おでかけ動画マガジン

おでかけ

公開 2018.07.13

2018年教祖祭PL花火芸術はスターマイン8000発に注目!

教祖祭PL花火芸術は、毎年日本屈指の花火大会として注目されています。2018年8月1日に行われる、2万発以上が打ち上げられる迫力の花火大会です。おすすめビューポイントや周辺スポット情報を合わせてご紹介します。

2018年教祖祭PL花火芸術はスターマイン8000発に注目!の1番目の画像

教祖祭PL花火芸術は、毎年8月1日に行われ、25万人ほどが集まる日本屈指の花火です。打ち上げ総数は2万発以上、尺玉や仕掛け花火、スターマイン8,000発のフィナーレなど注目ポイントがいっぱい。穴場ビュースポットや周辺情報もご紹介します。

教祖祭PL花火芸術の開催日時・打ち上げ数など

日程、期間

2018年8月1日(水)

時間

20:00~20:40

実施場所、会場

大阪府富田林市パーフェクトリバティー教団敷地内

打ち上げ数

約25,000発(予定)

前年集客数

約7万人

中止または延期(延期日)の場合

荒天時は中止

アクセス

近鉄富田林駅北口徒歩15分、南海大阪狭山市駅徒歩40分、南海金剛駅徒歩50分

主催者

パーフェクトリバティー教団

教祖祭PL花火芸術の注目ポイント!

2018年の見どころ

尺玉以外にも仕掛け花火やスターマインも登場し、2万発以上が打ち上ります。
見どころはラスト10分のフィナーレ。毎年違うフィナーレでは、スターマインや大型花火などが集中して打ち上げられます。8,000発ほどの花火が怒涛のように打ち上げられるところが、注目ポイントです。
遠く離れた場所からでも夜空が白く見えるほど、圧倒的な規模の花火が見られる。日本でも指折りの花火大会となっています。

2017年振り返り

2017年も複数の場所から同時に打ち上げられる尺玉や、スターマイン8,000発のフィナーレが大好評。
特にラストの巨大スターマインは、打ち上るとまばゆい光とともに、体中に花火の音が響き渡ります。
夜空を埋め尽くす花火の明るさと轟音が、見る人を魅了しました。

教祖祭PL花火芸術でおすすめのビューポイント

教団の敷地内が最もよいビュースポットではあるのですが、一般観光客は入れません。

一般観光客が入れる場所としては、主にゴルフ場の外周(府道35号線沿い)が人気です。ただ、例年大混雑のため、早い時間にキープできないようでしたら、大阪木材工業団地協同組合周辺がおすすめです。夕方までは入れず、電線が邪魔して見づらい場所もありますが、ゆったりと過ごせます。また、明治池公園、金剛山山頂、石川河川公園、烏帽子公園も、直接の花火会場ではないため混雑していません。

教祖祭PL花火芸術とあわせて行きたい周辺スポット

石川河川公園

花火会場より1km程離れている羽曳野市にあります。河川敷で夕涼みをしたり散歩をしたりしながら花火を待ってみるのも良いですよ。大混雑も避けられますのでお子様連れにもおすすめです。

金剛山

金剛山は、奈良県御所市にあります。花火会場より10km以上離れているため、花火は小さく見えてしまうものの、ロープウェイでも登れる山頂では花火を落ち着いて見ることができますよ。

教祖祭PL花火芸術の有料席は?

有料席は設けられていません。教祖祭PL花火芸術はPL教団の初代教祖・第二代教祖の遺言をもとに続けられてきました。教祖の遺徳をたたえ、平和への祈りを捧げるための花火が打ちあがります。

そのため、一般鑑賞客は敷地内には入れず周辺で見るのですが、とても混雑するため、石川河川公園や金剛山など少し離れた場所がおすすめです。

教祖祭PL花火芸術は会場が狭いものの穴場は多い!

教祖祭PL花火芸術は会場に有料席がなく、教団の敷地内には一般客は入れないため、周辺の人気のビュースポットは大混雑します。ですので、混雑を避けたい場合は、少し離れたビュースポットがおすすめです。お気に入りのビュースポットを見つけて、ゆっくり花火鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※掲載内容は公開日時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、最新情報は公式HPでご確認ください。
(出典:PIXTA)

イベント情報

教祖祭PL花火芸術

教祖祭PL花火芸術

2018年08月01日 〜 2018年08月01日

富田林市新堂2345

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「おでかけ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事