おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.14 | 公開 2017.12.14

パリの街角をイメージした店内で本格フレンチ。東京「ブラッスリーオザミ 丸の内」

東京・丸の内にある「ブラッスリーオザミ 丸の内」は、絶品フレンチがいただけるお店です。1日中活気のあふれる店内で、極上の料理やワインが楽しめます。パリの街角にあるような雰囲気も好評です。平日のランチタイムは、本格フレンチがリーズナブルにいただけるため、連日にぎわっています。

パリの街角を思わせる店内は雰囲気たっぷり

パリの街角をイメージした店内で本格フレンチ。東京「ブラッスリーオザミ 丸の内」の1番目の画像

「ブラッスリーオザミ丸の内」は、東京・丸の内にあるフレンチレストランです。まるでパリの街角に迷い込んだかのようなスタイリッシュな外観にうっとり。天気の良い日はテラスも利用可能です。

オープンな入口から店内に入ると、パリのブラッスリーさながらの雰囲気が広がります。フランス現地を訪れた気分を味わえるお店です。

こだわり豚の絶品ローストはとてもジューシー

パリの街角をイメージした店内で本格フレンチ。東京「ブラッスリーオザミ 丸の内」の2番目の画像

お店イチオシのメニューは、「吉田豚の骨つきロース肉のロースト」です。吉田豚はくさみがなく、力強いうまみを特徴とします。

その吉田豚をダイナミックに骨付きのままローストして仕上げた、食べごたえのある一品です。口に運ぶとやわらかい肉質と、上品な甘みの脂に驚くでしょう。

ローストに添えられたアリゴも相性抜群。お店を訪れたら注文すべき一品です。

魚介好き必見の「海の幸の盛り合わせ」

パリの街角をイメージした店内で本格フレンチ。東京「ブラッスリーオザミ 丸の内」の3番目の画像

「海の幸の盛り合わせ」は、カキ、ホタテ、エビ、ムール貝など、新鮮な魚介類がたっぷり盛られた一品です。シンプルなだけに、素材選びにはとことんこだわっています。

何もつけずに食べても十分おいしいと評判です。自家製マヨネーズとレモンでいただくのもおすすめ。さっぱりといただけます。

魚介類と相性の良い白ワインとのマリアージュを楽しみましょう。

ぜいたく食材のフルコースで口の中が幸せになる一品

パリの街角をイメージした店内で本格フレンチ。東京「ブラッスリーオザミ 丸の内」の4番目の画像

「ズワイガニとオマール海老のコンソメジュレ」は、ぜいたく食材をたっぷりと使用した大人の前菜です。ズワイガニのほぐし身と、オマール海老のダシをギュッと凝縮したコンソメジュレ、それを支えるとうもろこしムースが絶妙。

それぞれが口の中で複雑なハーモニーを生み出し、スッととろけていきます。キャビアの塩気も良いアクセント。ワインとゆっくり味わいたい一品です。

本格フレンチが気軽に楽しめる丸の内の人気店

パリの街角をイメージした店内で本格フレンチ。東京「ブラッスリーオザミ 丸の内」の5番目の画像

オープン14周年を迎えるお店は、丸の内の人たちを中心に愛されています。ランチタイムは日替わりで本格フレンチがリーズナブルにいただけるとあって、いつも行列が絶えません。

ディナータイムも混雑することが多いですが、早い時間はゆっくりと料理を楽しめます。また、王道のフレンチだけでなく、イノシシ、鹿など国産ジビエを使用した料理もおすすめです。

スタッフに相談すれば、料理にピッタリなワインを選んでくれるので、ワイン初心者でも安心してワインをいただけます。

「ブラッスリーオザミ丸の内」は、JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」から徒歩10分ほどの場所に位置します。パリのブラッスリーにいるかのような雰囲気の中、絶品フレンチとワインを楽しんでみませんか。

スポット情報

ブラッスリーオザミ 丸の内

ブラッスリーオザミ 丸の内

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F

03-6212-1566

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事