おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.17 | 公開 2017.12.17

高級レジデンスでミシュラン掲載の本格四川を楽しむ。「老虎菜 オーキッドコート店」

神戸・岡本の四川料理の名店「老虎菜(ラオフーツァイ)」が高級レジデンス「オーキッドコート」の右峯館に2号店をオープン。天井から床まで総ガラス張りの店内は、本店とはまた違ったたたずまいで、開放的な空間になっています。大人の空間で味わう老舗の本格四川料理です。

有名建築家が手掛けたレジデンスで至福のひと時を

高級レジデンスでミシュラン掲載の本格四川を楽しむ。「老虎菜 オーキッドコート店」の1番目の画像

高級住宅が軒を連ねる神戸・岡本。その中で威容を誇る高級レジデンス「オーキッドコート」の右峯館に四川料理の名店「老虎菜(ラオ フー ツァイ)オーキッドコート店」があります。

ポストモダン建築の巨匠であるチャールズ・W・ムーアが設計した右峯館の1階にある店内は、L字型のダイニング。天井から床までの総ガラス張りで開放的な空間になっており、窓からはレジデンス内の庭園や六甲山系を望めます。

老いた虎は力を隠し持つ。その真の力に触れる驚き

高級レジデンスでミシュラン掲載の本格四川を楽しむ。「老虎菜 オーキッドコート店」の2番目の画像

「老虎菜」とは香菜に緑の唐辛子を忍ばせた北京料理の名前。「年老いた虎でもやはり虎であり凶暴である」という故事にちなんでつけられた料理名です。この店では、いい意味でお客の予測を裏切る、そんな店でありたいと「老虎菜」の名を付けたと言います。

料理には味や香り、食感など、何か1つお客が驚く要素を取り入れて提供するようにしているそうです。特に調味料はさまざまな香辛料を独自にブレンドした手作りの物。ここでしか味わえない料理の数々です。

メニュー内で絶大なインパクトの「大魔王」

高級レジデンスでミシュラン掲載の本格四川を楽しむ。「老虎菜 オーキッドコート店」の3番目の画像

人気メニューの「大魔王」とは、やわらかく蒸しあげたスペアリブに衣をまぶして揚げ、さまざまなスパイスで炒めた料理。その名の通り、存在感とインパクト絶大な料理です。

中華で使われる複数のスパイスを使った「大魔王」は、辛さだけでない華やかで刺激的な味わいとスペアリブから染み出る脂が絶妙にマッチした逸品。高温の油で揚げているので表面はカリッと揚がっており、中のやわらかでジューシーなお肉を守っているかのようです。

四川の定番よだれ鶏。「老虎菜」にかかると定番を超える

高級レジデンスでミシュラン掲載の本格四川を楽しむ。「老虎菜 オーキッドコート店」の4番目の画像

「思い浮かべただけでよだれが出てしまう」ことから名付けられた「口水鳥(よだれ鶏)」も、もちろんこの店人気の一品です。時間をかけてしっとりとさせた鶏もも肉に甘辛の特製ソースをからめます。

唐辛子や山椒を独自にブレンドし、煙が出るまで熱した油を一気に注ぎ入れて作る自家製のラー油は、辛さの中にコクがあり奥深い風味。鶏肉の甘い脂や味噌の味を引き立てています。

上にのせられたパクチーが爽やかな風味を添え、さすがミシュラン掲載店だとうなる味わいです。

デザートも絶品! お腹に余裕を残しておきたい

高級レジデンスでミシュラン掲載の本格四川を楽しむ。「老虎菜 オーキッドコート店」の5番目の画像

「老虎菜」ではデザートにもこだわりがあります。パティシエが作る中華風のデザートは、見た目にもこだわった芸術的な品々。

ジャスミンティーで作るクレームブリュレや、チャイクリームのミルフィーユのように西洋菓子に中華のテイストを合わせたもの、アマレット風の杏仁豆腐など大人こそ楽しめるデザートの数々に迷うこと必至です。

季節限定のデザートメニューもあるので、訪問するたび選ぶ楽しみが広がります。

「老虎菜 オーキッドコート店」は、JR神戸線「住吉駅」の北口から東へ徒歩8分。住吉川を渡った正面にある建物の南側へまわり、線路沿いの入り口から入ることができます。光が差し込む贅沢な空間で味わう本格四川料理を楽しんでみてください。

スポット情報

老虎菜 オーキッドコート店

老虎菜 オーキッドコート店

兵庫県神戸市東灘区西岡本2-7-3 オーキッドコート右峯館 1F

078-451-0215

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事