おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.06 | 公開 2017.12.06

日の光差し込むナチュラルカフェ。札幌「ハレル屋」でいただく作りたてロールケーキ

札幌にある「ハレル屋」は、優しい甘さのスイーツが揃うケーキ屋。看板商品のロールケーキは、オーダーが入ってから巻いて仕上げるため、スポンジ生地のフワフワ感と、クリームのフレッシュ感が自慢です。購入したスイーツは、大きな窓が特徴の開放感あふれる店内でゆったりといただけます。

ソファ席のある、ゆったりとした時間が流れるお店

日の光差し込むナチュラルカフェ。札幌「ハレル屋」でいただく作りたてロールケーキの1番目の画像

札幌にある「ハレル屋」は、優しい甘さのスイーツが揃うケーキ屋。赤茶色のレンガ造りのような外観のお店で、赤い背景に、白い文字で店名が書かれた看板が目印になっています。

店内に入ると、シフォンケーキやシュークリームなどが並ぶショーケースが目に飛び込んできます。お店の奥にはかわいらしい雰囲気のイートインスペースが。テーブル席とソファ席があり、ゆったりとくつろげそうです。

大きな窓からは陽の光が差し込み、窓の外の公園を望むと、四季の移ろいが感じられる…そんなゆったりとした時間が流れています。

ロールケーキをはじめとする、優しい味のお菓子が自慢

日の光差し込むナチュラルカフェ。札幌「ハレル屋」でいただく作りたてロールケーキの2番目の画像

現在のお店で営業を始める以前に、別の場所で営業をしていた「ハレル屋」。その歴史は、2006年に始まりました。「ハレル屋」という店名は、「おいしいケーキを食べて、はれやかな気持ちになってもらいたい」という想いが込められています。

オープン以来お店自慢のロールケーキをはじめ、優しい甘さのお菓子をお客さんに提供しています。

なんと言っても「ハレロール」がお店のイチオシ!

日の光差し込むナチュラルカフェ。札幌「ハレル屋」でいただく作りたてロールケーキの3番目の画像

「ハレロール(プレーン)」はシンプルながら、ロールケーキのおいしさを堪能できる看板メニューです。ハレロールはどの味も、オーダーを受けてから巻いて仕上げるため、クリームのフレッシュさと、スポンジのフワフワとした食感がたまりません。

「ハレロール(ピスタチオ)」は、一度食べたら癖になる一品。スポンジ生地の上に、ほんのり淡いグリーン色のピスタチオクリームが塗られ、その上に砕いたピスタチオをぱらぱらとちりばめていきます。それをくるくると手際よく巻いていけば完成です。ピスタチオの濃厚なうま味と、上品な香りを堪能できます。

身体に優しいスイーツ満載の「薬膳スイーツプレート」

日の光差し込むナチュラルカフェ。札幌「ハレル屋」でいただく作りたてロールケーキの4番目の画像

「薬膳スイーツプレート」は、お店のおすすめスイーツが一堂に会する、豪華な一皿。ハレロールはもちろん、シフォンケーキやクッキーなど、色とりどりのスイーツが乗っています。これらのスイーツは身体に優しい素材で作られているのが特徴。季節ごとに種類や味が変わるため、時期を変えて何度もオーダーしたくなることでしょう。

「焼き菓子」も色々な種類があり、手土産にぴったり。チョコレートがたっぷりと入っている、甘さ控えめの「バナナブラウニー」や、大吟醸の酒粕を練り込んだクッキーの「大吟醸」など、手頃な値段でどの商品もおすすめです。

出来たて、作りたてのロールケ-キをご賞味あれ

日の光差し込むナチュラルカフェ。札幌「ハレル屋」でいただく作りたてロールケーキの5番目の画像

店内のショーケースには、おみせの看板メニューであるハレロールの姿はありません。それは、オーダーが入ってから巻きあげて仕上げるという、お店のこだわりゆえ。出来立てのハレロールのおいしさは、イートインとテイクアウト、どちらでも楽しめるため、ぜひとも味わってもらいたいものです。

また店内には本棚があり、子ども向けの絵本や、大人も楽しめる本を自由に手に取ることができます。スイーツとドリンクをいただきながら、本を片手にゆったりとした時間を過ごすことができるのも嬉しい配慮です。

「ハレル屋」は、地下鉄東西線の「バスセンター前駅」から徒歩3分程の場所にあります。9番出口、10番出口どちらからも近いです。「南2東6交差点」のすぐそばで、「札幌市民ギャラリー」の並びにお店はあります。あなたも「ハレル屋」で、出来立てのロールケーキをはじめ、優しい味のスイーツを味わってみませんか。

スポット情報

ハレル屋

ハレル屋

北海道札幌市中央区南2条東6-5 朝日プラザ一条橋S1

011-222-2033

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事