち上げられます)、真上で花開くような花火を楽しめます。この距離であれば、お腹に響く「音」も見どころのひとつになります。視界を遮るものがないので、ほとんどのエリアからすべてのプログラムを楽しむことが出来る点も魅力です。

ただし、人気のビューポイントなので混雑は避けられません。この点が気になる方は、行徳会場を選ぶと良いでしょう。少し遠くなるので迫力は劣りますが、ゆったりと観覧できます。

市川市民納涼花火大会のお供に「オープンオーブン」のパン

打ち上げの開始が19:15からなので、お腹が空いてしまう方がいるはずです。もちろん、夜店は出ますが混雑するので気軽に利用できません。お困りの方におすすめなのが、市川で人気のパン&デリショップ「オープンオーブン」です。

人気の秘密は、イタリアンシェフの御主人とパン好きの奥様が、自分達が食べたいと思おうパン作りにこだわっていること。バターと卵を使用せず焼き上げられた天然酵母パンと本格的なデリが楽しめます。パンとデリはテイクアウトが可能です。場所取りへ出かける前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店名:OpenOven(オープンオーブン)
住所:市川市市川2-30-25
電話番号:047-324-8067
アクセス:JR市川駅北口から徒歩で7分

市川市民納涼花火大会をじっくり楽しめる有料席

最高のビューポイントを確保したい方は、有料席(個人協賛席)の購入を検討してみてはいかがでしょうか。市川市納涼花火大会では以下の有料席を用意しています。

・桟敷席(定員4名・180㎝×90㎝):1マス18,000円
・ペア席(平面・定員2名・150㎝×90㎝):1シート10,000円
・ペア席(斜面・定員2名・150㎝×90㎝):1シート9,000円
・イス席(定員1名・パイプイス):1席6,000円

ペア席はブルーシートが敷かれていますが、気になる方は敷物を持参しましょう。

早めの準備で混雑を攻略

市川市納涼花火大会は、首都圏で開催される花火大会の中でも人気が高いといわれています。早めに準備をすれば快適に観覧できるかもしれません。紹介した情報を参考に準備を進めてみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は公開日時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、最新情報は公式HPでご確認ください。

(出典:PIXTA)

イベント情報

市川市民納涼花火大会

市川市民納涼花火大会

2018年08月04日 〜 2018年08月04日

大洲3丁目地先江戸川河川敷

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「おでかけ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事