おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.19 | 公開 2017.12.19

伝統の味を守り抜いて100年。 巣鴨「喜福堂」の創業当時から変わらない優しいあんぱん

1916年(大正5年)創業の、東京・巣鴨にあるパン屋「喜福堂」。手作りにこだわり、また食べたいと思ってもらえるパンを提供し続けています。2大看板商品のあんぱんとクリームパンは、代々伝えてきた職人の技で作り続けています。やさしさで包み込んでくれるような懐かしい味わいがたまりません。

商店街の風景によくなじむ、昔ながらのパン屋さん

伝統の味を守り抜いて100年。 巣鴨「喜福堂」の創業当時から変わらない優しいあんぱんの1番目の画像

「喜福堂」は、東京・巣鴨の地で長年人々に親しまれているパン屋さん。通りに面したガラス張りの外観は、外からでも見通しがよく明るい雰囲気が漂います。

レトロなたたずまいですが、店内では若いスタッフがパンを製造・販売しており活気があります。工場直結の店舗であるため、どのパンも焼いてすぐに店頭に並びます。

14:00(土日祝日は15:00)ごろまでに来店した場合は、レジで「焼きたてが欲しい」と一声かけてみてください。少し待つ場合もありますが、焼きたてのパンが手に入ります。

初代の想いを受け継ぎ、人々に喜ばれるパンを作る

伝統の味を守り抜いて100年。 巣鴨「喜福堂」の創業当時から変わらない優しいあんぱんの2番目の画像

1916年(大正5年)に開店した、創業100年以上の老舗です。当時は「喜楽堂」と名乗っていましたが、1961年(昭和36年)に屋号を改めました。

金子の姓を受け継いだ2代目が、初代夫妻への感謝の気持ちを込め、彼らの名前から一文字ずつ取り、「喜福堂」に変更したと伝えられています。

歴史と伝統を大切に守ってきた「喜福堂」。現在では、「お客様に喜ばれてこそ会社は成長する」という経営理念を掲げ、日々美味しいパン作りに励んでいます。

甘党にはたまらない! 昔ながらの素朴なあんぱん

伝統の味を守り抜いて100年。 巣鴨「喜福堂」の創業当時から変わらない優しいあんぱんの3番目の画像

お店の人気商品は、「あんぱん(こし・つぶ)」です。和菓子店でもあまり使われない、最高級レベルといわれる北海道十勝産の貴重な小豆を使用。

和菓子職人だった2代目のレシピを代々継承し、上白糖だけでなく氷砂糖を加えることで、口どけなめらかな甘さのあんこを練り上げています。

こだわりのあんこに一番合うというパン生地は、ふわふわでもっちり。しっかりと甘みを感じるあんこがギッシリと入っているので、甘党にはたまりません。

心までとろけるような甘さでおやつにもぴったり!

伝統の味を守り抜いて100年。 巣鴨「喜福堂」の創業当時から変わらない優しいあんぱんの4番目の画像

もうひとつの人気商品である「クリームパン」。こちらのカスタードクリームも、2代目のレシピを守って作られています。牛乳は業務用ではなく、厳選した素材のみを使用。

パン生地に厚みが出るように成形し、絶妙な焼き加減で仕上げます。トロトロで甘いクリームですが、卵の風味もしっかりと感じられる美味しさ。濃厚な甘みで、おやつにも最適です。

どこか懐かしいパンは、世代や性別問わず人気

伝統の味を守り抜いて100年。 巣鴨「喜福堂」の創業当時から変わらない優しいあんぱんの5番目の画像

来店客は女性がメインですが、男性も全体の3割ほど訪れています。数年前までは50代以上のお客さんがほとんどでしたが、百貨店での販売が始まると、さまざまな世代のお客さんが足を運ぶようになったそう。

平日の10:00~12:00、16:00~19:00の時間帯が混まずに買い物できるのでおすすめ。東京23区内であれば、150個以上の注文で配送もしてくれます。

「喜福堂」へは、JR山手線・都営地下鉄三田線「巣鴨駅」から徒歩5分。巣鴨地蔵通り商店街を歩き、高岩寺とげぬき地蔵の斜め向かいにあります。都電荒川線「庚申塚駅」からでも徒歩圏内と便利な立地です。丁寧に作られた老舗のパンは、手土産や贈答用にも喜ばれること間違いなし。ぜひお立ち寄りください。

スポット情報

喜福堂

喜福堂

〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-17-16

03-3917-4938

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事