おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.12 | 公開 2017.12.12

やみつきになる辛旨スンドゥブと特製スイーツ。「茶母 鶴橋別館」の本格韓国料理でプチトリップ

大阪・鶴橋で本格的な韓国料理が味わえる「茶母(タモ) 鶴橋別館」。メニューには「自家製」の文字が並び、スンドゥブやピビンパなどの辛い料理からスイーツまで、幅広いラインアップとこだわりの味が自慢。おしゃれなカフェ風の店内で、本場韓国の味が楽しめる「茶母 鶴橋別館」をご紹介します。

落ち着いた雰囲気で味わう本格韓流の味

やみつきになる辛旨スンドゥブと特製スイーツ。「茶母 鶴橋別館」の本格韓国料理でプチトリップの1番目の画像

大阪・鶴橋で本格韓国料理を味わえる「茶母(タモ) 鶴橋別館」。多くの韓国料理店が集まる鶴橋エリアの中でも、カフェのようなおしゃれで落ち着いた雰囲気の店内で韓国料理を堪能できます。

白と木目の茶色が特徴的な外観で、店内にはゆっくりくつろげるソファー席や小さな子どもが一緒でも安心の座敷席もあります。グループはもちろん、おひとり様でも利用しやすい雰囲気が人気の理由のひとつです。

店名の「茶母」とは、韓国では才色兼備な女性の代名詞

やみつきになる辛旨スンドゥブと特製スイーツ。「茶母 鶴橋別館」の本格韓国料理でプチトリップの2番目の画像

店名にもなっている「茶母」とは、宮廷時代の韓国で王に仕えたお茶を振る舞う官女を意味しています。茶母はただのお茶係でではなく、王の命により女刑事となり、悪を裁くという頼もしい姿も兼ね備えていました。

韓国では、才色兼備な女性の代名詞としても使われるこの言葉。その言葉に恥じないようなお店を目指してこの店名をつけました。

旨みたっぷり! 名物豆腐定食「赤いスンドゥブセット」

やみつきになる辛旨スンドゥブと特製スイーツ。「茶母 鶴橋別館」の本格韓国料理でプチトリップの3番目の画像

お店名物、アツアツの「赤いスンドゥブセット」は、オリジナルのお豆腐を使ったメニューです。できたての豆腐は、口にいれた瞬間とろけるような食感が特徴。

辛さの中に魚介のうまみがたっぷり染み出したスープは、一度食べると忘れられない味です。一緒に出てくる五穀ごはんは、スープにつけながら食べるのがおすすめ。箸休めの小鉢もスンドゥブとの相性抜群です。

韓国で人気の味を茶母流にアレンジ! 「ホットク」

やみつきになる辛旨スンドゥブと特製スイーツ。「茶母 鶴橋別館」の本格韓国料理でプチトリップの4番目の画像

「ホットク」とは、甘くてもっちりとした食感の韓国では定番のおやつ。小さな子どもはもちろん、小腹がすいたときにぴったりの伝統の味です。

あんこをトッピングした小豆ホットクや、チョコレートのかかったティラミスホットクなど、こちらのお店では色々なアレンジで楽しめます。ママ会や女子会では、必ずと言っていいほど注文が入る人気メニューです。

本場の味と伝統雑貨に囲まれたお店

やみつきになる辛旨スンドゥブと特製スイーツ。「茶母 鶴橋別館」の本格韓国料理でプチトリップの5番目の画像

店内では、伝統的な韓国雑貨や食品、お酒を販売しています。本場から直接仕入れているので、日本ではあまり見かけない商品ばかりです。

おしゃれでかわいい雑貨は、自分用にはもちろん、ちょっとしたおみやげにもぴったりです。また、お店で人気のマッコリは、アルコール度数は低めですが、新陳代謝を活発にし、老廃物を排出させるのを手助けしてくれ、飲みやすいと女性にも人気があります。

「茶母 鶴橋別館」は、JR大阪環状線「鶴橋駅」中央改札口を出て徒歩5分ほどのところにあります。多くの韓国料理店が集まるエリアの中でも人気のお店。本場の味と韓国雑貨に囲まれて、プチトリップ気分を味わうことができます。

スポット情報

茶母 鶴橋別館

茶母 鶴橋別館

大阪府大阪市東成区東小橋3-17-4

06-6978-5445

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事