おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年12月22日更新

猫の島で猫気分。福岡「島カフェ あいのしま」でいただく朝獲れ鮮魚のフィッシュバーガー

福岡・新宮町にある離島、相島(あいのしま)。その玄関口にある「島の駅 あいのしま」には、旬の島グルメが味わえるカフェ「島カフェ あいのしま」があります。その日の朝に獲れた季節の地魚を、フィッシュバーガーや炊き込みご飯、漬け丼などで気軽にいただけます。「猫の島」としても有名な島の観光とあわせて、鮮魚を楽しんでください。。

知る人ぞ知る観光スポットを支えるカフェ

猫の島で猫気分。福岡「島カフェ あいのしま」でいただく朝獲れ鮮魚のフィッシュバーガーの1番目の画像

福岡・新宮町にある離島、相島(あいのしま)。そこには旬の海の幸が味わえるカフェ「島カフェ あいのしま」があります。

相島は小さな島ながら、近年は知る人ぞ知る話題の観光スポット。釣り愛好家の間では知られた島でしたが、近年は「猫の島」としても有名になりました。人口300人に対して約100匹の猫が棲んでおり、アメリカのニュース局CNNでも「世界6大猫スポット」として紹介されたほどで、現在は海外からも観光客が訪れるといいます。

そんな相島の玄関口にあるのが、「島の駅 あいのしま」。観光案内所と食堂、カフェを併設した、旅人にとって欠かせない便利スポットとなっています。その2階部分に入居するのが、今回ご紹介する「島カフェ あいのしま」。シンプルで清潔感ある木造風の店舗は、天井の高いダイニング空間が開放的な印象です。

季節の地魚をサックリと! 自慢のフィッシュバーガー

猫の島で猫気分。福岡「島カフェ あいのしま」でいただく朝獲れ鮮魚のフィッシュバーガーの2番目の画像

肉厚でボリューミー、魚のうまみをしっかりと味わえると好評の「旬のおさかなバーガー」は、お店イチオシのメニューです。その日に採れた旬の魚をフライにし、九州ならではのゆず胡椒をきかせたタルタルソースをあわせます。

フライは2枚入っているので、十分お腹いっぱいになれるでしょう。写真のバーガーはさわらですが、季節によってブリやヤズ(中年魚期のブリ)、あこや貝などを楽しめます。

漁師町ならではの家庭的な炊き込みご飯もオススメ

猫の島で猫気分。福岡「島カフェ あいのしま」でいただく朝獲れ鮮魚のフィッシュバーガーの3番目の画像

朝獲れの魚を用いたもうひとつの目玉メニューは「日替わりおさかなご飯」(数量限定)。現地の家庭で日常的に食べられているような、素朴で滋味深い一品です。

ほかには、「ビーフバーガー」「エビカツバーガー」「漬け茶漬けセット」「漁師飯セット(漬け丼の定食)」などが、曜日限定&数量限定で登場します。事前予約をすれば曜日以外でも用意してもらえるものもあるので、詳細はその都度確認することをオススメします。

島グルメをテイクアウト&おみやげでもどうぞ!

猫の島で猫気分。福岡「島カフェ あいのしま」でいただく朝獲れ鮮魚のフィッシュバーガーの4番目の画像

併設する物産展では粒ウニなどの海の幸や、自家製かまぼこなどの水産加工品、島にゆかりある猫のグッズなども購入できます。

また、カフェで提供している「日替わりおさかなご飯」をはじめとする一部のメニューはテイクアウトもOKなので、観光の合い間の小休止にいただくこともできます。間近に広がる紺碧の海を眺めながら味わえば、おいしさもひとしお身にしみるでしょう。

JR各線「博多駅」から鹿児島本線で「福岡工大前駅」へ。そこからコミュニティバス「マリンクス相らんど線(時計回りルート)」に乗り、約15分で新宮港へ到着します。さらに、町営渡船「しんぐう(1日5~6便)」に揺られて約17分。相島の玄関口「相島渡船待合所」で降りると、その隣が「島カフェ あいのしま」のある「島の駅 あいのしま」です。ワンデイトリップで新鮮な海の幸を堪能しませんか?

スポット情報

島カフェ あいのしま

島カフェ あいのしま

〒811-0118 福岡県糟屋郡新宮町相島1382-1

092-962-4360

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

アプリなら、ルトロンがもっと便利に快適に!

行きたいが見つかるおでかけ動画アプリ。
フォトジェニックなカフェやハウツー動画を毎日配信!