おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2018.07.24 | 公開 2018.07.24

ワイン片手に楽しめる「飴色玉葱の鶏レバーソテー」のレシピ

料理研究家・リュウジさんが監修した「飴色玉葱の鶏レバーソテー」は、栄養満点で夏バテ対策としておすすめです。料理があまり得意ではない方でも作れる「飴色玉葱の鶏レバーソテー」のレシピを詳細にご紹介。いくつかのキーポイントを押さえれば美味しくつくれるので、ぜひ試してみてくださいね。

夏になると食欲が落ちて、夏バテになってしまう方も少なくありません。なんとなく作るのも面倒でマンネリ料理が続き、ますます食欲がなくなってしまうことも。

今回は、お家で簡単に作れる「飴色玉葱の鶏レバーソテー」をご紹介します。玉ねぎとにんにく、鶏レバーだけで簡単に作れるこのレシピを知れば、美味しい食事で夏バテ知らずになれますよ。

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」で夏を乗り切ろう

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」

夏バテで食欲が落ち始める季節がやってきました、特に7月に入ると最高気温が30度を超えてしまう日も続き、食欲はどんどん落ちていきます。

夏は暑い外に出かけるより、お家でのんびりとご飯が食べたくなる時期でもあります。でも、暑いからあんまり面倒な料理は作りたくないのも事実。

にんにく・玉ねぎ・鶏レバーだけで作れる、赤ワインにもぴったりの簡単レシピ「飴色玉葱の鶏レバーソテー」をご紹介します。今夜すぐにでも作れて、夏バテ対策になる美味しい料理を作って元気に夏を過ごしましょう。

料理研究家リュウジさん監修、中山優貴-SOLIDEMOさん出演

レシピはtwitterで大人気の料理研究家、リュウジさん監修

今回ご紹介するレシピ「飴色玉葱の鶏レバーソテー」を監修したのはお家で簡単に作れる料理をコンセプトに、いろいろなやみつきバズレシピを作る料理研究家のリュウジさんです。

すぐにパッと作れるレシピは話題になり、ツイッターをはじめとしたSNSで拡散され、TVでも何度も取り上げられました。Twitterのフォロワー数が18万人を突破するほどの人気料理研究家です。

調理動画にはSOLIDEMOの中山優貴さんが出演

SOLIDEMOの中山優貴さんが動画出演

美味しい料理を作ってくれるのは、中山優貴さんです。中山優貴さんは、10頭身のジュノン・スーパーボーイ・コンテストでの受賞経験もあるJUNON BOYです。

現在、8人組の男性音楽グループ「SOLIDEMO(ソリディーモ)」のメンバーとして活躍し、俳優としても「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2 ~」F6のトド松役で出演しています。

ワインと相性抜群!「飴色玉葱の鶏レバーソテー」の作り方

1.鶏レバー200gを切り分けて、水洗いし血抜きする

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」レバーを切り分ける

まずレバーの下処理を行います。レバーを一口大に切り分けます。。白い筋の部分は取り除いてしまいましょう。

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」レバーを水洗い

2cm幅にカットしたレバーは、水のなかで揉み洗いをして血抜きをします。

レバーに含まれている血がしみだして水がだんだん濁ってくるので、水を入れ替えます。水が濁らなくなるまで血抜きを繰り返してください。血抜きをすることでレバーの臭みを取りのぞけます。

スタンダードな血抜きは、レバーを水で洗う代わりに牛乳につけます。リュウジさんは牛乳を飲まないので、水で洗う方法を考えたそうです。血抜きが終わったら、塩胡椒をふっておきましょう。

2.にんにく・玉ねぎをオリーブオイルで炒める

にんにく・玉ねぎをオリーブオイルで炒める

次は玉ねぎ・にんにく・レバーをオリーブオイルで炒めます。

玉ねぎは小さめ1つでOK。300gを超えるような大きな玉ねぎの場合は半分にカットしたものを使用してください。ただ、生の玉ねぎをフライパンで飴色になるまで炒めるのは大変です。

そこで使いたいテクがラップをしないで電子レンジでチン。チンした玉ねぎをサッと炒めればあっという間に飴色の玉ねぎになり、時短になるのでおすすめです。

飴色の玉ねぎ

オリーブオイル大さじ2とみじん切りしたにんにく2片分を中火にかけ、香りが出たら飴色玉ねぎと混ぜます。にんにくと玉ねぎを焦がさないよう混ぜあわせてください。

3.玉ねぎとにんにくを端に寄せレバーを炒める

レバーを炒める

ほどよく飴色玉ねぎができたらフライパンの端に寄せて、下処理したレバーを炒めます。レバーを炒めるときは中火で、焦げないようにするのがポイント。レバーは炒めすぎると臭いが出てしまうため、焼き加減はミディアムがベストです。

4.混ぜ合わせたら完成!

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」混ぜ合わせて完成

レバーがミディアムで仕上がったら全体を軽く混ぜ、味を調えるため最後にコンソメを小さじ1入れます。コンソメを入れるときに一緒にローリエを入れると香りが出て、本格派っぽい感じになるのでお試しあれ。

ちなみに「飴色玉葱の鶏レバーソテー」ですが、ベネツィアで郷土料理として作られる「牛のレバーソテー」をイメージして生まれた料理なのだそうです。

少ない材料で簡単に作れる「飴色玉葱の鶏レバーソテー」

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」

「飴色玉葱の鶏レバーソテー」はレシピとしては簡単なもので、スーパーで扱っている食材だけで調理できるレシピです。レシピを参照して作った方から大絶賛されています。

ヴェネツィアにいる気分でワインやパンと一緒に食べるのがおすすめ。レバーには鉄分が多く含まれており、美容や貧血などにも効果的な食材。夏は「飴色玉葱の鶏レバーソテー」で元気に過ごしてくださいね。

リュウジ
監修
リュウジ
中山優貴
出演
中山優貴

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事