おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.09 | 公開 2017.12.09

フランス帰りの一流シェフが魅せる。国立「ルミエール デュ ソレイユ」カジュアルな雰囲気の本格フレンチ

「ルミエール デュ ソレイユ」は、東京・国立にあるフレンチレストランです。お店の魅力は、本場フランスで4年間修行したシェフが作るこだわりの本格フランス田舎料理。地元国立産の野菜をはじめ、シェフの実家仙台から届く新鮮な魚など、こだわりの食材を絶品フランス料理で堪能できます。

気取らない家庭風の店内でいただく本格フレンチ

フランス帰りの一流シェフが魅せる。国立「ルミエール デュ ソレイユ」カジュアルな雰囲気の本格フレンチの1番目の画像

田舎風料理が自慢のフレンチレストラン、「ルミエール デュ ソレイユ」。東京・国立にある白っぽい外壁のビル1階に構えるお店です。外には、おすすめのメニューが表記された手書きの看板が出され、フレンチながら親しみやすい雰囲気が漂います。

白を基調とした、明るく清潔感あふれる店内。気取り過ぎないインテリアが気持ちを安らがせてくれます。

太陽の恵みにあやかって名付けたお店の名前

フランス帰りの一流シェフが魅せる。国立「ルミエール デュ ソレイユ」カジュアルな雰囲気の本格フレンチの2番目の画像

「ルミエール」は「光」、「ドュ ソレイユ」は「太陽」という意味のフランス語です。店名の「ルミエール ドュ ソレイユ」とは、日の光を表現した言葉。この世のすべてのものが太陽の光を浴びて出来ている、という意味で店名に決めたそうです。

本当においしいものを提供したいという想いは、食材にも表れています。使う野菜は、地元国立で採れた新鮮野菜や、山梨県の契約農家が作る無農薬野菜ばかり。

シェフの故郷仙台からは、鮮度抜群の魚が届きます。ほかにも、北海道のエゾ鹿や岩手県の短角牛など、選りすぐりの食材が勢ぞろい。

海の幸が折り重なった、贅沢なスペシャリテをどうぞ

フランス帰りの一流シェフが魅せる。国立「ルミエール デュ ソレイユ」カジュアルな雰囲気の本格フレンチの3番目の画像

シェフ自慢のスペシャリテの一つが「自家製スモークサーモンと帆立と蟹のガトー仕立て 地元国立のお野菜たっぷりのサラダ」です。スモークサーモンの下には、帆立と蟹が重なって層を作っています。

国立で育った無農薬野菜はどれもみずみずしく、シャキシャキの歯ごたえ。色鮮やかな数種類のソースやジュレで、見た目にも美しい一品です。白ワインとの相性も抜群なので、ぜひ一緒にお楽しみください。

上質な鴨肉に深い味わいのソースがベストマッチ

フランス帰りの一流シェフが魅せる。国立「ルミエール デュ ソレイユ」カジュアルな雰囲気の本格フレンチの4番目の画像

メイン料理には、「ハンガリー産の鴨のムネ肉のロースト ポルト酒ソース」はいかがでしょう。

鴨ムネ肉の皮目をカリッと焼き、中はジューシーにしっとりと火を通し、きれいなロゼ色に仕上げた一皿。鴨肉の絶妙な焼き加減からも、シェフの腕が一流であることが分かります。

鴨肉やジビエと甘みのあるソースの組み合わせは、フランスでは定番。さっぱりした味わいの鴨肉に、コクと甘みのポルト酒ソースが見事にマッチしています。

世代問わず人気! 敷居が高くないので使いやすい

フランス帰りの一流シェフが魅せる。国立「ルミエール デュ ソレイユ」カジュアルな雰囲気の本格フレンチの5番目の画像

20代の若い人から60代以上の年配まで、幅広い年齢層の人々が利用しています。女性のお客さんが目立ちますが、男性も全体の2割ほど来店。

平日のお昼は、女子会やママ会など女性の集まりが多いそう。土日になると、家族連れやデート、記念日で利用する場面が見られます。

混雑を避けてゆっくりと過ごしたい人は、平日の夜がおすすめ。品数が少なく気軽に楽しめるプティコースや、手頃な価格で飲めるグラスワインなども揃っています。

JR中央線「国立駅」南出口から歩いて約8分、富士見通り公民館の先にあります。2つのフランス国旗を目印に向かってください。ビルの1階部分に入り、階段を四段ほど上がったところから入店できます。気構えせずリラックスした気分で、本格フレンチの味をゆっくりと堪能してください。

スポット情報

ルミエール デュ ソレイユ

ルミエール デュ ソレイユ

東京都国立市中1-18-36 S・Iツインビル 1F

042-574-5537

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事