おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.17 | 公開 2017.12.17

柚子香る真っ白な蕎麦にビックリ!お初天神のお膝元で愛される老舗「瓢亭」でいただく「夕霧そば」

大阪の玄関口、梅田エリア。お初天神近くにある「瓢亭(ひょうてい)」は、創業65年になる蕎麦の老舗です。うどんの激戦区としても知らせる大阪ではめずらしい、蕎麦の専門店。独自の手法で作られる香り高い打ちたての蕎麦を求めて多くの人が来店します。

お初天神のすぐ隣で長く愛され続ける蕎麦の老舗

柚子香る真っ白な蕎麦にビックリ!お初天神のお膝元で愛される老舗「瓢亭」でいただく「夕霧そば」の1番目の画像

「北新地駅」からほど近くにある「瓢亭(ひょうてい)」は、創業65年を迎える蕎麦の老舗です。近松門左衛門作の人形浄瑠璃、曽根崎心中でもおなじみのお初天神のすぐ隣にお店はあります。

のれんをくぐると、やわらかく温かい雰囲気の店内。八間という天釣り行灯を使い、明るすぎず落ち着いた明るさにしているのも、店主のこだわりのひとつです。

1952年創業。古きよき和の香りを現代に伝えるお店

柚子香る真っ白な蕎麦にビックリ!お初天神のお膝元で愛される老舗「瓢亭」でいただく「夕霧そば」の2番目の画像

お店の始まりは1952年(昭和27年)のこと。65周年を迎えたお店は、創業当時の趣を残すお蕎麦の名店として、長く愛されています。

店名にある「瓢」とはひょうたんのこと。先々代がひょうたんを好んで収集していたことから、「瓢亭」という名が付けられました。周囲の建物が次々にビルへと姿を変える中、親子でのれんを守り続けています。

お店を訪れたなら外せない! 先代から受け継ぐ逸品

柚子香る真っ白な蕎麦にビックリ!お初天神のお膝元で愛される老舗「瓢亭」でいただく「夕霧そば」の3番目の画像

先々代から店を引き継いだ先代が考案し、お店の名物ともなっているのが「夕霧そば」(1,150円)です。今では「夕霧そば」がお店の名前だと勘違いしている人もいるほどの、看板メニューとなりました。

柚子の表皮を細かくおろし、信州産の真っ白なそば粉に混ぜ合わせた変わり蕎麦。玉子入りの出汁でいただけば、そば粉と柚子の香りが玉子のまろやかさで包まれる絶品です。

梅の爽やかな香り漂う伝統を感じさせる逸品

柚子香る真っ白な蕎麦にビックリ!お初天神のお膝元で愛される老舗「瓢亭」でいただく「夕霧そば」の4番目の画像

開店30周年を機に考案され、「夕霧そば」の姉妹品として愛されているのが「お初そば」(1,150円)です。

曽根崎心中に登場するお初の名が冠され、淡紅色に輝くうつくしいお蕎麦。そば粉に、梅肉とシソ酢を混ぜて梅切り蕎麦に仕上げます。梅の持つ爽やかな酸味と、千切りにした山芋の粘り気が絶妙にマッチする絶品。食前酒として梅酒がついてくるのも、うれしい心遣いです。

世代を経ても、たゆむことのない情熱が長年愛される秘訣

柚子香る真っ白な蕎麦にビックリ!お初天神のお膝元で愛される老舗「瓢亭」でいただく「夕霧そば」の5番目の画像

お初天神のお膝元で、長年愛されるお蕎麦の老舗。提供されるお蕎麦には、並々ならぬ情熱がつぎ込まれています。

「夕霧そば」に使われる柚子は、高知を始め全国から香りのよいものをお取り寄せ。毎年11~12月にかけて、手作業で柚子の上皮をすりおろしています。お蕎麦の打ち方にもこだわり、手もみと機械がけを合わせる独自の手法を採用。こだわり抜かれたお蕎麦の香りと歯ごたえは、他と一線を画す絶品です。

JR東西線「北新地駅」、地下鉄谷町線「東梅田駅」7番出口から歩いて5分ほどの場所にお店はあります。曽根崎心中でおなじみのお初天神すぐ隣。創業より60年以上の時を経ても愛され続ける、お蕎麦の名店です。

スポット情報

瓢亭

瓢亭

大阪府大阪市北区曽根崎2-2-7

06-6311-5041

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事