おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.11 | 公開 2017.12.11

宮崎直送ブランド鶏を味わい尽くす。大阪・京橋の鶏料理専門店「赤鶏はるか」

大阪・京橋の「赤鶏はるか」は、宮崎の大自然で育ったブランド鶏の赤鶏を毎朝店内でさばいて提供する素材自慢の鶏料理専門店です。稀少部位のお造りから焼き物、揚げ物、煮物まで、あらゆるアプローチで鶏を味わい尽くすことができます。

扉をくぐって入店する個性派空間!

宮崎直送ブランド鶏を味わい尽くす。大阪・京橋の鶏料理専門店「赤鶏はるか」の1番目の画像

大阪・京橋の「赤鶏はるか」は、あまり見かけない雰囲気の鶏料理専門店。茶室のにじり口を連想させるような、腰ほどの高さの玄関をくぐると、コの字のカウンターを囲むように19席のカウンター席があります。奥には18席分のテーブル席も設けられています。

さっぱりとした店内の雰囲気もあって、客層は男女半々といったところ。半個室も設けられているので、適度なプライベート空間を保ちたいシーンでも利用しやすくなっています。

宮崎の大自然で育った直送赤鶏を店内でさばいています

宮崎直送ブランド鶏を味わい尽くす。大阪・京橋の鶏料理専門店「赤鶏はるか」の2番目の画像

「赤鶏はるか」は2016年にオープンしました。鶏料理を看板にしていますが、使用しているブランド鶏は一種のみで勝負をかけています。

店主が選んだのは、宮崎の大自然で育った赤鶏。直送されたものを毎朝、店内でさばきます。もちろん、すべてのメニューにこの赤鶏を使用しています。

抜群の鮮度を誇る赤鶏は、焼き物のほかに揚げ物やお造り、煮込みやサラダなどさまざまに料理されて提供されます。

稀少部位があれこれ楽しめる「お造り盛り合わせ」

宮崎直送ブランド鶏を味わい尽くす。大阪・京橋の鶏料理専門店「赤鶏はるか」の3番目の画像

素材の鮮度と多彩な稀少部位を味わいたいなら、「お造り盛り合わせ」ははずせません。8種の部位を、こだわりのタレ2種でいただきます。

歯ごたえやのど越しの違いをそれぞれに楽しめますが、中でも白肝(白レバー)はお店がおすすめする部位。甘醬油でいただくのが特においしいといいます。

焼き物のおすすめはつくね! 「キンカン」で味わいます

宮崎直送ブランド鶏を味わい尽くす。大阪・京橋の鶏料理専門店「赤鶏はるか」の4番目の画像

焼き物では、背肝(腎臓)、ふりそで(手羽元から胸肉の中間)、つなぎ(ハツとレバーのつなぎ目)など少し珍しい部位もラインアップされていますが、お店のイチオシは「肉肉しいつくね キンカン月見タレ」です。

キンカンとは成長途中の卵黄のみの卵のことで、生姜のきいたジューシーなつくねを絡めていただきます。濃厚な味わいを楽しみましょう。なかなかお目にかかれない部位ですが、このお店ではキンカン単品を焼き物でも楽しめます。

あらゆる調理法で鶏を味わいつくす

宮崎直送ブランド鶏を味わい尽くす。大阪・京橋の鶏料理専門店「赤鶏はるか」の5番目の画像

焼き鳥以外にも、チキン南蛮、蒸し鶏、手羽の甘辛煮、唐揚げ、もつ煮、とりしゃぶサラダなど、さまざまなアプローチで鶏のおいしさを味わえます。トマトのジューシーさとチーズの濃厚さが相性抜群の「ピザ風トマトチキン」(鶏のホイル焼き)や、シンプルな「丸ごと焼き塩トマト」などが人気です。

JR大阪環状線・学研都市線・東西線「京橋駅」北口より徒歩1分、京阪本線「京橋駅」より徒歩3分。17:00~18:00は比較的席に余裕のあることが多く、狙い目の時間帯です。日本全国から取り寄せた豊富な日本酒や焼酎との相性も抜群です。素材自慢の焼き鳥をお腹いっぱい堪能してみてはいかがでしょうか。

スポット情報

赤鶏はるか

赤鶏はるか

大阪府大阪市都島区東野田町3-2-9

06-6354-3210

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事