おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.18 | 公開 2017.12.18

シンプルながら奥深いあっさりスープが特徴。沼袋のラーメン店「GOMA」

東京・沼袋にあるラーメン店「GOMA(ゴマ)」は、まるで喫茶店のような親しみ溢れる店構えですが、本格的なラーメンを提供しています。特にあっさりスープが自慢の湯麺(トンミン)は、スッキリとした味わいながらコクがあり、シメの1杯にふさわしいと人気を集めています。

自宅に帰ってきたような、くつろぎと安心感に包まれて

シンプルながら奥深いあっさりスープが特徴。沼袋のラーメン店「GOMA」の1番目の画像

東京・沼袋の住宅街にひっそりとたたずむ1軒のラーメン店「GOMA(ゴマ)」は、ガラス張りの扉を開けると昔懐かしい喫茶店のような雰囲気。自宅を店舗に改装したような、温かみと安心感があふれる空間です。

店内は厨房が間近に見えるカウンター席と、テーブル席というシンプルな造り。お客さん同士の距離も近く、「ただいま」と言って入って行きたくなるような空気が流れています。

白くてかわいいあのキャラクターが名前の由来?!

シンプルながら奥深いあっさりスープが特徴。沼袋のラーメン店「GOMA」の2番目の画像

店名の由来は、キュートなルックスと愛くるしい動作がたまらないアザラシのゴマちゃん。ゴマフアザラシの赤ちゃんをモデルにしたあの人気キャラクターから、「GOMA」という店名に決めたそうです。

こんなラーメン店があってもいいなという想いでお店を立ちあげたという「GOMA」。住宅街の中にあり夜のみの営業ですが、このお店の1杯を求めてやってくるお客さんは後を絶ちません。

シンプルで飽きが来ない! シメには持ってこいの1杯

シンプルながら奥深いあっさりスープが特徴。沼袋のラーメン店「GOMA」の3番目の画像

一番人気でおすすめのメニューが「湯麺(トンミン)セット」です。どんぶりの底が見えるほど澄んだスープが特徴の素ラーメン。セットはこれにチャーシューとメンマ、青菜をトッピングしものです。

あっさりしたスープですが、決して薄いわけでなく、塩気をしっかりと感じられる味わい。鶏の旨味を活かしたシンプルなおいしさですが、最後まで飽きることなくいただけます。お酒を飲んだ後のシメ専用ラーメンとしてリピートするお客さんも大勢いるようです。

とろみのあるピリ辛スープがうまい! 体が温まる1杯

シンプルながら奥深いあっさりスープが特徴。沼袋のラーメン店「GOMA」の4番目の画像

もうひとつのおすすめが「四川風湯麺」。長ネギと豆板醤を中華鍋で炒め、スープを加えて仕上げに卵でとろみをつけています。

味の決め手に使うのは台湾味噌。豆板醤のピリ辛と卵のまろやかさが絶妙にマッチして、自家製の麺との絡みも抜群です。とろみの効いたスープのおかげで、最後まで熱々。特に寒い日にはたまらない1杯です。

麺とスープだけで勝負できる稀代のラーメン

シンプルながら奥深いあっさりスープが特徴。沼袋のラーメン店「GOMA」の5番目の画像

夜のみの営業ということで、お酒を飲んだ帰りや2軒目、3軒目としてやってくるお客さんが多いそう。またアットホームな雰囲気なので、家族連れや一人で来店しても周囲を気にすることなく食事が楽しめます。

歯ごたえのいい自家製の細麺に、甘味を感じる黄金スープ。トッピングがなくても麺とスープだけでしっかりと満足できるラーメンは、ここでしか味わえません。

「GOMA」は、西武新宿線「沼袋駅」から徒歩5分。北口を出て沼袋2丁目へ向かって歩いたところにあります。シンプルだけど、またきっと食べたくなる不思議なラーメン。ぜひお試しください。

スポット情報

GOMA

GOMA

東京都中野区沼袋1-44-10

03-3385-5005

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事