おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.10 | 公開 2017.12.10

手土産にもおすすめ。駒沢「PATISSERIE NAOKI」のモダンなフランス菓子

東京・駒沢の住宅地にあるケーキ屋さん「PATISSERIE NAOKI(パティスリー ナオキ)」。店内には、素材にこだわって丁寧に手作りされたバラエティー豊かな商品が並びます。親子二代で地元に愛されてきた魅力をご紹介します。

シェフの生まれ育った町、駒沢から始まったお店

手土産にもおすすめ。駒沢「PATISSERIE NAOKI」のモダンなフランス菓子の1番目の画像

駒沢の住宅地にあるケーキ屋さん「PATISSERIE NAOKI(パティスリー ナオキ)」は、元々シェフのお父さんが「ハセベ洋菓子店」としてオープンさせたお店。シェフである長谷部直生さんは、フランス・オベルネ地方のパティスリーグロスにて本格的なフランス菓子、文化を学びました。

クラシックとモダンを融合させた落ち着きのある店内には、常時150種類ものスイーツに囲まれ、ケーキ、焼き菓子、チョコレートと、バリエーションも豊富。フランス菓子をベースにシェフらしい自由な発想で作られたお菓子は、地元の人に愛され親しまれています。

甘さ控えめで子供にも安心

手土産にもおすすめ。駒沢「PATISSERIE NAOKI」のモダンなフランス菓子の2番目の画像

お店人気の商品のひとつが「ゆうたんのおやつ」です。ゆうたんとはシェフのお子さんのお名前で、子どもたちが安心して食べられるプリンを、という思いが込められた子供向けの商品。

生クリームは無糖で、カラメルの苦味とカスタードの甘みのバランスがうまくとられた一品で、甘さ控えめで大人でも食べやすい商品となっています。

「ゆうたんのおやつ」ベースとして作られた「かみうのデザート」もおすすめ。生クリームとフルーツが魅力の商品で、トップに飾られるフルーツは季節によって変わるのだそう。ミルクポットの形がかわいい、フルーツの酸味と甘さが加わった、少し大人なプリンです。

手土産やギフトにもおすすめ

手土産にもおすすめ。駒沢「PATISSERIE NAOKI」のモダンなフランス菓子の3番目の画像

「PATISSERIE NAOKI」の小さくて上品なケーキは、甘いものが得意ではない人でも食べやすいサイズ。ラボが併設された深沢店では、パティシエがケーキを作る過程を覗くことも。焼き菓子やチョコレートなど、手土産に手頃なお菓子や、詰め合わせなどもあるので贈り物にもおすすめです。

東急田園都市線「駒沢大学駅」から徒歩で約20分、駒沢通りを越えて徒歩30秒、通りの左サイドがお店です。近くに立ち寄った際にはぜひ、訪ねてみてください。

スポット情報

PATISSERIE NAOKI

PATISSERIE NAOKI

〒158-0081 東京都世田谷区深沢4-35-7

03-3703-5522

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事