おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.18 | 公開 2017.12.18

芳ばしさとおいしさの秘訣は天然酵母にあり。イタリア仕込みの本格ベーカリー

東京・用賀の「Gian Franco(ジャン フランコ)」は、こだわり製法で作る本格的なパンが自慢のベーカリーです。ジャン・フランコ氏監修のお店は、イタリアの伝統的な天然酵母を使って焼くパンが絶品。小麦本来のおいしさを引き出したパンにはファンが多く、リピートしたくなる名店です。

洗練されたイタリアンモダンな外観

芳ばしさとおいしさの秘訣は天然酵母にあり。イタリア仕込みの本格ベーカリーの1番目の画像

東京・用賀にあるベーカリー「Gian Franco(ジャン フランコ)」は、イタリア仕込みのパンが自慢の人気店。一見おしゃれなアトリエのような外観のお店に入ると、大きな窓から明るい光が差し込み、芳ばしく焼かれるパンの香りが迎えてくれます。

センスよく陳列されたパンは、どれを買おうか目移りしてしまうほど種類が豊富。どのパンも個性豊かで、素材本来のおいしさを追求した絶品ばかりです。

イタリアで3代続く有名店監修、日本で味わう本場の味

芳ばしさとおいしさの秘訣は天然酵母にあり。イタリア仕込みの本格ベーカリーの2番目の画像

イタリア・ブラ村で3代続く老舗ベーカリーのオーナー、ジャン・フランコ氏監修のお店。1923年より受け継いできたイタリア産の伝統的な天然酵母・パネトーネ種を使い、イースト菌のみでは醸し出せないおいしいパンを焼いています。

小麦本来の旨味を引き出した本格的なパンの味には定評があり、わざわざ遠方から通うファンもいるほど。ジャン・フランコ氏直伝のパンに加え、同氏監修の元、日本の風土に合うパンも開発しているそう。

一番人気は美しい層を織りなす「ジャンクロワッサン」

芳ばしさとおいしさの秘訣は天然酵母にあり。イタリア仕込みの本格ベーカリーの3番目の画像

サクサク・もちもち食感がたまらない「ジャンクロワッサン」は、「ジャン フランコ」のオリジナルレシピで作るクロワッサンです。生地に爽やかなオレンジの皮を練り込み、卵とバターたっぷりに焼き上げた味わい豊かな人気メニュー。

この「ジャンクロワッサン」は、お客さんの声により、長持ちするロングライフも発売しています。パンのワールドカップとも言える国際大会、2012年のクープ・デュ・モンドにも出品した自慢のパンです。

全粒粉の芳ばしさがやみつきになる「パン・ド・ブラ」

芳ばしさとおいしさの秘訣は天然酵母にあり。イタリア仕込みの本格ベーカリーの4番目の画像

ジャン・フランコ氏の住むブラ村の名が付いた、ヘルシーな全粒粉パン「パン・ド・ブラ」も絶品。天然酵母・パネトーネ種を使ったオリジナルレシピで、芳ばしく焼き上げます。

噛むほどに小麦本来の旨味を感じる、やや酸味のある奥深い味わいのパンは、お肉やチーズと相性抜群。「パン・ド・ブラ」を使用して作るクロックムッシュも、お店の人気商品です。

伝統の味を堪能できる人気ベーカリー

芳ばしさとおいしさの秘訣は天然酵母にあり。イタリア仕込みの本格ベーカリーの5番目の画像

お店を監修するジャン・フランコ氏は、世界最高峰のパンを決めるクープ・デュ・モンドのイタリアチーム代表を勤めるほどの実力者。スローフード発祥の地、イタリア・ブラ村の老舗ベーカリー仕込みのパンは、食通を唸らせる洗練された味わいです。

お店を訪れる際には、朝一から昼にかけた焼き立てパンの豊富な時間帯がおすすめ。東急田園都市線「用賀駅」の北口から北東へ徒歩5分ほどの、真福寺東のバス通り沿いにお店はあります。スタイリッシュな店内で、香り高いパンを選ぶ至福のひとときをお楽しみください。

スポット情報

ジャン フランコ

ジャン フランコ

東京都世田谷区用賀4-14-21

03-6432-7317

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事