おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.08 | 公開 2017.12.08

九州産のお酒と食事をたしなむ。駅構内にある粋な立ち飲み場「住吉酒販 博多デイトス店」

福岡・博多駅構内にある「住吉酒販 博多デイトス店」は、立ち飲みができる酒屋です。店内のすべてのものを購入でき、お酒にはじまり、アテとなる食材、それを彩る食器に至るまで、九州産のものしか使用しないという徹底したこだわり。一風変わった立ち飲みのシステム、一度訪れたらまた訪れたくなるお店の雰囲気、その魅力に迫ります。

待ち合わせ場所として人気! 「住吉酒販 博多デイトス店」

九州産のお酒と食事をたしなむ。駅構内にある粋な立ち飲み場「住吉酒販 博多デイトス店」の1番目の画像

博多駅構内、博多デイトスの一角にある「住吉酒販 博多デイトス店」。抜群のアクセスに加え、立ち寄りスポットや待ち合わせスポットとして名高い人気店です。

見渡す限りにズラリと並んだ食品とお酒は、すべて地元・九州産のもの。酒文化の発祥地である博多ならではの地物を探しに訪れる人で、連日にぎわいをみせています。

店に入ると、右側が日本酒・焼酎・ワイン・ビール・梅酒など多数取りそろえた九州の酒売り場、左側が九州各地の生産者より直接仕入れた食材をそろえた食売り場となっています。

奥へ進むと、この店自慢の角打ちコーナー(立ち飲み)が見えてくるでしょう。こちらでは、店内で販売されているものを角打ちコーナーにていただくことができます。

行き届いた上質なサービスで心が和む

九州産のお酒と食事をたしなむ。駅構内にある粋な立ち飲み場「住吉酒販 博多デイトス店」の2番目の画像

お酒を取り扱っているお店の店員は男性のイメージがありますが、「住吉酒販 博多デイトス店」の店員はほぼ女性です。女性ならではの視点で、お酒を楽しむお客さんをおもてなしをしています。

「住吉酒販」のテーマは、「酒に笑う人生」。これには、お酒で繋がるすべてのお客さんに幸せになってほしいという願いが込められているそう。お客さんにお酒を楽しんで味わってもらうこと、生産者が安心して酒造りに励む事が出来ること。この2つを同時に実現することを目指しています。

オリジナルメニュー「イロハニ枡」は遊び心が満載

九州産のお酒と食事をたしなむ。駅構内にある粋な立ち飲み場「住吉酒販 博多デイトス店」の3番目の画像

お店のイチオシは、日本酒が飲み比べできるセット「イロハニ枡」です。日替わりでセレクトされた4種の日本酒を「イ、ロ、ハ、ニ」と枡に書かれた順に回しながらテイスティング。味の違いをたのしめます。

角打ちのシステムは一風変わっています。まず、3,000円分の花札チケットを渡され、メニューに書かれた花札の枚数を出し、使った枚数分の料金を支払うというシステムです。花札によっては当たりがあり、お店からのステキなサービスを受けられるうれしいポイントもあります。

どれもが美味!の「アテ」は、育ちまで確認するほど徹底

九州産のお酒と食事をたしなむ。駅構内にある粋な立ち飲み場「住吉酒販 博多デイトス店」の4番目の画像

角打ちコーナーにはお酒はもちろん、アテとなるつまみやそれを彩る食器が欠かせません。こういった店内の細部までこだわり、お酒をたのしむためのアイテムがそろっているのが「住吉酒販」です。

店内で販売されているものはすべてオーナー自ら足を運び選んだもの。生産者はもちろん、そのものがどう育ってきたのかがしっかり見えるものだけを仕入れる、という徹底したこだわりがあります。

店内にあるお酒、食材、食器はすべて購入可能!

九州産のお酒と食事をたしなむ。駅構内にある粋な立ち飲み場「住吉酒販 博多デイトス店」の5番目の画像

九州で育った食材は、九州で作られた食器を合わせたい。そんなこだわりを持つ人のために、店内にあるすべてのものが購入可能です。九州で味わったその雰囲気をおうちで再現できるのもまた粋な計らいです。

人気店なので、比較的空いている平日8~14時の利用がおすすめです。じっくりと、九州の名産物に触れることができるでしょう。

「住吉酒販 博多デイトス店」はJR各線・福岡市営地下鉄空港線「博多駅」構内、博多デイトス1階筑紫口側みやげもん市場の一角にあります。駅構内にあるため、立ち寄りやすいのが特徴です。飛行機や新幹線の出発時刻まで少し時間がある時や、待ち合わせしたものの早めに駅に着いてしまったときなどにも利用してみてください。

スポット情報

住吉酒販 博多デイトス店

住吉酒販 博多デイトス店

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

092-473-7941

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事