おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.03 | 公開 2017.12.03

有機野菜や熟成和牛を使った充実のラインナップ。新宿の本格イタリアン「Claudia」

新宿三丁目の「Claudia(クラウディア)」は1人でも入りやすい、アットホームな雰囲気の本格派イタリアン。メイン食材とも言える熟成和牛・短角牛は約48日間かけて熟成された旨味の濃い赤身が特徴。個室やテラスなど座席のバリエーションが多いのも魅力です。

アットホームな雰囲気がうれしい本格イタリアン

有機野菜や熟成和牛を使った充実のラインナップ。新宿の本格イタリアン「Claudia」の1番目の画像

新宿三丁目にある「Claudia(クラウディア)」はアットホームな雰囲気の中で、本格イタリアンをいただけるお店です。赤い屋根にレンガの外壁。お店の前に並ぶ黒板で、本日のおすすめをチェックするのも楽しい時間になりそう。

店内には、個室やカウンター席、テラスなど様々なタイプの席があり、シチュエーションに合わせて選ぶことができます。1番人気は調理のダイナミックさを体験できるカウンター席。賑やかで温かい空気感の漂うレストランです。

料理長が惚れ込んだ!こだわりの熟成和牛

有機野菜や熟成和牛を使った充実のラインナップ。新宿の本格イタリアン「Claudia」の2番目の画像

メインとも言える食材は、料理長が惚れ込んで仕入れている岩手県久慈産の吊るし熟成短角牛。広大な山で自然の牧草を食べて育った短角牛を、熟成技術に定評のある東京宝山が独自の方法で約48日間も熟成。噛めば噛むほど旨味の出る極上の赤身肉が特徴です。

「Claudia」ではそんな短角牛を中心に、有機野菜や鮮魚など、素材の持ち味を存分に活かした優しい味わいが楽しめます。一品一品にシェフの熟練した技と経験が生きるよう調理されています。

食欲そそる「生ウニのペペロンチーノ」

有機野菜や熟成和牛を使った充実のラインナップ。新宿の本格イタリアン「Claudia」の3番目の画像

まず初めに注文したいのが「冷前菜の盛り合わせ」。その時々の旬な食材を使った8種類の前菜がいただけます。メニューには書かれていないシェフの力作ぞろいの一皿です。

「生ウニのペペロンチーノ」は最もリピーターの多い定番メニュー。濃厚なウニの旨味がパスタと絡み合い、絶妙なハーモニーを奏でます。シンプルに素材の風味を楽しむことのできる、まさに食欲のそそる逸品です。

様々な人が楽しめるように。幅広いメニュー展開

有機野菜や熟成和牛を使った充実のラインナップ。新宿の本格イタリアン「Claudia」の4番目の画像

また、その日に仕入れた一匹まるごとの鮮魚を使ったアクアパッツァや、ティラミスなど、様々な人に満足してもらえるよう幅広いメニューが用意されています。

イタリアの小さなレストランがコンセプトになっており、気軽な普段使いから少人数のパーティーまで、用途に合わせて席を選べます。女性同士やデートでの利用が多いそうですが、個室を使っての女子会や、カウンター席でのお1人様ディナーも人気があります。

JR・都営地下鉄・私鉄各線が通る「新宿駅」から東口方面へ徒歩6分。また東京メトロ・都営地下鉄各線の「新宿三丁目駅」からは徒歩2分の場所にあります。アットホームな本格イタリアンで、素材の旨味を楽しんでみてください。

スポット情報

Claudia

Claudia

東京都新宿区新宿3-8-4

03-3353-8636

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事